H.K.G Press

広島国際学院高等学校 ホーム / H.K.G Press / 修学旅行3日目(海外組、台湾、ベトナムコ …

2019年10月17日 修学旅行3日目(海外組、台湾、ベトナムコース)

修学旅行海外組の3日目をお送りします。

台湾コース本日のメインは台北市内高級中学(日本でいう高校)と学校交流でした。

image1

最近の定番となってきた本校の国際交流事業。この日のために、本校生徒は練習した中国語のスピーチと空手の演武を披露し、現地の高校生に楽しんでもらいました。

一方、現地の高校生からはダンスやバンドの演奏で歓迎してもらいました。

異国の地とはいえ、同じ年齢、同じように夢をもった高校生たちです。言葉は違っても気持ちはしっかりと通じていたようでした。

image2

続いて一行は、日本でも大変有名な「十份」を訪れました。『千と千尋の神隠し』の舞台となった観光地です。狭い地にひしめき合う形で色とりどりの建物が並びます。街を歩くと、映画さながらの不思議な空間が漂っていました。

image6

image7

この十份で有名なことといえば、赤色のランタンを飛ばす体験ができます。願い事を書いて、空に飛ばすと成就する…そんないわれがある行事です。

image4

さて、生徒達はどんなことを書いたのでしょうか?写真を見るといろいろな思いを書いていますね。

image5

実は突如ゲリラ豪雨があったため、飛ばすことができないか…と思われましたが、何とか生徒達の願いが書かれたランタンは空高く飛ばすことが出来ました。これからの高校生活、そしてこれからの人生、願い事が叶いますように…

 

ベトナムコース3日目は、ベトナム戦争時に使われた地下トンネルのあるクチで平和学習を行いました。
移動時には活気あふれるベトナムの街並みとバイクの波を車窓から眺めました。

IMG_0202

高校生たちがまだ生まれていない頃…すなわち戦後の焼け野原から立ち上がって高度経済成長をけん引した…その頃の日本と同じ活気がこの国にあるといえます。

現地に到着した一行は、クチトンネルの事前学習で簡単な紹介映像を見ました。概要をしっかり把握してトンネルに臨みます。地下トンネルといっても、その中の大きさはとても狭い…アメリカ軍からの攻撃から身を守るため、地下には無数のトンネルが掘られていますが…本当に、当時の人達の苦労がにじみ出た構造でした。

IMG_0219

IMG_0263

IMG_0174

実はこの坑道内には、司令室、医務室、それぞれの居住スペースも作られていました。すごいとしか言いようが有りません。

また、ベトコン(アメリカ軍がベトナムの民兵たちを称した言葉です)が作成した落とし穴の復元で壮絶なゲリラ戦の内容に触れました。破壊された米軍の戦車も展示してありました。砲身が動くそうです。がんばれー

IMG_0253

しかしベトナムの人々の努力だけでなく、この戦争では枯葉剤という後に、ベトナムの人々を苦しめる環境問題も引き起こすことなったことも私たちは学ばなければなりません。戦争はいかなる理由があろうとも、後世に残すものは深い傷しかないのです…。

 

さて、次に一行が体験したのは地元大学生とのB&S研修です。大学生の案内の下で、ホーチミン市内を散策するというもの。生徒達が大学生に英語で恐々話しかけてみると、なんと日本語がペラペラ!
ホーチミンの師範学校(日本で言う教育学部)の生徒さんたちで日本語の勉強をしているそうです。トリリンガルだそう…すごいですね!

IMG_0286

IMG_0312

IMG_0313

写真はホーチミン市役所です。150年前のフランス統治時代の建築です。フランス統治時代は、「インドシナ」と呼ばれていたベトナムですが、いろいろな文化が融合しています。

IMG_0354

この交流の中で、女子生徒の皆さんはアオザイで市内観光しました。華やかな装いですね。これも海外修学旅行でしか経験できないことです。

IMG_0393

夕食はホテルにてベトナムフレンチ!ボリューミーでみんなお腹いっぱいでした!

IMG_0409

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集