H.K.G Press

2019年10月18日 修学旅行最終日(海外組、ベトナム、台湾コース)

海外組最後の修学旅行レポートです。

ベトナムコースは、朝食後、すぐに帰国の途につきました。6時間のフライトが待っていたためです。
あっという間の4泊5日でしたが、生徒達も教職員も「もっとベトナムにいたい!」とベトナムとの別れを惜しむ声があがりました。

image0

IMG_1170

IMG_1172

一行はホーチミン空港から搭乗しました。記念に1枚!
そして今回の5日間、ずっとガイドを務めてくださった現地ガイドのタオさんともお別れしました。ありがとうございました!

image2

さて、先ほども書いた通り、合計6時間のフライトを経て広島に到着しました。
ベトナムでは毎日30度を超える暑さでしたが、広島到着時の気温はなんと13度。
寒暖差で体がやられないようにしなければなりません!

IMG_1187

さていよいよ解散式です。
急成長を遂げるベトナムで生徒達は多くの刺激を受けたと思います。熱気と活力を肌で感じた皆さんは日本とは違う新しい視点と違った世界を経験しました。ベトナムコースの皆さんは、ベトナムの人たちに負けないように日々自分を高めようと努力しましょう!
まずは皆さんお疲れ様でした!

IMG_1189

次に台湾コースです。

台湾コースの最終日は忠烈祠と故宮博物院へ行きました。

image3

忠烈祠は、中華民国総統だった蒋介石を祀る場所です。ここで一行は、観光スポットとなっている。衛兵交代を見ました。一糸乱れずに行進する様子を見て生徒達は驚いた様子でした。

image1

続いて故宮博物院を訪問。この博物館は世界四大博物館の1つです。中国にも「故宮博物館」がありますが、その博物館を大いに凌ぐ中国の歴史的な作品や文化物を観ることができます。ガイドさんの説明を聞きながら彫り物や陶器、青銅器を見て回りました。多くの展示があるため全てを見て回ることはできませんでしたが、中国の芸術文化に触れるとともに、この中国から様々な文物を学んだからこそ、現在の日本があることも実感できました。

image4

image5

最後に民芸品店や空港でお土産を買い、元気に広島空港へ帰ってきました。

image6

image7

出発前は天候に悩まされることが多くありましたが、旅行中は問題なくすべての行程を終えることができました。海外の文化を通して、今後の学びの糧にしてもらいたいと思います。

以上海外組レポートでした。お付き合いいただきありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

2019年10月18日 修学旅行4日目(国内組、沖縄、北海道コース)

国内組修学旅行は本格的な活動は残すところ1日となりました。

沖縄組は、なんと朝から大雨注意報が出ており、また予定変更になるか!という状況でした。

DSCPDC_0001_BURST20191017080042956

ですが、沖縄組の高校生たちには神様がついてくださっていたようです。マリンスポーツが始まる頃には雨が上がり、よい天候となりました!

DSC_1126

DSC_1112

DSCPDC_0001_BURST20191017111112448_COVER

ムーンビーチで開催されたマリンスポーツは、シュノーケル、ジェットスキーをしました。待機中の生徒達は、待ち時間、遊泳、砂浜遊びをして沖縄の海の感触を味わっていたようです。
DSC_1123
DSC_1130
さて、マリンスポーツの必需品といえば、ウエットスーツです。
初めて着た生徒達は始まる前から気分は上々!やはり初体験は何でもワクワク感がありますね。
1571308804034
DSC_1124
砂浜遊びでの出来事。ビーチボールをしていた生徒に外国の方が声をかけ、一緒にビーチボールをしました。ほっこりするワンシーンですね。
昨日と違うマリンスポーツとなりましたが、大変有意義なひと時だったそうです。
その一方で、昨日と同じだったことは、お昼ご飯で出たカレーをみんなお代わりしていたということ。遊びも食事も全力投球でした!
さて、マリンスポーツを終えた一行は、観光地、琉球村へ向かいました。
かつての琉球王国の町並みが再現されたテーマパークで、中世から近代以前にかけての琉球を勉強しました。
会場内は機織りやスタッフの方が民族衣装を着られていたので、昔の様子が見事に再現されていました。
DSC_1138
DSC_1135
DSC_1143

琉球村のあとは、道の駅かでなに移動。「かでな」といえば、嘉手納飛行場のある地です。嘉手納では興味のある生徒が熱心に資料館をみたり、戦闘機などが飛ぶのを遠くから眺めていました。

DSCPDC_0003_BURST20191017153013338_COVER

DSC_1149

DSC_1147

DSC_1148

飛行場とともに生きる沖縄の人たちの暮らしを生徒達はどのように目に焼き付けたでしょうか。同じ日本といえども様々な顔があることを痛感したひと時だったと思います。

夕食は、ステーキハウスでいただきました。若者の食欲には底はありません!みんなパフォーマンスを観ながら、良く食べ、良く食べ…の繰り返しでした。

DSC_1158

いよいよ明日は帰広します。少しだけ日焼けした顔で広島に戻ってきます!

続いて北海道の4日目です。

本日は朝食後、札幌のホテルを出発し、小樽での夕食まで自主研修をしました。
各自様々な場所を訪れたようです。
北海道を代表する大都市札幌と近代開拓を支えた商業都市小樽。趣の違う2つの都市を見学した生徒達は、広島と異なる活気と、街の特殊性を勉強したのではないかと思います。
image1
IMG_1278
そして、北海道のグルメも沢山堪能したようです。写真を見るだけで、お腹がすいてくるものばかりですね。おそらく、生徒達は家族、仲間たちにたくさんお土産話と食べ物を持ち帰ってくれることでしょう。
IMG_0356
そして、夕食はお寿司やスープカレーを中心としたバイキング形式の食事を摂ったようです。見るからに美味しそうですね…
IMG_1337
13
1

食事後、見るからに美しいといえる、北海道の夜景を鑑賞しに行きました。藻岩山にて札幌の夜景をパチリ。ちょっと…ではなく、かなり寒い現地でしたが、みんな広島では見れない絶景に感動していました。
image3
IMG_0358
IMG_1342
北海道修学旅行も明日が最終日。最後まで楽しんでいこうと思います。

 

 

ページの先頭へ戻る

2019年10月18日 修学旅行4日目(海外組、ベトナムコース、台湾コース)

海外組の4日目です。

 

ベトナムコースは、ベトナム南部のミトーにてメコンデルタクルーズに参加しました。東南アジア最大の河川でベトナムの穀倉地帯を支えるメコン川を遊覧しました!なかなか貴重な体験ですね。

IMG_0814

IMG_0813

メコンデルタにある観光地ではニシキヘビと戯れました。全員が蛇を体に巻き付け蛇使い体験です。全然平気な生徒から大絶叫の生徒まで…全員達成の記念に1枚!みんながんばりました!

IMG_0614

IMG_0625

IMG_0626

IMG_0674

蛇使い体験の後はフルーツとベトナムティーで休憩です。ベトナム民謡の演奏もありエキゾチックなアジアを体験です。同じアジア文化圏ですが、この度を通して多くの新鮮な経験をしていると思います。

IMG_0760

IMG_0761

IMG_0905

さて一行は、メコンデルタ内の水路を手漕ぎボートで遊覧しました。

そしてお腹が空いてきた頃、熱帯植物のトンネルをくぐり抜けていよいよ、南部の代表料理ミトー料理体験しました!ミト―料理では、現地の魚を揚げたものや大きな球状になった揚げ餅が振舞われました。

IMG_0894

ミトー料理の代表格であるエレファントイヤーフィッシュをいただきました!あっさりとした味付けと香りの強い魚醤が食欲をそそります!

次に一行は、ホーチミン市内の中華街 チャロン地区でシクロ体験です!いわゆるバイクに座席のついたタクシーですが、ベトナムの発達とともに姿を消しつつある伝統的なシクロに乗って観光です!バイクの波を間近で感じ大迫力でした!

IMG_0949

IMG_0953

IMG_0965

IMG_0988

シクロの後はベトナムのイオンモールにいき、ベトナムと日本の違いを発見する現地学習です!
ベトナムでもお寿司が販売されてましたが、販売方法が全く違いびっくりです!

IMG_1096

IMG_1113

最後に夕食はベトナム海鮮料理を堪能です!食事の最中にはベトナム民族楽器の演奏がありました。
曲目はなんと…千昌夫の『北国の春』
南国で異国の楽器で聴く北国の春は独特で良い体験でした!

ただし生徒は北国の春を知りませんでした。

ベトナムでなければ決して体験できないことがたくさん学べた1日でした。

 

続いて台湾コースです。

今日は朝から班ごとに自由行動を行いました。

ベトナムコース同様に、1グループに1人現地の大学生が付き、生徒の行きたい場所を案内してくれました。どの大学生の皆さんも優しく、日本語で接して下さるので、充実したひと時だったと思います。

image2

生徒達は日本でいう原宿のような場所である西門で買い物をや食事をしたり、パワースポットである龍山寺に行ったりと楽しみました。

image1

image5

 

その後、免税店へお土産などを購入。その後、夕食であるしゃぶしゃぶを食べて夜市へ向かいました。

image3

image4

image6

台湾の夜市は観光スポットに必ず入る人気コースです。夜の景色がとても見ごたえのある台湾ですが、生徒の皆さんは満足できたでしょうか?

 

ページの先頭へ戻る

2019年10月17日 修学旅行3日目(国内組、沖縄、北海道コース)

IMG_0318

IMG_1234

IMG_1236

修学旅行も後半戦となりました。

沖縄の3日目も風はやや強く吹きましたが、快晴に恵まれ、午前中は念願のマリンアクティビティができたそうです。
DSC_1062
DSC_1061
マリンアクティビティの内容は、ドラゴンボートとグラスボートです。
水上バイクでけん引してもらいながら、沖縄の海を楽しむというもの。多くの生徒が初めての経験ということもあり、大変興奮していました。
DSC_1065
DSC_1067
1571213471692
DSC_1084
DSCPDC_0000_BURST20191016103717003
グラスボートの体験では沖縄特有の魚たちがたくさん見れたそうです。
昼食は焼肉を中心としたバーベキュー。一生懸命体験した生徒はその分、一生懸命食べていました!
DSC_1087
午後は沖縄の文化体験をするため、「むら咲むら」という場所に一行は向かいました。
文化体験はシーサー塗り、サーターアンダギー作り、キャンドル作り、時計作り、黒糖作りの5種類のうち1つを選んで行ったそうです。
1571211970120
1571211994975
DSCPDC_0001_BURST20191016153141671_COVER
黒糖作りは、収穫したサトウキビを専用の機械で搾り、それを鍋でゆでて作っていきます。単に鍋を大きなへらで拡散しているようにみえますが…大変重労働です。
DSC_1093
DSC_1095
しばらくすると、鍋の液体が固形になっていきます。お味は~「とってもあまぁ~い!」だそうです。
午後は文化体験だったので、体験尽くしで生徒も「今日はあっという間に時間が過ぎた」と言っていました。
明日も残された体験学習を一生懸命取り組んでいくそうです!
北海道コースの3日目をお送りします。
本日は午前中にグループごとに農業体験をしました。
image1
やはり北海道の人達の生活を身をもってしることも大切な学びです。
生徒達はそれぞれ、農作業の手伝い、そしてこれから大変重要となる燃料(薪)の確保⇒準備を体験しました。
最初は元気よく出来ているものの、やはり継続して行うとなるとなかなか大変なようでした。生活するということは本当に大変なのですね…
image3
image4
IMG_1191
IMG_1180
IMG_1197
また農業体験では農場に滞在していた外国人のバックパッカーの方と交流をした生徒もおり、大変充実していたそうです。北海道でも国際交流ができるのですね。
しっかり体を動かしたあとは旭川ラーメン村にて昼食を取りました。
IMG_1202
見るからに美味しそうなラーメンですね…様々な北海道のラーメンを体験できるとのこと。生徒達は思い思いのラーメンをすすっていました。
その後は旭山動物園を散策。日本最北端の動物園は、規模は大きくないものの、動物との触れ合いがとても充実しており、生徒達は満足のいくひと時だったようです。
IMG_1209
IMG_1219
IMG_1223
IMG_1224
最後の写真はサッポロビール園にてジンギスカンを食べました。ジンギスカンは羊肉ですが、カロリーが低いため、たくさん食べても健康によいとのこと。食べ放題でもありましたが、生徒達はよく食べていました!

ページの先頭へ戻る

2019年10月17日 修学旅行3日目(海外組、台湾、ベトナムコース)

修学旅行海外組の3日目をお送りします。

台湾コース本日のメインは台北市内高級中学(日本でいう高校)と学校交流でした。

image1

最近の定番となってきた本校の国際交流事業。この日のために、本校生徒は練習した中国語のスピーチと空手の演武を披露し、現地の高校生に楽しんでもらいました。

一方、現地の高校生からはダンスやバンドの演奏で歓迎してもらいました。

異国の地とはいえ、同じ年齢、同じように夢をもった高校生たちです。言葉は違っても気持ちはしっかりと通じていたようでした。

image2

続いて一行は、日本でも大変有名な「十份」を訪れました。『千と千尋の神隠し』の舞台となった観光地です。狭い地にひしめき合う形で色とりどりの建物が並びます。街を歩くと、映画さながらの不思議な空間が漂っていました。

image6

image7

この十份で有名なことといえば、赤色のランタンを飛ばす体験ができます。願い事を書いて、空に飛ばすと成就する…そんないわれがある行事です。

image4

さて、生徒達はどんなことを書いたのでしょうか?写真を見るといろいろな思いを書いていますね。

image5

実は突如ゲリラ豪雨があったため、飛ばすことができないか…と思われましたが、何とか生徒達の願いが書かれたランタンは空高く飛ばすことが出来ました。これからの高校生活、そしてこれからの人生、願い事が叶いますように…

 

ベトナムコース3日目は、ベトナム戦争時に使われた地下トンネルのあるクチで平和学習を行いました。
移動時には活気あふれるベトナムの街並みとバイクの波を車窓から眺めました。

IMG_0202

高校生たちがまだ生まれていない頃…すなわち戦後の焼け野原から立ち上がって高度経済成長をけん引した…その頃の日本と同じ活気がこの国にあるといえます。

現地に到着した一行は、クチトンネルの事前学習で簡単な紹介映像を見ました。概要をしっかり把握してトンネルに臨みます。地下トンネルといっても、その中の大きさはとても狭い…アメリカ軍からの攻撃から身を守るため、地下には無数のトンネルが掘られていますが…本当に、当時の人達の苦労がにじみ出た構造でした。

IMG_0219

IMG_0263

IMG_0174

実はこの坑道内には、司令室、医務室、それぞれの居住スペースも作られていました。すごいとしか言いようが有りません。

また、ベトコン(アメリカ軍がベトナムの民兵たちを称した言葉です)が作成した落とし穴の復元で壮絶なゲリラ戦の内容に触れました。破壊された米軍の戦車も展示してありました。砲身が動くそうです。がんばれー

IMG_0253

しかしベトナムの人々の努力だけでなく、この戦争では枯葉剤という後に、ベトナムの人々を苦しめる環境問題も引き起こすことなったことも私たちは学ばなければなりません。戦争はいかなる理由があろうとも、後世に残すものは深い傷しかないのです…。

 

さて、次に一行が体験したのは地元大学生とのB&S研修です。大学生の案内の下で、ホーチミン市内を散策するというもの。生徒達が大学生に英語で恐々話しかけてみると、なんと日本語がペラペラ!
ホーチミンの師範学校(日本で言う教育学部)の生徒さんたちで日本語の勉強をしているそうです。トリリンガルだそう…すごいですね!

IMG_0286

IMG_0312

IMG_0313

写真はホーチミン市役所です。150年前のフランス統治時代の建築です。フランス統治時代は、「インドシナ」と呼ばれていたベトナムですが、いろいろな文化が融合しています。

IMG_0354

この交流の中で、女子生徒の皆さんはアオザイで市内観光しました。華やかな装いですね。これも海外修学旅行でしか経験できないことです。

IMG_0393

夕食はホテルにてベトナムフレンチ!ボリューミーでみんなお腹いっぱいでした!

IMG_0409

ページの先頭へ戻る

2019年10月16日 修学旅行2日目(海外組、台湾、ベトナムコース)

海外組からも2日目の様子が届きました。

台湾コースの2日目は、まずは四草綠色隧道頭に向かいました。

台南地区に位置するこの観光地は、マングローブのトンネル、通称緑のトンネルの景観が美しい観光スポットとなっています。

image1

image2

image4

image3

一行はマングローブの林をボートで進みながら、30分程度の観光を楽しみました。

次に訪れたのは、塩山でできた七股塩山という山を登りました。

image5

image6

かつて台湾最大の塩の供給地として栄えた七股塩山ですが、現在は閉山し観光地として生まれ変わったそうです。日本にも鉱山を中心とした産業遺構がたくさん見られますが、台湾にも同じようにかつての近代化を支えた遺構がたくさんあることを学びとれたようです。

また日本人が台湾のインフラ整備に影響を及ぼした地、烏山頭ダムを見学しました。

image7

八田與一によって築かれた烏山頭ダムは、現在でも台湾の水利をコントロールする重要な水源になっているそうです。私たちは、いわゆる教科書に載る偉人に注目することに歴史の意義を見出しますが、社会を下支えする人たちの活躍から今を生きる術を知ることも重要になると思われます。

さて、2日目の台湾の夕食はモンゴリアンバーベキューでした。モンゴリアンとついていますが、発祥は台湾。

image8

image9

お客さんの注文を受け、店員さんが肉を豪快に焼く…というパフォーマンスも兼ねた料理です。

独特な食事に驚きながらもお腹いっぱい堪能した一行でした。

 

続いてベトナムからのレポートです。

ベトナム一行は、日本企業の工場見学からスタートしました。

IMG_0021 IMG_0030

焼きそばで有名な「エースコック」のベトナム工場を見学。海外に進出し、日本の技術を伝えながら、企業利益を伸ばしていく…国際化の潮流をしるきっかけとなりました。

お昼は、ベトナム料理として有名な「フォー」と「生春巻き」を堪能。

IMG_0043 IMG_0045

日本でもなじみの深い食だとと思います。米粉を使って作った麺、そして春巻きの皮。日本と同じ食文化を垣間見ることのできる瞬間でした。ただし、その味はエスニックが感じられる独特な味。酸っぱさの中に、透き通った優しい味を感じたのではないでしょうか?

お腹が満たされた一行は、サイゴン駅⇒ベンタン市場を見学。サイゴンといえば、ベトナム戦争の終結の地として有名な場所。宗主国フランスや大国アメリカとの戦いに苦労しながらも勝利を勝ち取ったベトナム国民の誇りが垣間見られる場所でした。

IMG_0064

IMG_0082

IMG_0089

IMG_0135

IMG_0147

IMG_0076

IMG_0161

観光めぐり最後は、ベトナム水上人形劇を堪能。そして夕食は~中華料理!

IMG_0167 IMG_0169

あれ?と思った人もいるかもしれませんが、ベトナムの北には中国があります。やはり中国の影響を少なからずも受けている国なのです。

以上海外組からのレポートでした。引き続き、現地の様子が届き次第掲載してまいります。

 

ページの先頭へ戻る

2019年10月15日 修学旅行2日目(国内組、沖縄、北海道コース)

修学旅行は2日目に入りました。
国内組、沖縄コースは当初予定していました、与論島でのアクティビティが強風のため中止へ。
急遽4日目の予定を前倒して実施することとなりました。
(行程変更については、午前中にHPならびにFacebookページにて連絡させていただきました。)
DSC_1013
DSC_1015
DSC_1016
強風のため、フェリーが出られないという状況が起こったためです。
今回の台風19号でも思い知らされましたが、本当に自然の脅威は計り知れないと実感する一幕でした。
予定は変更となりましたが、その分、本日も観光地めぐりに時間をあて、沖縄の文化、歴史を学ぶこととしました。
まずは、「沖縄美ら海水族館」での見学に一行は到着。
DSC_1019
DSC_1021
世界最大級の水槽を前にして、暖かい海にいる生き物の生態、そしてそれぞれの魚同士で出来上がっているコミュニティを知ることが出来ました。
勿論、生徒達の目を引いたのは、ジンベエザメの堂々とした泳ぎっぷりだったのではないでしょうか?
次に赴いた場所は「ビオスの丘」
蘭と自然のテーマパークとして、植物園からアクティビティまで楽しむことができる場所として子どもから大人まで人気のスポットだそうです。「ビオス」とはギリシャ語で「生命」とのこと。南国の地で、広島では経験できない様々な命にふれることができた生徒達でした。
DSC_1018
DSC_1033
DSC_1034
そして沖縄を代表する景観地「万座毛」
かつて沖縄には尚氏によって統治された琉球王朝がありました。その王室の避暑地として、この地は愛されていたといわれています。万座毛とは、時の琉球王が「万人を座らせることのできる場所」と称したことからその名がついたといわれています。
DSC_1029
一方で、沖縄戦中は逃げ場をなくした沖縄の人々の集団自決の場となった地としても語り継がれています。
ゆったりとした時間が流れる沖縄ではありますが、その一つ一つに平穏な顔と過去の悲しい歴史があることを心に刻まなければなりません。
さて、思わぬコース変更を余儀なくされた沖縄一行ですが、明日はアクティビティを実施できることとなっております。また写真が入り次第掲載いたします。お楽しみに!
つづいて北海道へバトンタッチです!
北海道の2日目は、午前午後に分かれて全員がラフティングを行い、残りの半日はそれぞれが選択したアクティビティで体を動かしたり物作りを行いました。
IMG_1004
IMG_1072
IMG_1137
まずはみんなポーズを決めての…自転車でのサイクリングです。サイクリングといっても10キロ以上走らせて、北海道の自然をみるというなかなか充実した時間を送ります。距離を忘れさせるほどの爽快感があるそうです。
IMG_0266
次の写真は~インドアでのお財布作り。現地のモノを使って仕上げていきます。北海道は生活に必要な様々なモノが沢山取れます。なんでも利用して生きていく。長年の知恵が結集しています。
IMG_0265
続いては~最近人気のカーリング!広島に住んでいたらなかなか体験できない「氷上のチェス」気持ちは、「そだね~!」「最高だね~!」だったかな??
IMG_0264
自然体験を満喫…ということで、アスレチックに臨む生徒も!これまた普段体験できないアクティビティですね。怪我に注意してね!
IMG_0263
ラフティングもそうですが、もう一度ゆっくり川下りをしたい!という生徒達は「カヤック」を満喫。ゆっくり流れる川とともにゆったりとした時間を満喫していました。
IMG_0944
最後に北海道といえば「乗馬」を体験しなければということで、乗馬体験をした生徒達も。
思った以上にたくましい馬の背中はとても温かかったようです。
image1
image2
image3
1日中楽しんだ生徒達の食事は、バラエティに富んでいました。色々なモノを食べてまた明日に備えましょう!
IMG_1158
IMG_1160

ページの先頭へ戻る

2019年10月15日 修学旅行沖縄コースの行程変更について(連絡)

修学旅行沖縄コースについて、行程の変更がでましたのでお知らせ致します。

当初予定しておりました、与論島への移動が天候不順のため中止となりました。

よって、2日目以降の宿泊先にも変更がでております。ご確認お願い致します。

(新しい宿泊先):リゾートホテル・ベルパライソ

(住所):〒905-0403 沖縄県国頭郡今帰仁村字運天1069ウッパナビーチ

(連絡先)TEL :0980(56)2767ー2400 FAX:0980(56)2777

 

保護者の皆様におかれましてはご不便をおかけしますが、

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集