H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 国際学院新校舎、本校生徒が内部見学に臨み …

2017年09月25日 国際学院新校舎、本校生徒が内部見学に臨みました(9月13日)

着々と建設が進む本校の新校舎。

外からみてもかなり全容が分かるようになってきました。

DSC_0239

そのような中、9月13日に本校生徒を対象とした内部見学が開催されました。

参加者は将来、建築やインテリア関連の勉強に取り組んでみたいという強い希望を持った生徒で編成されました。

自らの希望する分野を生でみる、とりわけ巨大な建造物の構造や内部空間の設計法を間近で学び取る機会はめったにありません。

生徒達は建設現場に入る前に、工事担当者の方から建設過程のレクチャーをしっかりと受け、貴重なひと時から沢山のことを学び取ろうと意気込みました。

DSC_0138

DSC_0143

DSC_0143

2枚目の写真は校舎1階玄関付近の様子です。まだコンクリートのみの姿なため、どのようなデザインになるかは知ることはできません。しかし、他の場面でもいえることですが、建物を支える梁の組み方や耐震構造を知るには十分すぎるほどの風景であったと思います。

DSC_0153

DSC_0152

当たり前のことではありますが、建設現場は多くの足場があります。作業する人がどのような導線を通りながら、建設にあたっているかも重要な勉強です。初めての足場を渡る生徒には少し緊張する場面であったかもしれませんね。

DSC_0156

生徒達が見学している所は、ちょうど校舎内の吹き抜けになる部分です。上から見ると2枚目の写真のような感じです。外からは知り得ない大きな空間が広がっています。

DSC_0161

DSC_0222

見学する一行は、建設現場の最上階へ。すでに6階付近までの建設も進んでいます。6階は、食堂が建設される場所。まだ防音ネットがされているため、ぼんやりとしか見えませんが、ネットの先には2号館が見えます。2号館よりも高い位置に生徒たちは立っているのですね。

DSC_0171

DSC_0173

DSC_0180

DSC_0184

DSC_0175

続いて内部を見学。後者内部は、まだ薄暗い状況ですが、ある程度の設備は作られている様子でした。間仕切りや、ガラス窓、壁…天井には空調設備もすでに備え付けられていました。かなり複雑な構造で作られていることが分かります。

DSC_0191

DSC_0198

校舎内は、普段見ることができない様々な工夫や作る人たちの努力を知ることができました。見学した生徒の皆さんは、この経験を糧に、進路意識をさらに高めていきましょう。

DSC_0199

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集