部活BLOG

2022年07月26日 第70回中国高等学校選手権水泳競技大会に出場しました

7月22日(金)~24日(日)にひろしんビッグウェーブで開催されました第70回中国高等学校選手権水泳競技大会に水泳部の選手5名が出場しました。
今大会は令和4年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)中国予選会も兼ねています。

今年度は地元開催で141校689名参加の大会であるため、本校をはじめとする広島地区委員校の水泳部員が補助員として役務にあたってくれました。
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、一般来場は3年生選手の保護者1名ずつに制限され、ライブ中継が行われました。

6月25・26日に開催された広島県高等学校選手権水泳競技大会で8位以内に入賞した種目に出場した
国際学院チームの結果は、以下の通りです。

〈 個人 〉
男子100m平泳ぎ 第3位 木村将也(G3-8)  
男子200m平泳ぎ 第17位 木村将也(G3-8)
男子400m個人メドレー 第23位 西村 凌(G3-9)
男子200m個人メドレー 第26位 細川 幸暉(G1-9) 

〈 リレー 〉
男子4×100mフリーリレー 第17位(西村・細川・木村・栗栖)  
男子4×200mフリーリレー 第17位(西村・栗栖・濱本・細川)

木村将也くん(G3-8)が男子100m平泳ぎで第3位に入賞し、インターハイへの出場権を獲得しました。
水泳部の全国大会出場は実に16年ぶりのことで、木村くんは久々に快挙を達成してくれました。

木村くんは8月15日(月)~18日(木)に高知県くろしおアリーナで開催されるインターハイに出場し、
高校最後の全国大会で全力を出し切ってきます。
温かいご声援をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

2022年07月12日 第69回中国高等学校柔道大会の結果報告

2022年6月11日(土)~12日(日)に第69回中国高等学校柔道大会が広島県立体育館にて開催されました。本校柔道部は男子団体戦と男子個人戦に3名が出場しました。結果は男子団体戦第5位、男子個人戦60kg以下級第5位堀江峻平(G3-3)、男子団体戦の優秀選手は本間光征(G3-10)が選出されました。応援ありがとうございました。男子団体戦の目標は予選リーグ1位で決勝トーナメントに進出・第3位入賞が目標でしたが、決勝トーナメント一回戦で優勝した作陽高校に敗れました。個人戦では3名が出場予定でしたが、負傷欠場により2名の出場となりました。団体戦の結果詳細は下記を参照ください。個人戦の結果については本校柔道部Facebookの投稿を参照ください。また、ページへの「いいね」をお願いします。

先週のインターハイ予選で広島県2位、中国大会予選リーグ1位突破で第5位入賞、男子個人戦予選トーナメント1位→第5位入賞はいずれも私が監督を務めるようになってから初めての快挙でした。選手の頑張りに感謝するとともに敬意を表します。3年生は7月の金鷲旗が最後の団体戦となります。金鷲旗はオープン参加の全国大会です。応援よろしくお願いします。

男子団体予選リーグ第1試合
広島国際学院 2 0 岡山学芸館(岡山2位)
丹田(G2-7) 一本勝(裸絞) × 藤森
堀江(G3-3) 引分 平田
今村(G3-13) 引分 中山
堂々(G2-11) 引分 福岡
本間(G3-10) 一本勝(抑え込み) × 三宅

 

男子団体予選リーグ第2試合
広島国際学院 3 1 南陽工業(山口4位)
丹田(G2-7) 引分 柳井
堀江(G3-3) × 優勢勝(技有) 山崎
今村(G3-13) 優勢勝(技有) × 佐藤
堂々(G2-11) 一本勝(抑え込み) × 石丸
本間(G3-10) 一本勝(大内刈) × 田中

 

男子団体予選リーグ第3試合
広島国際学院 2 1 倉吉北(鳥取1位)
丹田(G2-7) 引分 山岡
堀江(G3-3) 優勢勝(技有) × 岩﨑
今村(G3-13) × 一本勝(片手絞) 村田
堂々(G2-11) 引分 山口
本間(G3-10) 優勢勝(技有) × 西畑

 

男子団体決勝トーナメント準々決勝
広島国際学院 0 5 作陽(岡山1位)
丹田(G2-7) × 一本勝(足車) 長内
有附(G2-11) × 一本勝(合技) 高橋
堂々(G2-11) × 一本勝(抑え込み) 西村
宮川(G3-13) × 一本勝(小内巻込) 竹内
本間(G3-10) × 一本勝(合技) 工藤

 

 

ページの先頭へ戻る

2022年07月12日 第75回広島県高等学校総合体育大会柔道競技の結果報告

2022年6月4日(土)~5日(日)に広島県立体育館で第75回広島県高等学校総合体育大会が開催されました。この大会は男女団体戦優勝チームと、男女個人戦各階級優勝者がインターハイへの出場権を獲得できる大会です。本校柔道部は全国大会出場を目標に設定しているため、チームの後期最大目標の大会として臨みました。出場種目は男子団体戦、男子個人戦12名、女子個人戦1名でした。目標は男子団体戦決勝進出、男子個人戦7階級中3階級で優勝でした。結果は、男子団体戦第2位、男子個人戦60kg級第3位堀江峻平(G3-3)、90kg級第3位丹田悠瑚(G2-7)でした。以上の結果から団体戦の目標を達成することができましたが、個人戦での全国大会出場を果たすことができませんでした。応援ありがとうございました。団体戦の結果詳細は下記を参照ください。個人戦の結果詳細は本校柔道部Facebookの投稿を参照ください。また、ページへの「いいね」をお願いします。

次の大会は6月11日(土)・12日(日)に開催される第69回中国高等学校柔道大会です。本校柔道部は男子団体戦と男子個人戦に3名が出場予定です。応援よろしくお願いします。

男子団体トーナメント一回戦
広島国際学院 5 0 桜が丘
丹田(G2-7) 一本勝(抑え込み) × 民谷
堀江(G3-3) 一本勝(合技) × サンチネリ
今村(G3-13) 一本勝(片手絞) × 亀高
堂々(G2-11) 一本勝(内股) × 千々和
本間(G3-10) 一本勝(大外刈) × 井上

 

男子団体トーナメント二回戦
広島国際学院 5 0 修道
丹田(G2-7) 一本勝(不戦勝) ×
堀江(G3-3) 一本勝(抑え込み) × 立野
今村(G3-13) 一本勝(背負投) × 佐藤
堂々(G2-11) 一本勝(内股) × 吉田
本間(G3-10) 一本勝(袖釣込腰) × 西川

 

男子団体トーナメント準決勝
広島国際学院 1 近大福山
丹田(G2-7) 引分 中田
堀江(G3-3) 引分 椋本
今村(G3-13) × 優勢勝(技有) 宮本
堂々(G2-11) 引分 田中
本間(G3-10) 一本勝(小内巻込) ×

 

男子団体トーナメント決勝
広島国際学院 0 5 崇徳
丹田(G2-7) × 一本勝(抑え込み) 田中
堀江(G3-3) × 一本勝(合技) 阿河
今村(G3-13) × 一本勝(小外掛) 三好
堂々(G2-11) × 一本勝(払腰) 宮本
本間(G3-10) × 一本勝(大外刈) 高原

 

 

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集