H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 総合学科1年生「産業社会と人間~系列大学 …

2014年07月11日 総合学科1年生「産業社会と人間~系列大学講演会」を実施しました。

本日、5・6時間目に本校体育館において、総合学科1年生による「系列大学講演会」が実施されました。

DSC_0793

「産業社会と人間」の一環として、様々な分野で活躍されている方々の講演を聴いている総合学科1年生。

今回は、本校系列大学である広島国際学院大学より佐々木健学長をお招きして、大学に進学することや、佐々木先生が取り組まれている「名水の研究」や福島原発事故における放射線除染の研究について伺いました。

DSC_0792 DSC_0790

佐々木先生は、長年、国際学院大学にて研究指導を行われていますが、前述した原発事故の除染活動やメディアにも数多く出演されるなど幅広い活躍をされています。

DSC_0797 DSC_0799

先生がなされている研究1つ1つどれを取り上げても、大変価値が高く、長年の研究なしには達成しえない難しい内容ですが、生徒には大変真面目に興味深く聴いていました。

DSC_0809 DSC_0836

実際に、先生の「名水の研究」を生徒にも実践させていただきました。

DSC_0818 DSC_0825

水には「硬水」と「軟水」という種類があるそうです。通常、私たちが、ミネラルウォータとして美味しく飲んでいる水は「軟水」、スポーツ選手が飲んだり、ダイエットをしている人が愛飲するのは、「硬水」とのこと。単に水といっても、その役割は大きく異なり、洗濯や料理など分野によって使い分ける必要があるそうです。生徒も立ち会った教職員も通常では学べない知識に新鮮な気持ちとなりました。

DSC_0827 DSC_0808

水にその役割があるように、私たちにもそれぞれ特徴や向き不向きの分野があります。それを理解し、よりよい道に選択していくのは、私たち一人一人の意志となります。佐々木先生は、生徒たちに自らの適性を見極めることを研究を通して教えてくださいました。

DSC_0838

来週から夏休みに入ります。生徒たちには、この講演会を通して、自らの適性をよく考えてもらいたいですね。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集