H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 難関コース1~2年生対象 模擬裁判(本番 …

2022年09月30日 難関コース1~2年生対象 模擬裁判(本番)を実施しました!

9/29(木)に、難関コースの1年生と2年生がそれぞれ「模擬裁判」を行いました。(事前ガイダンスの様子は、9月5日の記事をご覧ください。)

今回の模擬裁判では、生徒が検察側・弁護側のグループにそれぞれ分かれ、事件のシナリオに基づいて、実際に裁判を行います。

これまで生徒たちは、膨大な資料を読み込み、グループ内で意見交換をして論点を整理してきました。模擬裁判の本番が近づくと、放課後まで残って作戦会議を重ねていました。必然的に集団討論をしていることになり、コミュニケーションが活発になっていました。

今日はいよいよ本番。これまでの準備の成果を発揮できるでしょうか!?

模擬裁判の本番では、本職の弁護士の方が裁判官役を務めてくださります。検察側・弁護側ともに、練りに練ってきた尋問をぶつけ、熱い討議となりました!今回の模擬裁判は競技方式でしたので、審査員の弁護士の方々が各チームの立論・立証内容を採点し、勝敗も決定しました。結果は、1年生は無罪判決、2年生は有罪判決となりました!笑

弁護士の方からは、裁判の争点をしっかりと見極めることができていたとご講評いただきました。一方で、足りない部分や間違いご指摘いただき、多くの学びを吸収できたと思います。生徒の皆さんは、短い期間の中での準備も大変だったと思います。今回の経験を通して生徒たちもさらに1ステップ成長できたことでしょう。本当にお疲れ様でした!

広島弁護士会の方々には事前の準備段階より、貴重なお時間を割いて模擬裁判の実施にご協力頂きました。厚く御礼申し上げます。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集