H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 全国高等学校ビブリオバトル広島県大会に本 …

2022年11月13日 全国高等学校ビブリオバトル広島県大会に本校生徒が参加しました

11月13日(日)に本校にて、「全国高等学校ビブリオバトル広島県大会」が開催されました。

ビブリオバトルとは、知的書評合戦として多くの学校に親しまれています。

公式ルールは以下の4点です。

1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。

2. 順番に1人5分間で本を紹介する。

3. それぞれの発表の後に、参加者全員でその発表に関するディスカッションを2〜3分間行う。

4. 全ての発表が終了した後に、「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員が1人1票で行い、最多票を集めた本をチャンプ本とする。

 

コロナ禍で、近年広島県では地方大会は実施されず、今大会は3年ぶりに行われました。

今大会の発表者は15名。

それに加え、26名の高校生サポーターが本校に集結し、大会を支えてくれました。

開会に先立って、本校教頭から、今大会に参加してくれた発表者とサポーターに応援のあいさつをしてもらいました。

予選では本校の生徒が頑張って本の魅力を5分間語ってくれました。

 

結果はむなしくも予選敗退でしたが、他校の生徒さんや保護者、先生方の前で発表する機会はあまりないので、貴重な経験ができたのではないでしょうか。

また、本校からは大会を補助するサポーターとして2名の生徒も参加してくれました。

堂々とした司会で、決勝戦の司会を務めました。

 

決勝戦や結果発表を終え、ビブリオバトル実行委員会の顧問で広島大学副理事の難波先生から、一人一人講評をいただきました。

本校の生徒も、話し方や声のトーン、本の内容の伝え方など、丁寧にご教示いただきました。

また難波先生からは、デジタルの図書では味わえない深みを紙の図書からは学ぶことができ、「ビブリオバトルは本と人とをつなぐ場である」とお話しをいただきました。

 

本との出会いは一期一会です。

今回の大会で、読んでみたくなった本があると話していた生徒さんは多くいました。

ぜひたくさんの本に出会い、本を通して豊かな知識、感情を学んでほしいと思います。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集