H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 総合学科の特色授業(総合Ⅲ~栄養学)

2014年04月15日 総合学科の特色授業(総合Ⅲ~栄養学)

本日より、総合学科特有の科目である「総合Ⅲ」の授業が始まりました。

総合学科では、2年生になると、自らの希望や進路に応じた選択授業が展開されます。

本校では「総合Ⅲ」という呼び名で学習を行っておりますが、主に商業・情報・理科実験・栄養学の4つの授業を生徒が選ぶことができます。

今回は、4つの授業の中で、今年度より開講されました「栄養学」の授業を見学しました。以下にレポートします。

DSC_0003

「栄養学」の授業は、通常教科である家庭科の調理分野を特化させ、「人間の体に必要な栄養素とは何か?」・「成長期にある高校生年代において正しい食事の摂り方、効果的な燃焼のしかたはどのよなものか?」を基本テーマとして、実習を行います。

DSC_0004

おもには、スポーツ科学や栄養士系の分野に興味がある生徒が本講座を受講しています。

本日は、授業の始まりということもあり、授業オリエンテーションを実施。

DSC_0005

さらには簡単に調理できる、お菓子を2品作り、実習の流れを体感していきました。

実習で作製した料理は、「マドレーヌ」と「レモンプリン」です。

DSC_0021 DSC_0017

高校生年代にとって、炭水化物や脂肪、糖分は活動するために必須な栄養素となります。ただし、摂りすぎや栄養の偏りが生じると、肥満や成人病の原因にもつながります。そのことを踏まえながら、適度なエネルギーが摂取できるこの2品を作製したわけです。

DSC_0030

この授業は、一見、女子の受講者が多いと予想されがちですが、男子も多く参加しております。これからの男子は料理の知識も必要です。頑張ってマスターしてほしいですね。

DSC_0044

DSC_0007

 

初回の授業ということもあり、調理の方法に手間取る生徒もおりましたが、各受講者は協力しながら、実習を行うことができました。食べることで学ぶ「食育」という感覚をしっかりと学び、自らの進路につなげていってください。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集