H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 本校にフィリピンから留学生が来校しました …

2015年01月26日 本校にフィリピンから留学生が来校しました。

本校は、今年も海外からの留学生をお招きしました。

1月26日から3週間、フィリピンより15歳の女子高校生、アリソン・ナング・トレイシー(通称:アリー)さんが滞在することなりました。

彼女は、美術、音楽など芸術系の科目が大好きとのこと。将来はグラフィックアーティストになることが夢と語っています。今回の日本での滞在で、日本の文化を学ぶとともに、日本に多くの友達を作り、将来に活かしたいとの目標があるそうです。

そのような彼女を今回、総合学科2年3組の生徒たちが受け入れることとなりました。

彼女が少しでも楽しくかつ、充実した学校生活を送ってもらうために、本日2時間目に、3組の生徒たちは様々な出し物を企画しました。

まずは、彼女を迎える前のリハーサル…どのように挨拶するか担任・副担任の先生と企画しました。結果…

DSC_0693

“Good Morning Ally !! ”

DSC_0692

と。さて…本人登場の時でうまく声を合わせて言えるでしょうか??

DSC_0695

“Good Morning Ally !! ”

DSC_0696

なんとか合わせて言えました。アリーさんも笑顔で答えてくれました。

まず最初は、アリーさんへクラス代表が英語と日本語で歓迎スピーチ。そして、一人ひとり自己紹介をしました。

DSC_0712 DSC_0717

DSC_0698

その後…音楽が好きだというアリーさんへ、3本、ダンスのパフォーマンスを披露。

1本目は、和風とポップスを掛け合わせたダンス。和服をイメージした衣装を身にまとって、日本を表現しました。

DSC_0705

2本目は、日本で流行りのダンスを披露。そして…3本目は…

DSC_0728 DSC_0732

これまで女子主体のダンスチームだった演目に、3組選抜男子陣が参加。その瞬間、周囲は爆笑と歓声の渦に!

DSC_0744 DSC_0750

なぜなら、この選抜メンバーはダンス経験初心者であり、普段パフォーマンスをしたことのないメンバーだったからです。

DSC_0743

今回、参加したのは、「少しでも早くアリーさんに、3組の雰囲気になじんでほしかった」という思いがあったからだそうです。男子陣の必死の演技にアリーさんも満面の笑みで鑑賞していました。

DSC_0761

最後は、みんなで記念撮影。これからアリーさんにどんな楽しい日々が待っているでしょうか。頑張ってください。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集