H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 2021年度入学式を挙行いたしました。

2021年04月08日 2021年度入学式を挙行いたしました。

4月8日、薄曇りの早朝。僅かばかり残る冷気の中、期待と希望に心を熱くする新入生が続々と本校校舎に入っていきました。

本日、本校高等学校は410名の新入生を迎え、2021年度入学式を挙行しました。

大きく変化を遂げている教育界の動向。一方で、コロナウィルスによる制約された日常生活が未だ続いています。そのような中、自分にとっての充実した未来は何か、輝かしい将来をつかみ取るために、今から何を成すべきかが多くの生徒達に突きつけられた課題となっています。

新入生の皆さんは、激動の時代に高校生活を迎えることとなりましたが、様々な事物に触れ、素晴らしい3年間を送ってもらえればと思います。

 

さて、本日の様子を写真を通してダイジェストでお送りします。

 

まずは入学式前の様子です。もちろんのことですが、どの生徒もまだ不安と緊張感が姿からみてとれます。

誓いの言葉です

入学生を代表してG1-1の景山君が宣誓を行いました。

「小中学生頃と異なり、通学も、環境も大きく変わる高校生活となりますが、国際学院で国際社会に対する見識を深め、幅広い活躍ができる人材をめざしたい」

と力強く宣誓してくれました。

岡田隆治学校長からはウォルトディズニーの言葉(「すべての始まりが一匹のネズミだったということを」)を引用し、新入生の皆さんがこれから過ごしていく学校生活の中での「出会い」を大切にし、「出会いが皆さんの行動様式を変えていき、みなさんの人生を素晴らしいものにしていく」ことを式辞の中でお話しいただきました。

写真は担任紹介の様子です。本校には様々なカラーをもった個性的な先生方がいらっしゃいます。皆さんともに頑張っていきましょう!

入学式後のHRです。今は同じ空間にいる人ですが、1年後には「同じクラスにいる大切な仲間」へと変化すると思います。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!すばらしい国際学院での学校生活を送って下さい!

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集