H.K.G Press

2020年12月15日 学内献血を実施しました

本日、本校では恒例となっております学内献血を実施しました。

コロナ禍の中、なかなか献血を実施する機会が整わない社会情勢となっています。だからといって、輸血を必要とする人たちの数が減少するわけではありません。多くの医療機関が現状に危機感を感じている所ではないでしょうか。

本校においても、感染症対策の関係上、従来通りの実施という形は難しくなっております。ですが、少しでも社会の役に立つことを考え、小規模ではありますが、献血活動に貢献させていただきました。

今年も残りわずかとなりましたが、これまでとは異なる慌ただしさと不安を拭いきれない毎日が続きました。来年は、皆さんが安心、安全に過ごせる毎日が訪れることを切に願っております。

ページの先頭へ戻る

2020年12月14日 第4回ひまわりの会~おしゃれなクリスマスリース&正月飾りを作ろうを開催しました(12月12日)

12月12日、本校被服室にて「第4回ひまわりの会」を開催しました。
今回はクリスマスリースならびにお正月飾りを選んでもらい、作製していただきました。
広島県内の新型コロナ感染者が急に増え、開催していいものか悩みましたが、キャンセルされる方もおられず、皆さん徹底した感染症対策(体温測定、部屋の換気、除菌、そしてソーシャルディスタンス)の下で活動していただきました。


リースや正月飾りになる材料は、沢山必要になりますが、役員の方が役割分担を行い、1年かけて知り合いの方に頼んで分けてもらったり、お家で花を育てて乾燥させた物など材料探しに奔走したりしました。

さて…完成した作品ですが、同じ物は一つもなく、皆さんの個性が出て、素敵な作品ばかりでした。
また一つでは物足りなくて、クリスマスリースとお正月飾り、両方作られる方、さらには最高4個作られた方がおられました。お母さんや姉妹にあげるんだと、楽しそうに作られている様子が印象的でした。

昨年も同様の会を開きましたが、参加者の方に聞いてみますと、今回のことを心待ちにされていたとのお声をいただきました。参加された皆さんが楽しくできる機会ができてよかったです。

今は保護者同士で集まるのも難しい時期ですが、小規模でも皆さんのご協力のお陰でひまわりの会を開催することができ感謝しております。

次回ひまわりの会は、2月13日にアロマのハンドクリームを作成予定です。新型コロナ感染症の状況にもよりますが、開催されることを切に願っております。
感染された方が早く回復され、安心して生活できる日々に戻りますように。

文責:ひまわりの会  金森美鈴

ページの先頭へ戻る

2020年12月04日 中国新聞社主催「第20回みんなの新聞コンクール」で多数表彰されました。

11月15日、中国新聞社主催の「第20回みんなの新聞コンクール」における入賞者の発表があり、本校中学生ならびに高校生が複数授賞しました。

今月、入賞者への賞状および副賞が届き、該当へ贈呈しました。

また今回のコンクールで本校高等学校2年生、寺川実那さんが新聞感想文の部で、中国新聞社連合会賞を授賞しました。この賞は最優秀賞に次ぐ受賞者に贈られる特別賞の1つ(全部で4編)で、この部門の応募者1600編以上の中から、見事に選ばれました。

寺川さんの授賞作品はこちら

https://www.chugoku-np.co.jp/learning/minnano_shimbun/20th/report/index.html

寺川さんは高校入学以前から積極的に本コンクールに参加し、毎回入賞を勝ち取っています。新聞感想文以外でも新聞切り抜き部門で入選を取っております。

次回も頑張ってほしいと思います。

なお寺川さん以外の受賞者一覧は次の通りです。

○ジュニア新聞の部~佳作

中学校1年1組

鷲見一葉さん、蔵時稟さん、小池友菜さん、岡野泉紀子さん、摩郡秀哉君

○新聞切り抜きの部~入選

普通科1年12組

石部凌久君、篠原海人君、西村凌君、久保凜さん、中島実優さん、松藤遥香さん

~入選

普通科2年2組 寺川実那さん

○新聞感想文の部

~入選

総合学科2年1組 中村光希さん 総合学科2年2組 矢部 菫さん

~佳作

総合学科2年1組 浅野誓宏君  総合学科2年3組 吉川 郁君

ページの先頭へ戻る

2020年12月03日 教員募集情報

募集教科:国語、数学、英語、理科、社会

募集人数:各教科若干名
・   (専任教諭または嘱託講師または非常勤講師)

応募資格:・本校の建学の精神に賛同する者
・    ・中学校教諭、高等学校教諭免許状取得(見込)者
    ・中学高校の双方または高校を担当できる者
    ・令和3年4月1日から着任できる者

応募方法:以下の書類を広島国際学院まで提出してください。
    ①履歴書
    ②教員免許状(写し)もしくは取得見込証明書

採用試験:面接および筆記試験

提出先及び問い合わせ先
〒736-0003
広島県安芸郡海田町曽田1番5号
  広島国際学院中学校・高等学校
TEL082-823-3401 FAX082-822-7197
      教頭 長延公平

ページの先頭へ戻る

2020年12月02日 中国新聞12月2日付「新聞で磨く小論文」のコーナーに本校生徒の小論文が掲載されました

本日中国新聞の教育欄「新聞で磨く小論文」のコーナーで本校2年生栗栖葵さんの小論文が模範解答の一作品に選ばれました。

核兵器廃絶に向けてどのような取り組みをなすべきか、各国を巻き込んだ平和学習を提案しつつ、核なき社会の実践を綴っております。

掲載文は以下のページからも閲覧できます。

https://www.chugoku-np.co.jp/learning/article/?category_id=1253&page=1

 

なお、先月、今月ともに中国新聞デジタルにも本校生徒の文章が掲載されています。是非ご覧下さい。

(先月11月掲載文)

3年生織田さん、谷本君の文章

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=695501&comment_sub_id=0&category_id=1253&gamen_id_sub=2&gamen_id_sub=2&gamen_id_sub=2&gamen_id_sub=2&gamen_id_sub=2&gamen_id_sub=2&gamen_id_sub=2&gamen_id_sub=2&gamen_id_sub=2

(今月12月掲載文)

2年生絹笠さんの文章

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=704387&comment_sub_id=0&category_id=1253&gamen_id_sub=2&gamen_id_sub=2&gamen_id_sub=2

 

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集