部活BLOG

2019年10月30日 残り19日

華・茶道部にとっての一大イベントである『文化祭』まで「19日」となりました。ここ2年間は部員数が少なかったのでいつも通りに開催できるのか懸念しておりましたが、1年生が5人入部してくれたお陰で、なんとか笑顔でお客様をお迎えできそうです。ただ、1年生は未経験者ということで、現在奮闘中です。当日はお見苦しいところがあるかもしれませんが、ご愛敬と言うことでお楽しみいただけたらと思います。11月17日は、2階作法室へ是非お越しください。

IMG_0087

お茶席会場となる全景です。

IMG_0082

当日はどのようなお軸とお花が生けられるのでしょうか。

ページの先頭へ戻る

2019年10月22日 第55回広島地区高校柔道新人大会の結果報告

10月5日(土)に広島県立体育館にて第55回広島地区高校柔道新人大会が開催されました。この大会は男子団体戦と女子階級別個人戦が行われました。男子団体戦は県新人へのシード権を決める大会です。本校柔道部からは男子団体戦に2チーム、女子個人戦に1名が出場しました。結果は男子Aチーム第3位、Bチーム決勝トーナメント一回戦敗退、女子個人戦52kg以下級新澤(G2-10)一回戦敗退でした。ご声援ありがとうございました。男子団体戦の結果の詳細は下記を参照ください。

次の試合は中国新人大会の出場権がかかる県新人です。10月26日(土)に県立体育館にて男女個人戦と男子団体二部予選リーグ、27日(日)に男女団体戦の全試合が行われます。本校柔道部からは男子団体戦一部に1チーム、二部に1チーム、男子個人戦に14名、女子個人戦に1名が出場予定です。応援よろしくお願いいたします。

男子Aチーム予選リーグ1試合目
広島国際学院 5 0 市工
山本(G2-9) 一本勝(大外刈) × 須藤
山口(S2-4) 一本勝(大外刈) × 坪島
後藤(G2-2) 一本勝(背負投) × 保田
兵頭(S2-4) 一本勝(大内刈) × 原田
島﨑(G2-6) 一本勝(不戦勝) ×

 

男子Aチーム予選リーグ2試合目
広島国際学院A 5 0 瀬戸内
山本(G2-9) 一本勝(払腰) × 成田
益村(S1-1) 一本勝(内股) ×
後藤(G2-2) 一本勝(背負投) × 藤田
島﨑(G2-6) 一本勝(体落) × 青木
神田(S2-1) 一本勝(不戦勝) ×

 

男子Aチーム予選リーグ3試合目
広島国際学院A 3 2 観音
益村(S1-1) × 一本勝(内股すかし) 中本
山口(S2-4) 一本勝(抑え込み) × 田澤
神田(S2-1) × 優勢勝(技有) 大森
島﨑(G2-6) 一本勝(内股) × 根平
兵頭(S2-4) 一本勝(抑え込み) × 阿波

 

男子Bチーム予選リーグ1試合目
広島国際学院B 0 4 崇徳A
中島(G1-7) 引分 境田
茶圓(G1-1) × 一本勝(抑え込み) 高原
長尾(S1-1) × 一本勝(大外刈)
杉本(G1-1) × 一本勝(指導3) 藤本
糸原(S1-2) × 一本勝(袖釣込腰) 阿河

 

男子Bチーム予選リーグ2試合目
広島国際学院B 3 0 工大高B
中島(G1-7) 一本勝(内股) × 益井
茶圓(G1-1) 一本勝(払腰) × 花家
青木(G1-6) 引分 鳴戸
杉本(G1-1) 一本勝(出足払) × 森江
糸原(S1-2) 引分 米田

 

男子予選リーグ1位・2位校決勝トーナメント準々決勝
広島国際学院A 3 0 広陵
山本(G2-9) 優勢勝(技有) × 吉田
山口(S2-4) 引分 宮本
神田(S2-1) 一本勝(大外刈) × 砂田
島﨑(G2-6) 一本勝(合技) × 松生
兵頭(S2-4) 引分 西坂

 

男子予選リーグ1位・2位校決勝トーナメント準々決勝
広島国際学院B 0 5 崇徳B
中島(G1-7) × 優勢勝(指導差2) 村戸
茶圓(G1-1) × 一本勝(内股) 小澤
長尾(S1-1) × 一本勝(合技) 新田
杉本(G1-1) × 一本勝(合技) 積田
糸原(S1-2) × 一本勝(背負投返し) 清水

 

男子予選リーグ1位・2位校決勝トーナメント準決勝
広島国際学院A 1 4 崇徳B
山本(G2-9) 一本勝(抑え込み) × 都市
山口(S2-4) × 優勢勝(指導差2) 小澤
益村(S1-1) × 一本勝(袖釣込腰) 清水
島﨑(G2-6) × 優勢勝(技有) 新田
神田(S2-1) × 優勢勝(技有) 小林

 

男子予選リーグ1位・2位校決勝トーナメント3位決定戦
広島国際学院A 2 1 工大高
山本(G2-9) 引分 尾﨑
山口(S2-4) 引分 八道
島﨑(G2-6) 優勢勝(指導差2) × 髙尾
兵頭(S2-4) × 優勢勝(技有) 澤岡
神田(S2-1) 一本勝(払腰) × 坂本

 

2019地区新人③_R

 

2019地区新人②_R

 

2019地区新人①_R

 

2019地区新人④_R

ページの先頭へ戻る

2019年10月20日 第7回中国高等学校新人水泳競技選手権大会に出場しました

P1010690

第7回中国高等学校新人水泳競技選手権大会が10月19日(土)・20日(日)に山口きらら博記念公園水泳プールで開催され、水泳部の生徒4名が出場しました。
各県大会で6位までに入賞した個人・チームが出場するハイレベルな大会に、本校の選手たちも気を引き締めて臨みました。

P1010680

中国新人大会の開催日は一昨年度から本校2年生の修学旅行終了日の翌日となっているため、2年生選手はコンディションが十分に整わない状態で出場しています。
1年生もまた中間考査終了直後の大会出場で、万全とは言い難い状況でした。
選手たちは開門直後のミーティングで監督からの指示を真剣に聞いて理解し、試合前のウォーミングアップで調整を行いました。

P1010678

P1010684

以下は出場選手の結果です。
個人種目は最大で30名出場しています。

男子50m自由形 第27位 植原 智也(G1-8)
女子200m自由形 第21位 平谷 春香(G2-7)
男子1500m自由形 第21位 細川 昌暉(G2-10)
女子400m個人メドレー 第11位 栗栖 歩美(G2-8)

この中国新人大会のように、心身の疲労がピークに達している状態でベストな結果を出すことは、選手たちにとって過酷な試練です。
しかし、どんなに困難な状況でも乗り越えられるよう、日頃の鍛錬を怠らずに取り組んでいます。
泳ぐ時は一人孤独な水泳選手は、常に自己の現実を見つめながら自分の限界と戦い続けています。
また、学校の枠を越えて同県の仲間を応援する、選手同士の絆の強さも見ることができました。

P1010706

選手たちは来シーズンに向けての課題を必ず克服する決意を固め、今年度の高体連主催の大会出場をすべて終了いたしました。
支えてくださいました保護者の皆様、温かいご声援をくださいました地域の皆様や校内外の先生方、今年度もお世話になり、ありがとうございました。

P1010708

ページの先頭へ戻る

2019年10月08日 国民体育大会で入賞しました

第74回国民体育大会が9月28日~10月8日の間行われました。
本校陸上競技部からは、3年生の栗林隼正君が広島県代表として出場しました。
8月に行われた全国選抜大会において300mHで4位入賞した栗林君は、今回少年男子A400mHに出場しました。

4日行われた予選では、同組にインターハイファイナリストも数名いましたが難なく1位通過。
そして翌日5日に行われた準決勝では51秒59という広島県高校歴代3位の好タイムで2位となり、決勝進出を果たしました。広島県勢で少年男子A400mH決勝進出者は初めてだそうです。

決勝では、上位入賞を目指し前半から積極的にレースを展開しましたが、終盤ハードルに足が合わず8位。

満足のいく結果になりませんでしたが、2試合連続で全国大会のファイナリストになった経験を自信に変え、来週末広島で行われますU 20日本選手権で今回以上の結果を目指します。

詳細結果は以下のサイトから見ることができます。
https://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1371/

栗林国体2

ページの先頭へ戻る

2019年10月03日 神無月最初の稽古

まだまだ残暑の厳しい日が続いていますが、いつの間にか10月です。華・茶道部の稽古は、もっぱら文化祭に向けたものになっていますが、1年生が「和親棚」でのお稽古の開始となりました。当日設える棚でのお稽古はドキドキだったようで、緊張した面もちで励んでいました。また、今までお稽古で取り組んでいた「御園棚」と少し点前手続きが違うところがあるので、間違える毎に「あー」と悲鳴をあげておりました。上級生はもちろん、1年生も文化祭に向けて日々頑張っておりますので、文化祭も含めて華・茶道部の活動を応援していただけたら幸いです。

IMG_0022

IMG_0024

IMG_0029

IMG_0033

IMG_0034

ページの先頭へ戻る

2019年10月02日 令和元年度広島県高等学校新人水泳競技大会に出場しました

9月28~29日に三次市の広島県立みよし公園プールで開催された令和元年度広島県高等学校新人水泳競技大会に、水泳部の生徒10名が出場しました。
3年生が引退し、新チームとなって初めての県大会出場で、試合に臨む選手の意気込みは並々ならぬものがありました。

本校水泳部は数年前から毎年、三次地区の高校水泳部とともに準備・片付けを担当しています。
今年度も早朝から会場入りし、選手控え場所の設置や区割りなどを例年通り手際良く行いました。
先輩たちの動きを見てきた1・2年生です。
委員の先生方から感謝の言葉をいただき、お役に立てたことを実感できました。

その後、プール開門時間まで会場内でミーティングを行いました。
P1010655

2日目はウォーミングアップの時間が短めということで、朝食前に宿舎近辺を散歩して体を温めました。
曇り空で霧が発生している中、早朝6時30分に宿舎を出発し、監督を先頭に市街地から馬洗川沿いの遊歩道に向かって歩きました。
P1010663

P1010664

何事にも前向きに、自分たちが出場する競技はもちろん応援も全力で、いつも通り真剣に取り組んだ結果、以下の種目で8位以内に入賞しました。

〈 個人 〉  
 男子800m自由形 第5位 細川 昌暉(G2-10)
 男子800m自由形 第8位 瀬戸 凱翔(G2-2)
 女子400m個人メドレー 第5位 栗栖 歩美(G2-8)  
 男子50m自由形 第5位 植原 智也(G1-8)
 男子200m背泳ぎ 第8位 黒瀬 拓晃(G1-10)
 女子200m自由形 第6位 平谷 春香(G2-7)
 女子200m自由形 第7位 松谷 柚希(G2-4)
 男子400m自由形 第7位 細川 昌暉(G2-10)
 男子100mバタフライ 第8位 住田 愛哉(S2-4)
 男子100m自由形 第8位 植原 智也(G1-8)
 
〈 リレー 〉 
 男子4×100mフリーリレー  第7位(植原・住田・細川・黒瀬)
 男子4×100mメドレーリレー 第8位(住田・瀬戸・細川・植原)
 女子4×200mフリーリレー  第7位(平谷・松谷・栗栖・森下)
 男子4×200mフリーリレー  第6位(住田・細川・瀬戸・植原)

4×200mフリーリレー以外の種目で6位以内に入賞した選手4名が、10月19日(土)・20日(日)に山口きらら博記念公園水泳プールで開催される第7回中国高等学校新人水泳競技選手権大会に出場します。

今年度の県高体連主催の県大会は、すべて終了しました。
生徒たちは来シーズンに向けてベストタイムを更新できるよう、これからも地道に練習を重ねていきます。
中国新人大会に出場する選手も気を引き締めて、今シーズン最後の中国高体連の試合でベストを尽くします。
今後とも温かいご声援をよろしくお願いいたします。

P1010675

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集