H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 文化祭2日目(11月17日)

2013年11月17日 文化祭2日目(11月17日)

11月17日、本校では文化祭2日目が開催されました。

前日に行われた合唱祭に引き続き、一般公開を兼ねた形で盛大に行われました。

毎年、多くの来場者が見込まれる本校文化祭。開催準備から、各クラス、およびクラブのテントではみんな忙しく準備をしていました。

 

 

写真は開催前に撮影した集合写真です。どの生徒も一様に気合が入っていますね。

 

開始時間9:00になると、校内に来場者の皆さんがどっと押し寄せてきました。

たくさんのお客様に対して、クラスで割り当てられた受付係の生徒は丁寧な応対でお迎えします。

屋外では、各クラスおよびクラブによる模擬店が設置されています。それぞれ個性あふれるの商品を販売し、来場してくださった方々に満足していただきました。

模擬店を実施する際、醍醐味となるのが「クラスTシャツ」

おそろいのTシャツを身にまとい、クラスの団結力を示します。毎年、クラスのカラーが随所にみられるデザインが観られました。

 

もう一つは、宣伝活動。一人でも多くのお客様に来店していただくため、宣伝のやり方も多種多様。

必死に頑張っていました。

次に校舎に目を向けてみましょう。

校舎には、本校生徒が様々な場で作成した展示物が数多く設置されていました。

まずは正面玄関で来場者の皆さんを迎えたのが、総合学科1年生「産業社会と人間」による体験学習。

本ホームページでも紹介しましたが、伝統工芸士の方の指導の下、お地蔵さんに金箔を貼る作業を体験したものを披露しました。

続いて2年生の展示。2年生は「世界遺産」をテーマに、世界遺産にまつわるモニュメントやクイズなど工夫を凝らした作品を用意していました。

 

 

 

今度は廊下に目を向けてみると、全学年のクラス旗を展示。来場者の皆さんへどこのクラス旗が印象的か、投票してもらいました。

展示物には、授業中、クラブ活動内作成した作品もありました。

写真は、家庭科部による服飾作品。生徒一人ひとりが手縫いで作成したドレス等が飾られています。

こちらは、書道の授業で書かれた作品。とてもきれいに書いていました。

そのほか、系列大学の国際学院大学の作品展も同時進行で行われました。

グラウンドでは、海田町民による「グラウンドゴルフ大会」も実施。日頃からお世話になっている地域住民の方々へ心を込めたおもてなしを教職員ならびに生徒で取り組ませていただきました。

最後に、体育館での行事です。

体育館では、昨日行われた合唱祭優秀クラスの発表、ならびに文化部や有志によるダンス発表会が開催されました。

写真は、吹奏楽部の演奏。県内でもトップクラスの演奏を多くの方々へ披露しました。

次の演目は、有志によるダンス発表。

趣向を凝らしたテーマで、観客に様々なジャンルのダンスを披露しました。高度な演技に、体育館からは黄色い声援がたびたび起こっていました。

続いて、本校普通科に在籍する豊嶋彩夏さんが「バトントワリング」を披露しました。

 

 

豊嶋さんは、なんと今年バトントワリングの日本代表選手。今年の世界選手権で第4位に入賞した実力者です。

三本のバトンを自由自在に操る姿に、観客は只々圧倒されていました。

華麗なるバトントワリングの後は、本校書道部によるパフォーマンス。

音楽に合わせて、様々な筆を用いての作品を手がけました。

一つ一つのシーンに部員も観客も神経を集中させていました。

 

最後は、軽音楽部による演奏。計9バンドの演奏が90分間行われました。

今年度は2日間にわたっての文化祭でしたが、盛況のうちに終えることができました。生徒の皆さんはお疲れ様でした。また、本校の文化祭に足を運んでいただきました来場者の皆様には感謝申し上げます。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集