H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 離退任式が厳粛に執り行われました。

2015年03月20日 離退任式が厳粛に執り行われました。

柔らかな日差しが暖かく、新緑が芽生え命の息吹が感じられるこの季節。春はあらゆることで新たな一歩を踏み出せる時期です。

一方で春は「離合集散」と呼ばれ、出会いがある一方で、多くの親しい人、愛する人との別れを経験する時でもあります。

本校でも、本日、多くの生徒を教えそして学び合い、多くの思い出を作り上げてきた先生方が国際学院の教壇から去られることとなりました。

DSC_0798 DSC_0808

多くの生徒から、これまで教えていただいた先生に対し、惜別の念を感じさせる言葉が式中に漏れていたことが印象的でした。

DSC_0816 DSC_0817

退職される先生方の思いは、只々、生徒のみなさんが自分を信じ、成長を遂げてくれること。そして、自らのより良き将来を勝ち取ってくれることだけです。先生方から最後に贈られたことを胸に在校生のみなさんは頑張ってもらいたいと思います。

 

そして今年度、校長先生も24年間の教員生活を終えることとなりました。校長先生は、本校が過渡期にある時期から、様々な生徒に出会い、生徒のよりよき成長を促すため、教育に尽力されました。校長先生は、最後にみなさんのことが「愛おしい」と重ね重ね言われておりました。みなさんを教え育てることは、人を愛すこと、人の立派な成長を希うことです。それは、みなさんに対してだけでなく、皆さん自身にも、人を愛おしく思える立派な人材になってもらいたい裏返しでもあります。

DSC_0820 DSC_0824

校長先生の言葉は、きっとみなさんの心に響いたことと思います。

DSC_0827 DSC_0819

校長先生をはじめ、退職される先生方、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

DSC_0833

DSC_0838

 

 

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集