国際交流課

広島国際学院高等学校 ホーム / 国際交流課より / 留学生リンさんと涙のお別れ

2022年03月15日 留学生リンさんと涙のお別れ

 アジアの架け橋プログラムで本校に来ていたカンボジアからの留学生イア・チェンリンさんが帰国しました。コロナ禍で、学校行事や授業が中止になることもありましたが、本人は、せっかく日本に来ることができたのだから、できるかぎり色々な事を見たり、経験したいということで頑張りました。留学期間中は、1日1日を大切に過ごし、たくさんの友達にも恵まれました。


校長先生から修了書をもらったリンさん

 最後は、多くの友達が見送りに来てくれ、お互いに抱き合って、涙のお別れとなりました。また日本に来る日まで、しばらくはお別れですが、再会できる日を楽しみに、連絡を取り合うことを約束していました。

 思えば、色々な国から留学生が本校にやって来ました。最後がどのようなお別れになるかで、留学生がどんな学校生活を送ったのかがわかります。また日本に来ます、日本語の勉強を続けます、国際学院は温かく、楽しかったです、数々の言葉を残してくれた留学生達。これからもこのような交流が続くことを願うばかりです。

ページの先頭へ戻る