H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 普通科Ⅱ型・総合学科2年生対象「進路講演 …

2015年03月12日 普通科Ⅱ型・総合学科2年生対象「進路講演会」が行われました。

3月12日、1・2時間目を利用し、本校普通科Ⅱ型と総合学科2年生を対象とした「進路講演会」を実施しました。

AO入試や推薦入試で受験を考えている生徒が多くいる対象生徒にとって、入試を突破する第一条件が「志望理由書」や「小論文」の作成です。

DSC_0588 DSC_0589

DSC_0591

ほとんどの生徒は、800字以上の文章を書く機会がないため、毎年、志望理由書や小論文の書き方に苦労します。そこで例年、学研教育みらい・学習開発事業部の波多野洋司先生より、次年度にむけた受験対策をご教授いただきました。

DSC_0594

文章を書くとき必要なことは何か。多くの生徒が知識が豊富であり、希望する進路先に入学したい意欲があふれる文章を書くことと認識しています。しかし、波多野先生からそれ以上に大切となる要素を教えていただきました。それは、

「字の濃さ・大きさ・丁寧さが大切。」

どんなに豊富な知識があっても、どんなに意欲あふれる文章だとしても、「相手に伝わる書き方」になっていなければ意味がありません。特に希望校を卒業した後、就職した職場で「申し送り」をしなければならない、相手にFAXで伝えなければならない…そのような状況で伝わりにくい書き方をしてしまえば、仕事は成り立ちません。私たちは基本的なことから学ばなければならないのです。

さらに、どの生徒も苦労する具体的な内容、論理的な書き方について…

「汗をかいて情報収集をすること」・「生徒同士で添削い文章を磨いていくこと」

スマートフォンやインターネットに依存している生徒にとって、すべての情報はウェブ上にあると思いがちです。正確な情報や多角的な知識を手に入れるためにも、様々な書籍や情報誌の検索もやるべきことと教えていただきました。

DSC_0593

受講終了後、生徒たちの中には、これからの進路活動に危機感をもって取り組もうとする意志をもった人が多く出てきました。今回の講演を受け十分すぎるほどの積極さをもって、進路活動に取り組んでください。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集