H.K.G Press

2016年06月29日 2016年「H・K・Gオープンスクール」の案内を掲載しました。

今年度も本校オープンスクールの申し込み時期がやってまいりました。

毎年2000名以上の中学生ならびに保護者の皆様をお迎えする「HKGオープンスクール」

広島市内を中心とした各中学校に配付中ですが、本校ホームページにおいても申込用紙をダウンロードできます。

本ページのバナー「HKGオープンスクール」のバナーをクリックしていただくか、「トップページ」→「入試情報」→「オープンスクール」の項目をクリックしてください。

今年度も多くの来校者をお待ちしております。

ページの先頭へ戻る

2016年06月29日 普通科進学コースⅠ型「総合的な学習の時間~広島市立大学国際学部の講義を受講しました」

本日、普通科進学コースⅠ型の3年生は「総合的な学習の時間」の授業において、大学の講義を体験する学習に臨みました。

DSC_0607

周知の通り、進学コースⅠ型の生徒の多くが、国公立大学の進学を希望しております。しかし、国公立大学の授業がどのようなレベルで展開されているのか、判断するまでには至っていません。偏差値レベルで自らの進路希望先を判断しやすい生徒たちに対し、少しでも自らの興味関心の有無で国公立大学への進学を考える方向性を見出すことが今回の授業目的にあります。

今回は、広島市立大学国際学部の寺田英子先生(専門は交通経済学)に今回の講義をお願いいたしました。

DSC_0611

授業は「国際研究入門~地域からみるグローバル化」と銘打ったタイトルで行われました。

大学で実際に行われている授業に模して寺田先生には講義をしていただきましたが、生徒たちには、専門的かつ論理的な講義に少々圧倒されていたようでした。大学は高校の授業の延長線上というわけではりません。高校で得た知的訓練を基に、新しい知識を吸収、研究する場です。高校と大学の学びの違いに触れただけれも、生徒には良い刺激になったと思われます。

DSC_0619

DSC_0620

DSC_0635

DSC_0637

ところで、寺田先生から教わった講義は、私たちが住む広島から現代における経済のグローバル化を模索していく学習でした。私たちが見慣れた地元広島であっても、知らない経済知識が山積したことに、生徒たちは驚きと、少しだけ他の人よりも知識人になったような気分を味わえたようです。

今回受講した生徒たちの中から、是非市立大学「地域経済・国際研究」で勉強してみたい!と意欲的に考える人が出ることを期待しています。

ページの先頭へ戻る

2016年06月28日 7月行事予定表を掲載しました。

本校の7月行事予定を掲載しました。

「トップページ」→「行事予定」→「7月行事予定」の順でクリックしていただくと、閲覧することができます。

 

ページの先頭へ戻る

2016年06月23日 進学コースⅠ型対象「総合的な学習の時間~ことばの授業、自分力UPを目指して(第3回目)」

進学コースⅠ型でシリーズで実施しております「総合的な学習の時間」の授業の第3回目です。

DSC_0565

言葉をとおして、自己表現力や論理的思考力を磨いていく「ことばの授業」もいよいよ実践編に入りました。

今回は、自らが考えていること、思っていることを人前で分かり易く表現するかを考えていきました。

DSC_0560

DSC_0569

DSC_0589

通常、私たちは進学に向け、知識の取得や筆記試験をクリアするための技術を積極的に学びます。

しかし、技術を取得するためには、それぞれ学ぶことがどのような意味があることなのか、そして自らが理解しておかなければ、仮に与えられた通りアウトプットしても、他者にはうまく理解してもらえるとは言えません。

今回は、生徒それぞれが考えてきた文章を人前で発表するにより、各人の表現力にどのような良い点、課題点があるかを分析していきました。

DSC_0568

DSC_0596

どの生徒もそうですが、人前で説得力ある表現は容易にはできません。ただ、ここで無難に出来てしまうことよりも、むしろ、問題点を解決していく意欲を持つことこそが、今後の進路活動に役立つはずです。問題解決学習は、受験活動でも活用することです。みなさん頑張って表現力を高めてみましょう。

ページの先頭へ戻る

2016年06月16日 平和学習活動を行いました。

本日1、2時間目を利用し、全学年を対象とした「平和学習活動」を行いました。

DSCF5084

1年生は「被爆者、被爆体験伝承者の講話」を、2・3年生は「映画鑑賞」を実施。平和に対する理解定着に向け、各学年様々な視点により学びを深めました。

以下、1年生の講話による学習をレポートいたします。

DSC_0529

広島に住む私たちにとって、最も戦争体験を実感できる機会は、原子爆弾の被害に関する学習となります。8月6日、推定で14万人以上の人々が一瞬にして亡くなった負の歴史は、消えることのない記憶として伝承していかなければなりません。

DSC_0534

各クラスでは、当時の惨状を知る被爆者の方より、リアリティあるお話をしていただいた他、被爆者の体験を伝承するボランティアの方から、講話を受けました。

DSC_0526

DSC_0533

DSCF5096

生徒たちにとって、戦争は過去のことであり、違う世界の出来事に感じ取っているかもしれません。しかし、近年の世界情勢を考えると、必ずしも過去の出来事として処理するわけにはいきません。

DSC_0528

DSC_0527

私たちは常に、戦争を憎み、平和を愛す…それと共に、他者(他の世界)を思いやる気持ちを養う必要があると思います。

被爆者および伝承者の方々の講話後の感想を最後に記しておきたいと思います。

「生徒たちは、真剣に私たちの言葉に耳を傾け、受け入れがたい話を必死に理解しようと努力していました。」

DSC_0537

「私たちの話に対し、多角的に物事を考えようとしていました。原爆を単に、悲劇的な出来事として鵜呑みにするだけでなく、それに関係する周囲の出来事…戦争、他国との関係、そして将来にどうつなげていくべきか多角的に考えていたと思います。」

DSC_0538

今回の学習を生徒たちにはさらに発展させ、考えてもらいたいと思います。

ページの先頭へ戻る

2016年06月15日 生徒総会が開催されました。

本日6時間目を利用し、本校では「生徒総会」が開催されました。

DSC_0522

毎年、6月のこの時期に、生徒会執行部の新旧交代式、今年度予算案の決議、その他議題として上がっている案件の審議を行っています。

DSC_0519

DSC_0521

生徒会は、本校生徒全員が集まって、高校生活をより良くするため知恵を出し合う場です。もちろんのこと、その運営は生徒主体で行われました。

その他の議題では、今年度より発足した「ダンス同好会」の承認について、クラスマッチ種目の審議について、文化祭テーマの審議を実施しました。

DSC_0520

今年度はまだ始まってわずかですが、これから様々な決め事が登場すると思います。その都度、生徒会を中心として議決が行われると思います。

みなさんで良い学校環境を築いていきましょう。

ページの先頭へ戻る

2016年06月14日 3学年対象「卒業生体験発表会」を開催しました。

本日6月14日、3学年を対象とした「卒業生体験発表会」を開催しました。

DSC_0493

進路活動を目前に控えた3学年に対し、本校に教育実習生として戻られた先輩方から、この1年間の取り組み方、モチベーションの作り方などを教わりました。

写真は現在、学習院大学で勉学に励まれている、村中先生の体験発表の様子です。

DSC_0489

村中先生は、現在数学の教職免許状の取得のため、3週間の実習を行っています。なぜ、数学の勉強を大学で追求したいと思ったのかを伝えるとともに、大学受験に向けた心構えについても分かり易く説明していただきました。

県内の大学を選ばず、あえて首都圏の大学を選んだ村中先生。もちろん、合格に至るまでの努力は並大抵のものではなかったと思います。

しかし、自らに確固たる決意と、最後までやり通す力があることで進路への実現に繋がっていくことを生徒たちに熱心に伝えていただきました。

DSC_0503

自分たちと同じ高校生活を経験し、大学生として活躍されている村中先生をみて、生徒たちは十分、今後の進路活動への気持ちを高めたと思います。

DSC_0491

DSC_0492

DSC_0497

DSC_0513

本日、体験発表をしてくださった卒業生の皆さん、ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

2016年06月11日 本校女子バスケットボール部が「痴漢追放キャンペーン」に参加しました(5月11日)。

5月11日(水)海田市駅にて、本校女子バスケットボール部の生徒が、鉄道警察・JRの方と痴漢追放キャンペーンを行いました。

2

早朝、JRを利用して通勤・通学をする女性に対し、痴漢追放等の呼びかけを行いました。

1

痴漢は犯罪行為であり、許されるべきものではありません。犯罪行為に対して行政や警察を中心に、徹底した取り締まりが必要となります。

3

しかし、被害を受けた人たちには大きな心の傷が残ることも紛れもない事実として残ります。本校生徒の多くも、JR等を利用し、長い通学時間でかけて登下校をしています。犯罪に合わないためにも、みんなで犯罪を起こさない意識を高めていくことが大切になってくると思われます。今回は女子バスケットボール部が率先的にキャンペーンに参加しましたが、犯罪や事故のない安全で住みよい社会をつくるため、本校も積極的に未然に防ぐ取り組みをしてまいりたいと思います。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集