H.K.G Press

2021年04月17日 1年生難関・特進・選抜進学コース対象 総合的探究「Frontier K」のオリエンテーションを行いました!

今年度、難関コースと特進コース、選抜進学コースの1年生は総合的探究「Frontier K」に取り組みます。様子を定期的に掲載していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

探究学習とは、生徒自らが課題を設定し、解決に向けて情報を収集・整理・分析したり、周囲と意見交換・協働したりしながら進めていく学習活動のことです。総合的探究「Frontier K」の時間では課題の設定から情報の収集をし、整理や分析したうえでまとめて表現をしていきます。

さて、4月17日(土)3・4限に第1回の総合的探究の時間を行いました。3限は鶴虎太郎メモリアルホールにてオリエンテーションを行いました。探究とはなにか、探究学習とはなにか、ということを生徒は真剣にメモを取りながら話を聞いていました。探究とはなにか、ということがわからなかった生徒も今回のオリエンテーションを通して理解したようです。

4限は教室に戻り、総合探究にむけた多角的な視野をもつために水平思考ゲームに挑戦しました。このゲームは問題出題者1人と回答者に分かれて、出題者はクイズを出し、回答者はYESかNOで答えられる質問を出題者にし、答えを推理していく、というゲームです。なぞなぞなどとは少し違い、アイデアが必要不可欠となります。答えを推理していく過程が今後探究学習に生かされていきます。

グループごとに話し合いを進め、答えを仮定してそれに合った質問をしていきました。どのグループも活発的に話し合うことができ、答えがわかった瞬間には爽快感を得たようです。次回からは与えられたテーマ、問いについて取り組み、協働学習と課題解決のプロセスを習得していきます。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

2021年04月15日 難関コース1年生対象 新入生学習法体得合宿を行っております!

入学式から1週間が過ぎた4月14日(水)より、難関コースの新入生学習法体得合宿が始まりました。

4月14日(水)〜16日(金)の2泊3日の日程で広島県呉市にある野呂山高原ロッジにて実施しています。 この合宿では、高校生として生活していく上でのマナーやルールについて考え、これから難関コースとして受験に向かっていくにあたっての勉強方法を体得します。

また、これから3年間をともに切磋琢磨していく仲間たちとの交流を深めるレクリエーション活動や、発表活動にも取り組みます。 1日目である14日(水)は、朝のSHR後に岡田校長より激励を頂き、出発しました。

1日目は、自己紹介や野外レク、レポート課題発表を行いました。 iPadを活用して、自己紹介資料を作成し全員で共有した上で自己紹介を行いました。 一人ひとりが自分のことをユーモアを交えながら工夫して伝えてくれ、お互いのことを知るきっかけになったようです。

 

これからもっともっと関わりあって、お互いのことを知り、理解していってもらえたらと思います。 野外レクでは、パイプラインゲームと長縄跳びを行いました。 長縄はまだまだこれから ということで、体育祭ではよりよい結果を目指してみたいですね。

美味しい夕食の時間はほっとひと息、安らぎの時間となったようです。

 

1日目の最後は、春休み課題の映画レポートについての発表です。 こちらもiPadを用いて発表資料を作成するところから行いました。 発表では、人に伝えようとする姿勢や工夫、そして熱が伝わってきました。 今後、発表の技術も磨いていったときどんなプレゼンテーションが出来るようになるのか今から楽しみになる発表でした。

2日目の午前は、スタディーサポート(模試)に取り組みます。 1日目から盛りだくさんでしたが、しっかり休んで体調に気をつけながら頑張りましょう。

ページの先頭へ戻る

2021年04月15日 『中国新聞』4月14日付の教育欄「新聞で磨く小論文」のコーナーに本校生徒の文章が掲載されました。

4月14日付『中国新聞』の教育欄「新聞で磨く小論文」のコーナーで本校3年生白濵美優さんの小論文が模範解答の一作品に選ばれました。

近年、発展が著しいAI技術の功罪について、多方面にわたる技術を的確に分析しつつ、未だ充実していない社会福祉の分野で高度な技術を有効活用できる取り組みをすべきことを明解に述べています。

白濵さんの文章は、新聞紙面ならびに中国新聞デジタルで見ることができます。

またデジタル版のみにも、本校3年生柳父涼実さんの文章が選出されています。

皆さん、小論文の書き方例として参考にしてみてください。

ページの先頭へ戻る

2021年04月13日 新入生オリエンテーション~オンラインクラブ紹介を実施しました(4月12日)

4月13日、高等学校1年生の生徒達は、クラブ紹介に臨みました。

本来なら直接クラブ生から話やその様子を披露してもらう時間となるのですが、今年度はオンライン形式での紹介となりました。

生徒達は各クラスで、プロジェクタに映し出される各クラブの様子をみて、高校3年間どのクラブに所属するかを思案していました。

紹介するクラブも新入生獲得のため、またクラブの魅力を伝えるために工夫された映像を作成していました。

今回は一部のクラブのみの紹介となりましたが、これから体験入部や入部説明会が行われていきます。

新入生の皆さんの青春か輝けるクラブがみつかるといいですね!

ページの先頭へ戻る

2021年04月09日 高等学校新入生オリエンテーション~生徒会入会式の様子を掲載しております。

本日より、新入生も国際生として学校生活を送ることとなりました。

とはいえ、まだ右も左も分からないことだらけの高校生活。今日1日は、学校の規則、行事、日常生活のあり方を学ぶ「オリエンテーション」を実施しました。

今回はその中でも、生徒会が主体となって新入生を歓迎する「生徒会入会式」の様子を紹介します。

本校は1500名程度の生徒が在籍する大規模校です。多様な生徒達が国際での学校生活を送っていますが、国際生としての自覚を意識し、みんなで盛り上がる学校にするために本校生徒会は活動しています。

生徒会の執行部を中心に、今日は学校のこと、ルール、学校に関する「うんちく」などを楽しく紹介してくれました。

生徒会なぞときクイズは、かの人気番組さながらの出来映え・・・新入生達は頭を悩ませながら考えていました。

多くの生徒をまとめる立場として活躍する生徒会執行部。その力や負担は大きなものです。新入生の皆さんも、ぜひ生徒会執行部に入り、学校をより楽しい場にしていきませんか?

ページの先頭へ戻る

2021年04月08日 2021年度入学式を挙行いたしました。

4月8日、薄曇りの早朝。僅かばかり残る冷気の中、期待と希望に心を熱くする新入生が続々と本校校舎に入っていきました。

本日、本校高等学校は410名の新入生を迎え、2021年度入学式を挙行しました。

大きく変化を遂げている教育界の動向。一方で、コロナウィルスによる制約された日常生活が未だ続いています。そのような中、自分にとっての充実した未来は何か、輝かしい将来をつかみ取るために、今から何を成すべきかが多くの生徒達に突きつけられた課題となっています。

新入生の皆さんは、激動の時代に高校生活を迎えることとなりましたが、様々な事物に触れ、素晴らしい3年間を送ってもらえればと思います。

 

さて、本日の様子を写真を通してダイジェストでお送りします。

 

まずは入学式前の様子です。もちろんのことですが、どの生徒もまだ不安と緊張感が姿からみてとれます。

誓いの言葉です

入学生を代表してG1-1の景山君が宣誓を行いました。

「小中学生頃と異なり、通学も、環境も大きく変わる高校生活となりますが、国際学院で国際社会に対する見識を深め、幅広い活躍ができる人材をめざしたい」

と力強く宣誓してくれました。

岡田隆治学校長からはウォルトディズニーの言葉(「すべての始まりが一匹のネズミだったということを」)を引用し、新入生の皆さんがこれから過ごしていく学校生活の中での「出会い」を大切にし、「出会いが皆さんの行動様式を変えていき、みなさんの人生を素晴らしいものにしていく」ことを式辞の中でお話しいただきました。

写真は担任紹介の様子です。本校には様々なカラーをもった個性的な先生方がいらっしゃいます。皆さんともに頑張っていきましょう!

入学式後のHRです。今は同じ空間にいる人ですが、1年後には「同じクラスにいる大切な仲間」へと変化すると思います。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!すばらしい国際学院での学校生活を送って下さい!

ページの先頭へ戻る

2021年04月07日 難関コース2年・特進コース2年・特進コース3年生希望者 対象 勉強合宿を行いました!

3月19日(金)~21日(日)(特進コース2年),3月26日(金)~28日(日)(難関コース2年・特進コース3年生希望者)の日程で広島県呉市にある野呂山高原ロッジにて勉強合宿を行いました。この合宿で勉強の仕方を体得し、集中力を身に付けます。

2泊3日、勉強漬けの合宿です。明けても暮れても勉強。こんなに勉強したことないという生徒もいました。コロナ禍のためアクリル板を利用し,二手に分かれて食事をとりました。食事の時は楽しくリラックスして過ごせていたようです。

ご飯をしっかり食べて、夕食後も勉強に励みました。眠い目をこすりながら22:30まで学習に取り組みました。また、自由参加で行う朝6時〜の早朝学習にも多くの生徒が参加しました。例年,朝から頑張れる生徒は最終的には結果を残しています。

この合宿を通して,集団生活や長時間学習の意味を理解し,皆岐路へと着きました。この合宿に参加した生徒の皆さんは何だか始業式から顔つきが違ったように思います。来たる大学受験へゆとりを持って迎えるように日々学び続けましょう。

 

ページの先頭へ戻る

2021年04月07日 2021年度1学期始業式を執り行いました。

4月7日、いよいよ本校も新しい1年を告げる「1学期始業式」の日がやってまいりました。

コロナウィルスの感染が未だ落ち着かない中ではありますが、少しずつ希望の一歩を踏みしめるかのように、生徒達は元気な姿で登校してきました。写真は新しい教室を1階エントランスで探す生徒の様子です。どこに所属になっているかドキドキの一瞬ですね。

本日は中学校1・2年生および高等学校2・3年生による始業式ということもあり、本校グラウンドで式典を行いました。

澄み切った青空の下、今年度より校長に就任しました岡田隆治先生から、今年度に向けた挨拶をいただきました。

「楽(ラク)せず楽(タノ)しい学校生活を送りましょう」と国際学院の学校目標を最初に掲げてくださった岡田校長先生。

なかなか思うような活動ができない日々を送っていますが、充実した学校生活を送るためには、何もしないで楽をするだけでは、将来は見えてきません。挑戦や積極的に行動することでみなさんにとって素晴らしい未来がみえてくるものです。校長先生の思いを胸に、みなさん輝かしい1年にしていきましょう。

始業式では、新しい出会いもありました。今年度からみなさんの教育活動にあたってくださる新任の先生方の紹介も行われました。新しい出会いから新たな発見や能力が見つかります。新任の先生方、どうぞ宜しくお願い致します。

明日は入学式。新しい生徒達が本校に入ってきます。賑やかな学校生活になっていくといいですね!

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集