H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 修学旅行3日目(種子島・屋久島コース)

2017年12月15日 修学旅行3日目(種子島・屋久島コース)

種子島・屋久島コースの一行も3日目に入りました。

本日からは屋久島での旅行を楽しみます。

屋久島は面積500平方キロメートルあまりの円形状の島です。本州や九州、四国、北海道といった島を除くと全国で7番目の広さを持ちますが、何より島の約90%が自然林という自然環境豊かな地として有名です。

勿論のことですが、広島県にはない自然が多く堪能できることもあり、生徒達は1日中神秘的な雰囲気を体験できました。

本日午前は、山に行って杉の巨木を見てきました。
まずは紀元杉です。樹齢3000年と言うことです。屋久島では気候や土壌のせいでなかなか大きく成長せず、ゆっくりと大きくなるそうです。成長にかかった時間だけ、枯れても腐らず残ると言われています。

image1 image2 image3 image4

生徒達は大きな杉の木々をみて何を感じ取ったでしょうか。何事も立派な姿になるためには、時間と努力…そして、周囲の環境に適応したり、あるいは耐え忍ぶ力が必要となります。これから待ち受ける様々な出来事に対し、生徒達には屋久杉のようなどっしりとした存在になってもらいたいものですね。

また、一行は屋久島を流れる安房川をカヌーを使って散策する体験学習をしました。

image6

image9

image7

北海道で行われるラフティングとまた趣が異なりますね。ゆっくり、緩やかに流れる安房川にのって、生徒達は時の流れる感覚を楽しみました。

私たちはついつい喧騒とした日々にのまれ、煩雑に1日を過ごすことが多くあります。ゆっくりとした時間を楽しむ生活に立ち返ってみるのも大切です。生徒達にはいい日になったと思います。

 

 

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集