H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 普通科特進コース1・2年生による「レシテ …

2017年10月28日 普通科特進コース1・2年生による「レシテーション・スピーチコンテスト」が開催されました。

10月26日1時間目に、普通科特進コース1・2年生はレシテーション・スピーチコンテストを開催しました。

プログラム写真

レシテーションとは「暗唱」のことを指します。英語力をあげるためには、語彙力をつけることはもちろんですが、今回のように本文を見ずに、自らの力で表現する力が大切となります。

コンテストでは、マララ・ユフスザイ、スティーブ・ジョブズ、バラク・オバマの世界的にも有名なスピーチ(一部抜粋)の暗唱を課題としました。

名井

一方、スピーチ部門も設け、生徒達は日頃の成果を発揮しました。スピーチは、自分たちでスピーチを作成し発表させる形をとりました。内容は、唯一の被爆地広島で暮らす私達の指名、捨て犬の殺処分問題についての考察など、それぞれが持つ問題意識を英語で表現しました。

 

梶原

なお今回の大会は大会は、9月に実施した予選を経て、各学年の代表を選出しました。

当日は、出場者全員が朝から集まって最終練習をしていました。出場者は、お互いに確認しあって、本番にむけた調整を行っていました。

名井

発表者はそれぞれのスピーチに込められたメッセージを意識して、伝え方を工夫します観覧した人たちはどのように感じ取ったでしょうか。

これからの社会は、より英語力4技能をマスターしてくことが求められていきます。時代の潮流に乗り遅れないように、みなさん頑張っていきましょう!

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集