H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 2013年 本校オープンスクールが開催さ …

2013年09月23日 2013年 本校オープンスクールが開催されました(2日目)

9月22日のオープンスクール1日目に引き続き、2日目の様子をお送りいたします。
前日と異なり、朝から汗のにじむような気候となった2日目。この日も1000人以上の生徒ならびに保護者の皆様が来校され、本校の学校生活を体験していただきました。
本校体育館では学校長による挨拶、そして生徒を主体とした学校説明を実施しました。
 
従来、本校の教育活動や設置科について、教職員による説明を行っておりましたが、今年度からは、すべての説明に対して、在校生を起用して実施するという形を試みました。
 
見学している中学生のみなさんと同じ目線で説明してくれる在校生の話は新鮮そのもの。
工夫を凝らした在校生の発表に、時折中学生から歓声や拍手も起こりました。
一方体育館の外では、本校の学習風景を模した「模擬授業」が実施されました。
今回の授業で中学生の中で一番人気だったのが、「染色」の授業。
総合学科の特色ある学習活動として行われているものですが、実際の体験を通して、一つの物を作っていく様子に興味をひいたようです。
次に人気があった授業は「中国語」の授業。
 
今回、女子生徒たちはチャイナドレスを着て中学生を迎えました。初めて見る服に中学生も圧倒されていたようです。
 
 
 
そのほかにも、様々な体験授業が展開されました。机に座って勉強をする、授業形態を違う高校の学習スタイルをみて、中学生は高校への入学を強く望むようになったのではないでしょうか。
学校説明、体験授業を終えた後、中学生のみなさんには学食体験、ならびに吹奏楽部によるコンサートを鑑賞してもらいました。学校生活では、勉強のみならず、クラブ活動で青春を謳歌することも大切です。
高校受験まで4か月ほどとなりました。中学生のみなさんは、受験勉強とともによく進路先を研究して、自分にあった進学先を見つけてほしいものです。
そして、ぜひ本校への入学を希望していただければ幸いです。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集