H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 総合学科1年生「産業社会と人間」オリエン …

2013年04月19日 総合学科1年生「産業社会と人間」オリエンテーションがありました。

本日5・6時間目総合学科1年生は、本学科の特色である「産業社会と人間」の授業を初めて受けました。

多様化した現代社会において、自らの適性にあう進路や職業を見つけることは決して容易とはいえません。

本校に入学してきた1年生も、これまでの勉強は、「自らの適性を見つける」活動というよりも、「親や教師から言われるまま勉強をしておけばなんかなる」といった漠然としたものであったようです。

この授業では、「他者から言われるままに勉強する」意識から「自らの力で勉強することを学ぶ」意識へと変化させることが大きな目的としてあります。

  

  

第1回目にあたる本日は、1年間の勉強の流れ、そして前年授業を受けてきた2年生からのメッセージを交えながら、産業社会と人間の学習活動を理解していきました。

 

さらに、今年度新たな取り組みとしてロールプレイングによる「進路選択学習」を実施しました。

  

この取り組みは、教師から出された質問に対し、生徒一人ひとりが、「自らの力」で適当な選択肢に選び、最終的には「現段階での自らの進路適性を把握する」という流れで実践しました。

  

自分の進路について、漠然と考えていた生徒たちも、この取り組みで真剣に「進路を真剣に考える」意識を持つことができたと思います。

 

4年目を迎える総合学科ですが、今年度も充実した学習活動を発信していきます。どうぞご期待ください。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集