部活BLOG

2013年10月26日 本校軽音楽部が広島県高等学校総合文化祭~軽音楽部門~に出場しました

本校軽音楽部は、10月26日、「広島県高等学校総合文化祭~軽音楽部門~」に参加しました。

今年度より、本校が参加している「広島県軽音楽連盟」が高校文化連盟に加入したことをきっかけに、軽音楽部の各種大会が公的な形で開催できるようになりました。

本日は、およそ20校の高等学校から代表2バンド(1年生の部、2年生の部それぞれ1バンドずつ)が出場。日頃の腕を競い合う、白熱した演奏が繰り広げられました。

本校からは、1年生の部から「empire」が出場。

個性的なパフォーマンスで会場を沸かせる中洲君と女子生徒3人(野々内さん、柴崎さん、西山さん)で編成されています。

彼らは、なんと今大会のトップバッターとして出場!緊張感がある中、持ち前の明るさで会場を湧き立たせました。

 

 

 

ドラムの柴崎さんは、発熱がある中でチームを支えました。今後の活躍が楽しみです!

 

一方、2年の部からは「AIBEE」が出場。

女子生徒6人のガールズバンド(井上さん、堀田さん、清平さん、坂本さん、堀尾さん、竹下さん)で編成されたチームは、洋楽のAvril Ramona Lavigne(アブリル ラヴィーン)の曲に挑戦。

 

 

 

普段慣れ親しんだJ-popとは違う雰囲気に苦心しましたが、一生懸命熱演しました。

本校文化祭でも、みなさんの前で披露予定ということです。期待しましょう!

 

さて、本大会は出場バンドのみならず、裏方スタッフとして活躍した生徒も数多くおります。

単に演奏するだけでなく、演奏を引き立たせるための音響、司会、照明、誘導、受付も大切な役割となっていきます。

 

 

出演バンドではない生徒も一生懸命に、今日1日活躍していました。活躍した生徒の様子です(照明、誘導、受付は写真がありません。申し訳ございません)

熱戦を繰り広げた総合文化祭でしたが、今回は惜しくも入賞することはできませんでした。次の年、1・2年生は再び大会にチャレンジすることができます。それまでにしっかり腕を磨いて、頑張ってもらいたいですね!

ページの先頭へ戻る

2013年04月21日 本校軽音楽部は「広島県中学高等学校軽音楽連盟」主催「総会兼新入生歓迎ライブ」に参加しました。

4月21日、本校軽音楽部は「広島県中学高等学校こう軽音楽連盟」主催による「総会」ならびに「新入生歓迎ライブ」(場所:青少年センター)に参加しました。

 

昨年度から、正式に「広島県高等学校文化連盟(通称:高文連)」に加盟し、活動の幅が広がった軽音楽連盟。

今年度から、高等学校軽音楽部対抗の全国大会も開催予定とあって、多くの軽音楽部の部員が集まり、本校も新入生を含めたおよそ60名ほどの部員が本会に臨みました。

 

今回は、4月に入学し、軽音楽部に入部した新入生のみなさんに、軽音楽部の活動を理解してもらうこと。また、先輩方の活動をじかに観て、感じてもらうことを目的とした行事となっています。

本校からは、新入生の前で2年生バンドが自慢の腕前を披露しました。

 

今年の新入生歓迎ライブは、例年に比べ、どの学校もレベルの高い演奏を披露。演奏が終わると、観客から歓声とどよめきが何度も聞かれるほど、完成された曲が聴かれました。

本校もレベルの高い学校に負けじと、それぞれ5分間熱演!

 

ベースのテクニックを随所に聴かせる曲や、ライブでは挑戦するバンドが少ない、バラード系の曲を観客に聴かせました。

 

どちらのバンドも大きな拍手と声援が飛ぶよいものとなりました。

今年度も軽音楽部は学校内外と、積極的に活動していきます。

新入生のみなさんにも大きな期待を寄せたいと思います。頑張ってください。

ページの先頭へ戻る

2013年01月13日 本校軽音楽部1年生が他校との交流演奏会に参加しました

1月12日、本校軽音楽部の1年生は、修道中学高等学校で開催された演奏会に出演しました。

この演奏会は、「他校との演奏交流を通して、バンド技術を高める」ことを目的として、修道中学高等学校の音楽班(本校でいう軽音楽部にあたります)の皆さんが企画したものです。今回の演奏会には、本校のほか、舟入高等学校の軽音楽部の皆さんも参加しました。

本校は、部活動を初めてまだ日が浅い1年生ではありましたが、少しでも様々な場で演奏経験をさせたいこともあり、2バンドが果敢に挑戦しました。

 

修道、舟入ともに広島県の軽音楽では、かなりの実力をもった生徒が多くいます。参加したバンドは、どこも相当な実力をもったところばかり…

 

本校の生徒も2校の実力を実感しつつも、自分たちが持っている力を十分に発揮して演奏に臨みました。

 

今年度も軽音楽部は、様々な行事に参加し、腕を磨いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

2012年11月06日 本校軽音楽部が第一回広島県高等学校総合文化祭軽音楽部門に参加しました

本校軽音楽部は11月3日、広島県高等学校総合文化祭の軽音楽部門に参加しました。

今年度より、「広島県高等学校軽音楽連盟」は正式に高等学校文化連盟に加入し、これまで行われてきた軽音楽部の大会が、高等学校総合文化祭の一分野として執り行われることとなりました。

正式団体として認められて初めてのバンド大会となった今回。本校から1年生・2年生の代表バンドが他校バンドとの演奏を競いあいました。

1年生バンドにとっては初の大舞台。大観衆の中での演奏ということもあり、緊張があったと思います。しかし、自分たちの演奏を十分に出そうと一生懸命努力していました。

 

2年生になると、落ち着きの中にも他バンドとは違う味を出そうと演奏技術にも様々な工夫が。聴衆を魅了する余裕すら感じられる演奏でした。

 

広島県の腕に覚えがあるバンドが多く出た今回の大会。残念ながら賞に入ることはできませんでしたが、堂々たる演奏を各バンドできていたと思います。今回の課題を糧に次回も頑張ってもらいたいものです。

ページの先頭へ戻る

2012年09月29日 9月30日18:00~本校軽音楽部生徒がNHK番組「スクールライブショー」に出演します

この度、本校軽音楽部所属の総合学科3年1組、柴崎大河君が、18:00~放映されるNHK Eテレ 「スクールライブショー」に出演します。

 

柴崎君は、本校軽音楽部部長として活躍する傍ら、学外ではCriminal BunnyGirlというバンドで、ドラムを担当し、広島県内で活動中。高校生年代のバンド大会では、全国大会へ進出の経験がある実力の持ち主です。

この度の番組も、全国から応募があったバンドの中から選出され、出演が決定しました。

是非、30日の夕方は、テレビで柴崎君の卓越したドラム演奏をご覧になってください。

なお、「スクールライブショー」のURLは、http://www.nhk.or.jp/sls/ です。

ページの先頭へ戻る

2012年05月01日 4月30日「広島県軽音楽連盟総会ならびに新入生歓迎ライブ」に参加しました

4月30日、本校軽音楽部は、南区民文化センターで行われた「軽音楽連盟総会ならびに新入生歓迎ライブ」に参加しました。昨年に引き続き2度目の参加となります。

「軽音楽部のイメージアップを図ること」そして「音楽を通して、加盟校ならびに多くの人に共感してもらう活動を行う」2つの目標を掲げ、広島県軽音楽連盟は活動を行っています。本校もその一員として、今年も決意を述べました。

壇上でしっかりとアピールをしてくれたのは、部長の柴崎大河君です。ドラマーとして、卓越した技術を持つ柴崎君は、学校紹介でも堂々と本校のアピールをしてくれました。

さて、午後からは各校の代表バンドが出演し、新入生への歓迎ライブを行いました。今年度は趣向を変え、各校対抗バンド合戦という形で開催。どのバンドも学校の威信をかけて熱演しました。

本校からは、2年生バンドの”Tear Drops”と2・3年生バンドの”BLUE R☆SE”が登場。多くの聴衆が見守る中、他校に負けない演奏をしてくれました。終了後は、惜しみない拍手と歓声をもらっていました。

 

  

 

最終結果は、”Tear Drops”がオーディエンス賞を受賞!観客からの多くの支持を受けることができました。

新しいスタートを切った軽音楽部ですが、今年も多くの人に感動と共感を与えられるクラブとして活動していきます。よろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る

2011年08月08日 「広島県中学高等学校軽音楽連盟主催P-Summer Live’11に参加しました」

8月6日、本校軽音楽部は南区民文化センターで行なわれた「P-Summer Live’11(第7回広島県高校対抗バンド合戦)」に出場しました。
本大会は、軽音楽連盟に加盟する広島県内の高校より代表バンドを選出し、学校の名を背負って日頃の成果を競う大会です。各バンドは、オリジナル曲・コピー曲の計2曲を演奏。特にオリジナル曲には、平和をテーマにした規定があり、各校とも平和に対する思いを聴衆に向けて熱演をしてくれました。
さて本校軽音楽部からは、クラブ内の精鋭2バンドが出場!
 
トップバッターは、1・2年生を主体としたバンド「Blue Rose」が登場。他バンドにはみられない、ソロキーボードやコンピュータミュージックを取り入れた演奏で観客を騒然とさせました!
 
彼らのバンド名である「Blue Rose」は、これまで不可能とされた青いバラが、人類の英知で実現されたことにあやかり、「不可能を可能にさせる」テーマをもって活動しています。今回のオリジナル曲でも、全世界の平和を音楽の力を通して、可能にしていこうとする彼らの想いが伝わるものでした。
2バンド目は、2・3年生で構成された「B#G Feign」
「Blue Rose」とは異なり、ボーカル・ギター・ベース・ドラムそれぞれの楽器を卓越した演奏技術で大人の演奏をしてくれました。多くの人が緊張するはずの大きな舞台で、場の雰囲気を自分のものにするパフォーマンスは、聴衆を魅了には十分だったと思います。
  
 
加盟校18校、計23のバンドが6時間もの長丁場をやり遂げました。そして大会最後には、運命の結果発表が…!!
なんと出場した本校2バンドは、どちらも大変名誉な賞をいただきました!
〇Blue Rose…オーディエンス賞(観客の投票によって最も得票数が多かったバンドに与えられます)
〇B#G Feign…ドラム部門、最優秀技能賞(各楽器で最も演奏技術が優れていた個人に与えられます)
そして、審査員の評価により本校は23バンド中第2位に該当する「優秀学校賞」にも選出されました。
初出場ながら、素晴らしい評価を得られたことは、今後の活動に大きな刺激になると思います。
今後も、さらに上を目指して頑張っていきたいと思います。ぜひ応援を宜しくお願いします!

ページの先頭へ戻る

2011年05月06日 5月1日「広島県中学高等学校軽音楽連盟総会&新入生歓迎ライブに参加しました」

昨年度より本校軽音楽部は、広島県中学高等学校軽音楽連盟に加入し、「演奏技術の向上」と「自らの音楽観を高める」活動を実践しています。
5月1日、南区民文化センターで行われた「軽音楽連盟総会ならびに新入生歓迎ライブ」は本校軽音楽部の新たな出発点となりました。
当日午前中は、軽音楽連盟会長の田原俊典先生(修道中学高等学校校長)より挨拶が、続いて連盟執行部から今年度の取り組みと、各校軽音楽部が連携し、多くの人に感動・共感を得てもらう活動を積極的に行うことが宣言されました。
各校紹介では、本校部長の宇根越彩花さんが壇上で本校軽音楽部のアピールを行いました。
午後からは各校の代表バンドが出演し、新入生への歓迎ライブを行いました。音楽ジャンルも技術も異なるライブの中で、本校軽音楽部からも2バンド出場!
2バンドともに、他校に負けず劣らず卓越した演奏で聴衆を魅了!普段立つことができない大舞台で堂々たる演奏でした。

高校生活は新しい自分の可能性に出会える場所です。軽音楽部で自らの可能性を見つけ出したい人間がたくさんおります。今後も演奏技術を磨くと共に、みなさんに評価してもらえる活動をしていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集