H.K.G Press

2022年08月27日 保護者対象入試説明会を開催しました。

8月27日、本校ホールにて、高校入試の広報イベント第一弾となる「保護者対象入試説明会」を開催しました。

例年以上に、多くの保護者の皆様に参加していただき、2部開催でおよそ400名の方々にご来校いただきました。

本校入学試験まで5か月ほどとなり、本格的な受験校、受験勉強を進めていく時期となってまいりました。

受験生である中学生は勿論のこと、保護者の皆様にとっても大きな人生の選択である高校入試。少しでも有益な情報を提供出来ていれば幸いです。

なお、今年度より公立高校入試が大きく変化します。私立学校のあり方も転換点となる時代となりました。

皆さんに、自身と感動を与えられる「日本一楽しい学校」を目指し、本校もアピールしてまいりたいと思います。

次回の入試イベントは「オープンスクール」となります。是非、多くの皆様にご参加いただきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

2022年08月26日 【小学生の保護者の方へ】保護者対象学校見学会&中学受験サロンを開催します。

2学期が始まり、暑い中ではありますが、本格的に受験勉強が進んでいく時期に入ってまいりました。
より具体的に、受験について考えなければならないこの時期、7月に引き続き、「保護者対象学校見学会」と「中学受験サロン」を開催いたします。
「保護者対象学校見学会」は、本中学校の授業見学を主な目的とした見学会です。本校の教育方針をくまなく説明します。10時~13時と長丁場のため途中、学食体験も準備しております。対象は小学4~6年生の保護者の方。9月1日~12月1日の間に11回実施予定です。なお各回定員10組(先着)です。
「中学受験サロン」は「中学受験について詳しく知りたい方」を対象としており、本校の説明ではなく広島の中学受験について説明をさせていただく説明会です。「中学受験について興味はあるんだけど誰に聞いたら良いか分からない。」という方はぜひご参加ください。令和5年度入試の最新情報含め、広島の中学受験事情について説明させていただきます。時間は10時~11時30分。対象は小学生の保護者の方で、9月9・10月14・11月25日の3回を予定しております。定員はありません。
申込みは下記チラシをクリックし、申込フォームから予約のほどお願い致します。

ページの先頭へ戻る

2022年08月26日 総合探求 1年生中高一貫・難関・特進・選抜コース対象 卒業生体験発表を行いました!

本日、1年生の一貫・難関・特進・選抜進学コースを対象として、本校の卒業生による体験発表を行いました。

先輩方の充実した大学生活や、高校生時代に苦労した体験談・頑張ってよかったことなどを、パワーポイントや動画を使って発表してくれました。

「高校で頑張ったからこそ、大学生活が充実している!」「大学生は、自分次第で何でもできる!」と、努力をされてきたからこそのお話をたくさん聞くことができました。

生徒たちも、メモをとり、耳を傾けながら、自分のものにしようと話を聞いていました。

今回話をしてくれた先輩方も、在学中には過去の先輩の体験談をもとに一生懸命勉強して大学合格を勝ち取った先輩方です。

今回の話を糧にしながら、自分の進む道を決めていけるといいですね。

お忙しい中、足を運んでくださった先輩方、ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

2022年08月10日 [連絡:各塾の先生方へ]~塾対象入試説明会の開催日時の追加について

謹啓 残暑の候、貴塾におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、本校教育に対して多大のご協力、ご高配を賜り深く感謝いたしております。

さて、先日塾対象入学試験説明会を9月16日に開催するご案内をさせていただきましたが、ご好評につき2回目を実施させていただく運びとなりました。

つきましては、ご多忙のところ誠に恐縮でございますが、ぜひともご出席いただきますようご案内申し上げます。なお、2回目も本校で開催させていただき、通塾されている生徒の皆様の様子をご覧いただきたく存じます。

参加される方は、9月15日(木)までに本校Webサイトにある申込受付フォームへお申し込みいただきますようよろしくお願いいたします。

 

[申込受付フォームはこちら]

広島国際学院中学校・高等学校 申込受付 (ckip.jp)

[案内文はこちらPDFにてご覧いただけます]

(第1回目塾対象説明会案内文)

第1回塾対象説明会案内状(2022)

(第2回目塾対象説明会案内文)

第2回目塾対象説明会案内状(2022)

ページの先頭へ戻る

2022年08月09日 難関コース1年生~2年生対象 『野呂山勉強合宿』2日目の様子をお伝えします!

勉強合宿2日目の様子をお伝えします。

本日は朝6時30分の早朝学習から始まりました。

早朝学習は任意参加ですが、約半数の生徒が朝食まで1時間ほど勉強をしていました。運動部に所属している生徒は朝練もしていました。

7時30分から全員揃っての朝食です。しっかり食べて、今日1日(約10時間)の学習を頑張ります。

本日8月9日は、長崎原爆の日です。築山先生からお話をしていただき、平和への祈りを込めて11時2分に黙祷を行いました。

今こうして、恵まれた環境で勉強が出来ていることへの感謝の気持ちを忘れずにいてほしいと思います。

昼食前には、校長先生が激励に来てくださいました。昨日も教頭先生をはじめ多くの先生が応援に来てくださっており、生徒達も非常に喜んでいます。

午後からも睡魔に負けず、がんばります。

ページの先頭へ戻る

2022年08月08日 難関コース1年生~2年生対象 『野呂山勉強合宿』を行っています!

難関コース1・2年生は、本日より2泊3日で野呂高原ロッジにて「夏季勉強合宿」を行っています。

1年生は、4月に新入生合宿を行いましたが、それから4か月経ち、高校生活にも慣れてきました。再び野呂山で高校生としての勉強の仕方、大学受験に向かっての勉強の仕方を、2年生の姿を見ながら考える合宿としてほしいと思います。

2年生は、1年後の夏には受験のための長時間学習が求められます。自らの課題を見つけ、長時間の学習に耐えうる力をこの合宿でつけてほしいと思います。

野呂山の涼しい環境では、快適に集中して学習に取り組むことができます。

決められた時間内にそれぞれがどのように勉強を進めていくか、学習計画を立て、試行錯誤しながら考えていくこともこれからの受験勉強に大きな効果をもたらしてくれます。

わからないことや確認したいことがあれば引率の先生に聞くこともできます。普段なかなか質問に行く時間がない人も、合宿では十分時間をとって解決していくことができます。

勉強を頑張るためには食事、そしてリフレッシュも必要です。美味しいご飯をたくさん食べ、自由時間には外へ出て合宿地内を散策するなどしても良いかもしれません。

この合宿でしっかりと復習をして、2学期に良いスタートが切れるといいですね。

ページの先頭へ戻る

2022年08月03日 特進コース2年生対象(希望者のみ)夏季勉強合宿が始まりました!

特進コース2年生(希望者のみ)は、本日より2泊3日で野呂高原ロッジにて「夏季勉強合宿」を行っております。

一昨年からのコロナ禍で3年間実施ができなかった夏の勉強合宿ですが、今年度は感染予防をしながら開催することができました。

この合宿は休暇中の学習習慣の定着、そして避暑地にて仲間同士で学力を高め合うことを目的としています。

毎日のように猛暑日が続いておりますが、標高839メートルの野呂山では涼しい環境で快適に学習に取り組むことができています。

合宿は基本的に事前に立てた計画を元にした自学自習としています。決められた時間内にそれぞれがどのように勉強を進めていくか、試行錯誤しながら考えていくこともこれからの受験勉強に大きな効果をもたらしてくれます。

もちろん、わからないことや確認したいことがあれば引率の先生に聞くことができます。普段確認できないこともこの合宿では十分時間をとって解決していくことができます。

勉強を快適に進めるためには、食事、そしてリフレッシュも必要です。美味しいご飯をたくさん食べ、自由時間には外へ出て合宿地内を散策するなどしても良いかもしれません。

もうすぐ夏休みも折り返しを迎えます。合宿での効果が2学期から出るといいですね。

ページの先頭へ戻る

2022年08月01日 本校手話部が「広島県手話サークル連絡協議会広島ブロック主催~第25回原爆慰霊碑めぐり」に参加しました。

本校手話部は、7月30日に広島県手話サークル連絡協議会が主催する「第25回原爆慰霊碑めぐり」に参加しました。

今回の活動では、他団体の手話サークルの方と一緒に、市内各所にある慰霊碑を巡り、手話を通した学習や、伝承活動を行いました。
本校生徒は、「原爆犠牲ヒロシマの碑」に関する説明と、本校生徒が取り組んできた「原爆瓦」に関する活動を手話で披露しました。

以下、発表文の抜粋です。

「『原爆犠牲ヒロシマの碑』には、元安川の川底に埋まっていた瓦(原爆瓦)がはめ込まれています。この瓦は、原子爆弾から放たれた熱線により、歪に変形しています。被爆者が高齢化し、当時の惨状を伝えることが困難な今日、原爆瓦は「無言の証言者」として注目されています。

実は、この無言の証言者を後世に伝えるため、本校の前身である広島電気大学付属高校学校の社研部生徒が中心となって、県内の平和活動を行う生徒達とともに、原爆瓦を掘り出す作業を長年続けてきました。

そのような中、1981年、広島市は元安川の美化工事を始める方針を表明します。瓦の発掘を続けていた高校生達は、永遠に語り継がれる形に残し、平和への決意を固めるため、碑の建設を呼びかけました。

そして1982年8月5日、「原爆犠牲ヒロシマの碑」が完成しました。

碑文は瓦のはめ込みに加え、被爆二世の方が描かれた原案を基に作成され、ブロンズ像が昇天する犠牲者の魂を表現しています。・・・(以下略)」

以上の内容を手話部の生徒12名が紹介しました。一言で語り尽くせない重みのある内容でしたが、丁寧にかつ情感込めて生徒達は語り続けてくれた姿が印象的でした。観覧した皆さんからは、多くの賛辞をいただくことができました。

手話部は、平和学習以外でも、一言では語り尽くせない、多くの人の感情に沁みる活動を今後も続けていこうと思っております。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集