H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 修学旅行4日目(種子島・屋久島コース)

2017年12月17日 修学旅行4日目(種子島・屋久島コース)

種子島・屋久島コースの4日目です。

本日は屋久島を後にして鹿児島市へ戻って研修を行いました。
まず最初に、朝7時の高速船からみえた朝日を撮影。

2

広島でみる日の出とはまた趣の違う神秘的な雰囲気が漂っていました。

鹿児島港に到着した一行は、バスに乗り変え鹿児島市から最初の訪問地知覧へ。

5

知覧という地名を聞いて、おそらく多くの生徒はその歴史的出来事を知らなかったと思います。この地は、太平洋戦争中、連合国軍との戦いに出撃した特攻機(特別攻撃隊)の基地として名高い場所です。

ミッドウェー海戦を境として、戦局が悪くなった日本は、日本国土の防衛を進める方策として、水際作戦とも言われる様々な犠牲を払い続けました。

アメリカ軍の空母に打撃を及ぼすため、航空機に爆弾をくくりつけ体当たりをする特攻作戦。知覧は、飛行機の簡単な操縦を徹底的に教え込まれた若者が集められ、人生の最後を迎えることとなった場所なのです。
知覧特攻平和会館では語り部の方のお話を聞き、生徒達たちと同年代の若者が特攻隊として、沖縄の海に散って行った事を重く受け止めました。話を聞いた生徒たちの中には涙が溢れる人も。

3

平和学習をする際、どうしても戦闘に関わっていない国民の惨劇を題材として、学びを深めることが通例となっています。しかし、今回のように自らの思いに関わらず、国のため、大切な人のために命を絶たざる得なかった人の歴史にもスポットをあて、戦争と平和の学びを続けていく必要はあります。生徒達にはもう一つの平和学習として深く心に刻まれたことと思います。

知覧特攻平和会館の見学時間が足りないという生徒達の声が聞かれました。必ずもう一度訪れてもっとしっかり見たいそうです。
平和会館を出発した一行は、昼食で奄美地方の名物料理、鶏飯を食べました。基本的に、南国の料理は濃く、しっかりとした味が多くありますが…みなさんお味はどうでしたか?

1 4

午後は鹿児島市内に戻って市内研修です。場所は鹿児島市内の繁華街、天文館です。

鹿児島は、薩摩(鹿児島)藩島津氏が治めていた大国でした。我慢強く、勤勉な特徴をもつ薩摩隼人たちは、特殊な気候や土地(シラス台地)を持つこの地で、様々な文化や俊才を育てていきました。

image5 image6

来年は大河ドラマ『西郷どん』が放映されます。鹿児島に注目ですね。

種子島、屋久島コースは明日も鹿児島市内を散策。午後に新幹線に乗って広島に帰ります。到着時間は17:46分を予定しております。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集