H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 修学旅行3日目(台湾コース)

2017年10月19日 修学旅行3日目(台湾コース)

海外コースである台湾からも海外の風を感じていただきます。
午前中は台湾総統府を見学。台湾における政治の中心である総督府は、蒋介石率いる中国国民党によってその本拠地となりました。

IMG_0313

総督府に立っている旗の名前…「青天白日旗」といいます。

旗の色となっている「赤・青・白」は辛亥革命を指導した孫文の思想、三民主義(民族独立・民権伸長、民生安定)を表したものといわれています。

白い星は「白い太陽」を表し、星から出ている12本の線は1年(=12か月)を表現することによって、中華民国の絶え間ない成長を象徴した願いが込められているそうです。

生徒たちは、そのような台湾の歴史を勉強し、日本に近いこの地域の学びを深めていきました。

台湾の歴史を勉強しました。日本語のガイドさんが説明してくれました。

IMG_0323 IMG_0325

IMG_0327 IMG_0328

IMG_0330

IMG_0332 IMG_0333

IMG_0336

日本と同じ東アジアに所属する台湾。言葉や文化が異なると思われますが、日本と共通した面も多く持つ地域でもあります。

午後からは、台湾の人との交流を兼ね、現地の大学生と生徒が交流する機会が設けられました。

IMG_0340

IMG_0341

IMG_0342

まずは担当する大学生からの挨拶。日本のことを深く学ぼうとする台湾の大学生。そして将来の希望進路を目指して3年間勉強を積み重ねている本生徒。

学び成長するという面では、どちらも同じ共通点を持つ仲間です。最初は緊張した面持ちでしたが、徐々に理解しあえる間柄になりました。

IMG_0376

IMG_0377

IMG_0378

班別研修では、現地大学生の案内で占い横丁やマンゴーかき氷、小籠包などを楽しんだようです。

IMG_0387

IMG_0388

IMG_0389

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集