H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 2022年度体育祭を開催しました。

2022年06月22日 2022年度体育祭を開催しました。

6月21日、あいにくの梅雨空となった広島市内・・・。

じめじめとした外と異なり、広島市中区にあるグリーンアリーナでは、およそ1500名ほどの生徒、教職員達が、夏の到来を思わせるような熱気で、2022年度体育祭を実施しました。

2年前より、中止や延期を繰り返していた体育祭でしたが、今年度は従来通りのタイムスケジュールで実施できました。

実は、すべての生徒が本格的なKOKUSAIの体育祭を知らない・・・初の体験となりました。

応援の仕方、大規模な人数で競技に取り組む雰囲気など、おそらくこれまで経験したことのない、エネルギーに圧倒されていたと思います。

久方ぶりの体育祭ということもあり、生徒会を中心として特徴ある競技にも挑戦しました。一部紹介しましょう!

 

○全学年選抜対抗「ホールインワン」○

ホールインワンといえば、ゴルフの代名詞ともいえる得点ですが、そのゴルフプレーを団体戦化したものです。

生徒一人がゴルフクラブ(模造品)で、ボールを打ち、遠くに控えている生徒がキャッチして得点する・・・ボールの色やキャッチの仕方等で得点に変化を付け、各クラスで成績を競い合います。

「ナイスキャッチ!」

大きな声は出せませんが、良いプレーには割れんばかりの拍手が巻き起こりました!

 

○パワーフォース○

筋力自慢が互いに競い合う、某体育系番組の人気競技です。高校3年生男女それぞれが出場しました。競技者の腰をひもで縛り、互いに引っ張り合って勝敗を競います。周りに自らの力を披露できることもあり、競技者の目は真剣そのもの。勝者も敗者も輝いた良い顔をしていました!

○男子スウェーデンリレー○

第一走者から最終走者まで徐々に距離が伸びていく伝統的なリレー競技です。各クラスの走力自慢、持久力自慢が戦略を練って立ち向かいました。知略と体力の融合が限られた時間の中でぶつかり合いました。

その他の競技についても、これまでの伝統を引き継ぎ、大いに盛り上がりました。

学校生活は勉強は勿論のこと、仲間通しが互いに手を取り合い、喜び、感動、悔しさを分かち合うことも大切です。本日の取り組みが、生徒の皆さんにとって素晴らしい一時であったことを願っています。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集