H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 総合学科1年生「産業社会と人間~企業訪問 …

2018年07月02日 総合学科1年生「産業社会と人間~企業訪問」を実施しました。

6月29日、総合学科1年生は各希望先に分かれ、学内外での企業訪問会を実施しました。

前の週に実施した「企業人ディスカッション」での学びを基に、実際の職場がどのように成り立っているのか。学ぶ環境にいる生徒と異なる、お金や顧客からの信頼を得ることを目的とする職場の違いはどこにあるのか・・・基本的な内容から、社会人として大変重要なスキルまで一通り学ばせてもらいました。

今回は、企業訪問会での様子について写真撮影が可能であった企業について一部報告させていただきます。

1つめは放送業界への企業訪問会を実施。NHK広島放送局を訪問し、放送業界の仕組みや仕事内容等を学ばせてもらいました。

DSC_0806

公共性の強い放送業界は、サービスの提供は勿論のこと、電波を通して伝わる言葉一つ一つにも細心の注意を払って活動をされています。疑似体験をさせてもらいながら、私的と公共の線引きや課題について広く学習できました。

DSC_0817

DSC_0828

旅行業界の企業訪問を実施したグループは、物質的なモノに加え、形がないサービスを通して、顧客にどのように満足をしていただくか・・・といったサービスにおけるビジネスのあり方を学びました。

DSC_0054

旅行業界が重視する活動は、最新の情報やいつでもどこでもサービスが受けられる環境を如何に提供できるかという点に力を入れられています。

とりわけ、画一的、大量に同じサービスを提供していた過去と異なり、現在は一人一人のニーズに応じたサービスを組まなければ勝負になりません。

DSC_0057

DSC_0059

様々な思いをもつ人のこころをつかむこと・・・生徒たちにはたくさん考えさせられることがあったのではないしょうか。

 

最後に紹介するのは、自動車業界の企業訪問グループです。

IMG_0886

生徒の多くが、今後所有するかもしれない自動車。日本の産業構造の多くを支えるこの業界も学校では学べない多くの知識が必要となります。

まずは前述した通り、自動車といっても、車体を構成する部品は一つ一つ多種多様な企業が関わっています。よって自動車業界は、顧客との関わりを築く前に、部品を生産する各下請け企業との関係を重視しなければ、成り立たないということを教えていただきました。

IMG_0889

その後、自動車を媒介とした顧客とのコミュニケーションが大切となります。専門的な知識を知らない人たちに対し、どのように自動車の魅力を伝えるのか。自動車メーカの思いだけでモノを販売するわけにはいきません。常に顧客のニーズを汲んだやりとりが大切だということを学びました。

勿論、販売後のアフターサービスも重要です。実は自動車業界にとって一番大切なのことは、販売で利益を得ることよりも、購入していただいた顧客に対し、継続的に信頼のおけるサービスが提供できるかが大切といわれました。

IMG_0894

IMG_0896

信頼を勝ち取れば、リピーターとして再び購入してもらうこともありますし、購入者を通して周囲への宣伝⇒購入検討にも繋がっていきます。

企業の活動は、お金を中心とした利潤の追求の前に、顧客への信頼と繋がりを獲得することが第一目標であることを体験会を通して知ることができました。

IMG_0901

勿論、生徒たちのここでの経験は企業活動のほんの一部にすぎません。これからも自らの進路設計のためしっかりとした職業研究を積んでもらいたいと思います。

 

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集