部活BLOG

広島国際学院高等学校 ホーム / 部活BLOG / 令和4年度広島県高等学校新人水泳競技大会 …

2022年09月26日 令和4年度広島県高等学校新人水泳競技大会に出場しました

9月24日(土)・25日(日)に三次市の電光石火みよしパーク屋内プールで開催されました令和4年度広島県高等学校新人水泳競技大会に、水泳部の生徒11名が出場しました。
県新人大会は3年前まで毎年三次市で開催されていましたが、近年は呉市で開催されていたため、実に3年ぶりの三次遠征となりました。
朝晩の気温が広島県南部より低く、選手たちは肌寒い空気の中で体調管理に注意を払いながら頑張っていました。

下は大会2日目、朝のミーティングの様子です。

新型コロナ対策のため、選手たちは時間差で会場入りし、ウォーミングアップを行いました。
今回も無観客試合のため、試合の様子はライブ中継され、保護者の皆様にも視聴していただきました。

以下は、入賞者の結果です。
上位6位までの選手・チームが岡山県倉敷市で開催される中国高等学校新人水泳競技大会に出場します。

〈 個人 〉
男子200m背泳ぎ 第4位 鶴田 琥太郎(G1-10)⇒ 中国大会出場
男子100m背泳ぎ 第7位 鶴田 琥太郎(G1-10)
女子400m個人メドレー 第6位 西本 流々菜(G2-5)⇒ 中国大会出場
女子200mバタフライ 第6位 中本 彩(G2-10)⇒ 中国大会出場
女子100m自由形 第6位 中田 徠花(G1-12)⇒ 中国大会出場

〈 リレー 〉 
男子4×200mフリーリレー 第5位(鶴田・米田・濱本・栗栖)
(中国新人大会で実施されない種目のため、出場なし)
  
〈 総合 〉男子総合 第12位  女子総合 第15位 

新チームとなって初めての県大会。
会場の準備担当校であることも国際学院の伝統で、歴代の先輩たちのテキパキとした動きを見てきた後輩たちに手際の良さが受け継がれています。
選手たちには苦労をかけていますが、他校の先生方から労いと感謝のお言葉をいただきつつ、選手たちは試合に出場できることに感謝しながら自分たちの泳ぎも全力全泳でベストを尽くしました。

この大会をもちまして、今年度の県高体連主催の大会出場はすべて終了となりました。
選手たちは新型コロナウイルスの感染予防に努めながら、来シーズンに向けて今後も地道に練習を続けていきます。
今年度も水泳部員の活動を支えてくださいました保護者の皆様、応援してくださいました地域の皆様、先生方、ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集