H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 修学旅行最終日(関東東北コース・北海道コ …

2013年10月22日 修学旅行最終日(関東東北コース・北海道コース)

2つの地域を見分した関東・東北コースも最終日です。

最終日は、岩手県の平泉を見学しました。

平泉といえば、2011年6月26日にユネスコの世界文化遺産に登録された景観および史跡群です。

生徒たちは平安時代に繁栄した華やかな地方文化を神妙な面持ちで見学しました。

写真は「毛越寺」庭園。

中尊寺に向かう参道。そして中尊寺の前で記念撮影です。

「夏草や 兵どもが 夢の跡」 みなさんは誰だかわかりますよね?

現代の華やかさ(東京・横浜)、そして現代社会が抱える深刻な問題(東北南三陸)、古の人々が築き上げた文化(平泉)と、まさに「修学」にふさわしい5日間を送った関東・東北コースであったのではないでしょうか。

 

北海道コースの最終日は、大都市札幌から離れて、北海道の貿易港、「小樽」へ。

近代国家日本が作り出したこの町をみて、生徒たちはどのように感じたでしょうか。

平泉とは異なる古人が作り出した業績に尊敬の念を抱いたのだと思います。

自然と近代文化、そして美味しい海、山の幸を堪能した北海道修学旅行も無事に終了しました。

本日22日、2年生は代休日となっております。明日から再び元気な姿で登校してもらいたいと思います。

5日間、修学旅行4コースレポートにお付き合いいただきありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集