H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 普通科1年生対象「教育実習生体験発表会」 …

2014年06月13日 普通科1年生対象「教育実習生体験発表会」を開催しました。

本日、5・6時間目、普通科1年生を対象とした「教育実習生体験発表会」を開催しました。現在、実習生として本校に戻ってきている卒業生8人の発表を聞き、今後の高校生活に役立ててもらうことを目的としています。

DSC_0447

三浦康穂さん(尾道市立大学・芸術文化学部)は、高校時代に進路決定をする際に、その当時の自分にとって大切なものを考えたそうです。その結果、本が好きであることと、国語の先生に褒められるために国語を頑張っていることが頭に浮かび、進路を決定したそうです。

DSC_0425

佐古萌さん(エリザベト音楽大学・音楽学部)は、高校時代に進路決定をする際に、1度は親に反対された進路を話し合いの末、実現させたそうです。自分の心の底からやりたいことをやる際には、自分の進路決定に対し責任を負う覚悟が必要であることを学んだそうです。

DSC_0427

山路みさきさん(愛媛大学・法文)は、高校1年の中間試験でクラス最下位をとり、まずはクラスで1位になることを目標に置き、高校時代は、様々な勉強法を実践したそうです。部屋中に‘やることリスト’を貼り、できたものを剥がしたり、模試や問題集で間違えた問題を集めたノートを作ったりしたそうです。

卒業生体験発表を聞き終えた生徒たちが、卒業生のアドバイスを基に、充実した学校生活を送ってくれることを心から願うばかりです。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集