H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 総合学科「特色ある授業 ~課題研究 草木 …

2013年04月30日 総合学科「特色ある授業 ~課題研究 草木染め(第2回)~」

 先週金曜日の3,4時間目、総合学科3年生数理サイエンス系の生徒を対象とした『課題研究』の授業が行われ、タマネギの皮の染液で晒しを染める練習を行いました。
 タマネギの皮の、一番効能が期待される成分は、ポリフェノールの一種の『ケルセチン』です。
 花粉症・アレルギー抑制、抗酸化作用、老化防止、糖尿病、高血圧、胃弱、食欲不振、風邪、やけどなどに良いとされています。お茶と一緒に煮出して飲んでみようと思っています。
 和な雰囲気のカーキ色に染まっています。右写真手前の黄色い晒しは、ミョウバン、後ろのカーキ色の物は硫酸鉄で媒染した物です。今回は染色、媒染を一回ずつ行いました。
 なお、先週蒔いた藍の葉は、まだ芽を出してない様子です。
 次回は、紅茶の染液で布を染めていく予定です。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集