H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 6月21日 総合学科1年生対象「産業社会 …

2013年06月24日 6月21日 総合学科1年生対象「産業社会と人間~第二回大学訪問会~」

6月21日、本校総合学科1年生は先週に引き続き、第二回目の大学訪問会を実施しました。

今回も広島県内にある複数の大学に訪問させていただき、大学の雰囲気や実態を生徒たちに体験させました。

最初の写真は、広島修道大学における訪問の様子です。

 

文系の総合大学である修道大学には、人文・法学・商学・経済・環境学など多彩な学問が学べることもあり、図書館や情報施設が充実しておりました。

 

生徒たち一人一人、文献の多さ、施設の多さに目を見張っていたようです。

修道大学での見学では、在学生がその大部分を案内していただきました。教職員と違い、年齢、立場とも近い関係にある在学生の方の支援は、生徒にとって安心感があったようです。

 

一方、在学生の方たちも、生徒との触れ合いを通して様々なことが学べたとおっしゃっていました。今回協力いただいた方々は、将来、教員として生徒と関わっていきたい夢をもっている人たちでした。

 

将来の進路を見つけようとする生徒、将来の夢を実現しようと努力している在学生の方たち。双方ともに、実りある時間であったように思えます。

 

続いて、広島国際大学での訪問の様子です。

医療系専門大学としての特徴をもつ国際大学では、救急医療・医療機器・乳児医療などを中心に見学しました。

普段、見ることも触れることのない医療用具を目の当たりにし、生徒たちも真剣に観察。

 

実際に器具を使用する時は、ぎこちない様子ながら、一生懸命に使い方を学ぶ様子が印象的でした。

 

医療現場は、日々進化し、その内容は多様かつ複雑となっています。責任、使命感が求められる医療分野を大学という場で学ぶことができ、医療にあこがれ是非、携わってみたいと考えた人もいると思います。

2日間にわたって実施しました大学訪問会でしたが、生徒たちの中には「進学を強く意識するようになった」・「大学に進学する意欲がわいた」などの感想が出てきております。

今後は、自らの力で進路先の調査をしていく段階に入ります。今回の学びを基にさらによりよい将来を発見してもらえばと思います。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集