部活BLOG

2022年09月22日 第54回呉地区柔道大会の結果報告

2022年9月18日(日)シシンヨーオークアリーナにて第54回呉地区柔道大会が開催されました。この大会は高校生だけでなく、幼年の部から大人まで出場できる大会です。本校柔道部は高校の部の男子団体戦と男子個人戦に出場しました。結果は、男子団体戦優勝。男子個人戦の入賞者は、高校3年男子有段の部第1位今村(G3-13)、高校2年男子有段の部第1位丹田(G2-7)、第3位堂々(G2-11)、高校1年男子有段の部第1位福地(G1-6)、第3位長谷川(G1-10)、高校男子段外の部第3位沖野(G1-5)でした。応援ありがとうございました。団体戦の試合結果の詳細は下記を参照ください。

次の大会は10月1日(土)に広島県立体育館にて開催予定の広島地区新人大会です。本校柔道部は男子団体戦と女子個人戦に出場予定です。応援よろしくお願いします。

 

男子団体決勝トーナメント準決勝
広島国際学院 4 0 呉商業
有附(G2-11) 一本勝(不戦勝) ×
杉本(G1-7) 引分 川端
丹田(G2-7) 一本勝(合技) × 中村
福地(G1-6) 一本勝(体落) × 岡野
堂々(G2-11) 一本勝(小外掛) × 酒井

 

男子団体決勝トーナメント決勝
広島国際学院 5 0 里庄柔道教室
有附(G2-11) 優勢勝(技有) × 藤井
杉本(G1-7) 一本勝(払腰) × 坂田
丹田(G2-7) 一本勝(抑え込み) × 應本
福地(G1-6) 一本勝(合技) × 木内
堂々(G2-11) 一本勝(大内刈) × 岡本

 

ページの先頭へ戻る

2022年09月22日 第70回広島県高等学校柔道大会の結果報告

2022年9月3日(土)・4日(日)第70回広島県高等学校柔道大会が福山市総合体育館にて開催されました。今大会は3年生まで出場できる大会です。新型コロナウイルスの影響を受けて、3年ぶりの開催となりました。競技は男女団体戦が点取り方式で行われました。本校柔道部は男子団体戦と女子団体戦に工大高と合同チームで出場しました。3年生は受験に向けて出場せず、1・2年生チームで臨みました。

結果は、男子団体戦初優勝。女子団体戦第3位入賞でした。応援ありがとうございました。この大会で得た課題を、10月の新人戦に向けて改善していきます。結果の詳細は以下の通りです。

男子団体予選リーグ第1試合
広島国際学院 5 0 修道・県工
有附(G2-11) 一本勝(内股) × 松下
福地(G1-6) 一本勝(合技) × 中谷
向井(G1-9) 一本勝(払腰) × 西川
丹田(G2-7) 一本勝(小外掛) × 古賀
堂々(G2-11) 一本勝(抑え込み) × 徳岳

 

男子団体予選リーグ第2試合
広島国際学院 4 1 黒瀬
有附(G2-11) 優勢勝(技有) × 沖廣
福地(G1-6) 一本勝(内股) × 豊岡
向井(G1-9) 一本勝(袖釣込腰) × 川光
丹田(G2-7) × 一本勝(内股) 宮下剛
堂々(G2-11) 一本勝(大外刈) × 宮下航

 

男子団体決勝リーグ第1試合
広島国際学院 4 0 工大高
有附(G2-11) 僅差勝(指導差2) × 藤原
福地(G1-6) 一本勝(合技) × 大野
向井(G1-9) 一本勝(合技) × 花家
丹田(G2-7) 一本勝(払腰) × 村上
堂々(G2-11) 引分 石田

 

男子団体決勝リーグ第2試合
広島国際学院 3 1 広陵
杉本(G1-7) 一本勝(不戦勝) ×
福地(G1-6) 一本勝(抑え込み) × 宝神
有附(G2-11) 反則勝(指導3) × 宮本
向井(G1-9) 引分 藤田
丹田(G2-7) × 一本勝(合技) 大下

 

女子団体リーグ第1試合
小林(G1-2) × 一本勝(小外掛) 宮川(沼田B)

 

女子団体リーグ第2試合
小林(G1-2) × 一本勝(合技) 中川(広陵)

 

 

ページの先頭へ戻る

2022年07月12日 第69回中国高等学校柔道大会の結果報告

2022年6月11日(土)~12日(日)に第69回中国高等学校柔道大会が広島県立体育館にて開催されました。本校柔道部は男子団体戦と男子個人戦に3名が出場しました。結果は男子団体戦第5位、男子個人戦60kg以下級第5位堀江峻平(G3-3)、男子団体戦の優秀選手は本間光征(G3-10)が選出されました。応援ありがとうございました。男子団体戦の目標は予選リーグ1位で決勝トーナメントに進出・第3位入賞が目標でしたが、決勝トーナメント一回戦で優勝した作陽高校に敗れました。個人戦では3名が出場予定でしたが、負傷欠場により2名の出場となりました。団体戦の結果詳細は下記を参照ください。個人戦の結果については本校柔道部Facebookの投稿を参照ください。また、ページへの「いいね」をお願いします。

先週のインターハイ予選で広島県2位、中国大会予選リーグ1位突破で第5位入賞、男子個人戦予選トーナメント1位→第5位入賞はいずれも私が監督を務めるようになってから初めての快挙でした。選手の頑張りに感謝するとともに敬意を表します。3年生は7月の金鷲旗が最後の団体戦となります。金鷲旗はオープン参加の全国大会です。応援よろしくお願いします。

男子団体予選リーグ第1試合
広島国際学院 2 0 岡山学芸館(岡山2位)
丹田(G2-7) 一本勝(裸絞) × 藤森
堀江(G3-3) 引分 平田
今村(G3-13) 引分 中山
堂々(G2-11) 引分 福岡
本間(G3-10) 一本勝(抑え込み) × 三宅

 

男子団体予選リーグ第2試合
広島国際学院 3 1 南陽工業(山口4位)
丹田(G2-7) 引分 柳井
堀江(G3-3) × 優勢勝(技有) 山崎
今村(G3-13) 優勢勝(技有) × 佐藤
堂々(G2-11) 一本勝(抑え込み) × 石丸
本間(G3-10) 一本勝(大内刈) × 田中

 

男子団体予選リーグ第3試合
広島国際学院 2 1 倉吉北(鳥取1位)
丹田(G2-7) 引分 山岡
堀江(G3-3) 優勢勝(技有) × 岩﨑
今村(G3-13) × 一本勝(片手絞) 村田
堂々(G2-11) 引分 山口
本間(G3-10) 優勢勝(技有) × 西畑

 

男子団体決勝トーナメント準々決勝
広島国際学院 0 5 作陽(岡山1位)
丹田(G2-7) × 一本勝(足車) 長内
有附(G2-11) × 一本勝(合技) 高橋
堂々(G2-11) × 一本勝(抑え込み) 西村
宮川(G3-13) × 一本勝(小内巻込) 竹内
本間(G3-10) × 一本勝(合技) 工藤

 

 

ページの先頭へ戻る

2022年07月12日 第75回広島県高等学校総合体育大会柔道競技の結果報告

2022年6月4日(土)~5日(日)に広島県立体育館で第75回広島県高等学校総合体育大会が開催されました。この大会は男女団体戦優勝チームと、男女個人戦各階級優勝者がインターハイへの出場権を獲得できる大会です。本校柔道部は全国大会出場を目標に設定しているため、チームの後期最大目標の大会として臨みました。出場種目は男子団体戦、男子個人戦12名、女子個人戦1名でした。目標は男子団体戦決勝進出、男子個人戦7階級中3階級で優勝でした。結果は、男子団体戦第2位、男子個人戦60kg級第3位堀江峻平(G3-3)、90kg級第3位丹田悠瑚(G2-7)でした。以上の結果から団体戦の目標を達成することができましたが、個人戦での全国大会出場を果たすことができませんでした。応援ありがとうございました。団体戦の結果詳細は下記を参照ください。個人戦の結果詳細は本校柔道部Facebookの投稿を参照ください。また、ページへの「いいね」をお願いします。

次の大会は6月11日(土)・12日(日)に開催される第69回中国高等学校柔道大会です。本校柔道部は男子団体戦と男子個人戦に3名が出場予定です。応援よろしくお願いします。

男子団体トーナメント一回戦
広島国際学院 5 0 桜が丘
丹田(G2-7) 一本勝(抑え込み) × 民谷
堀江(G3-3) 一本勝(合技) × サンチネリ
今村(G3-13) 一本勝(片手絞) × 亀高
堂々(G2-11) 一本勝(内股) × 千々和
本間(G3-10) 一本勝(大外刈) × 井上

 

男子団体トーナメント二回戦
広島国際学院 5 0 修道
丹田(G2-7) 一本勝(不戦勝) ×
堀江(G3-3) 一本勝(抑え込み) × 立野
今村(G3-13) 一本勝(背負投) × 佐藤
堂々(G2-11) 一本勝(内股) × 吉田
本間(G3-10) 一本勝(袖釣込腰) × 西川

 

男子団体トーナメント準決勝
広島国際学院 1 近大福山
丹田(G2-7) 引分 中田
堀江(G3-3) 引分 椋本
今村(G3-13) × 優勢勝(技有) 宮本
堂々(G2-11) 引分 田中
本間(G3-10) 一本勝(小内巻込) ×

 

男子団体トーナメント決勝
広島国際学院 0 5 崇徳
丹田(G2-7) × 一本勝(抑え込み) 田中
堀江(G3-3) × 一本勝(合技) 阿河
今村(G3-13) × 一本勝(小外掛) 三好
堂々(G2-11) × 一本勝(払腰) 宮本
本間(G3-10) × 一本勝(大外刈) 高原

 

 

ページの先頭へ戻る

2022年04月25日 第69回中国高等学校柔道大会広島県予選会の結果報告

2022年4月23日(土9・24日(日)広島市マエダハウジング東区スポーツセンターにて第69回中国高等学校柔道大会広島県予選会が開催されました。この大会は男子団体戦上位5校、女子団体戦上位4校、男子個人戦各階級上位4名、女子個人戦上位3名が中国大会への出場権を獲得する大会です。

本校柔道部からは男子団体戦と男子個人戦に10名が出場しました。結果は男子団体戦広島県3位で5年連続の中国大会出場。男子個人戦では60kg以下級1位の堀江峻平(G3-3)、90kg以下級4位の丹田悠瑚(G2-7)の2名が中国大会への出場権を獲得しました。応援ありがとうございました。

チームの目標は男子団体戦2位、個人戦で5階級での出場でした。残念ながら目標を達成することはできませんでした。今回の反省を県総体(6月4日・5日)、中国大会(6月11日・12日)に活かしていきたいと思います。男女団体戦の上位入賞校、男女個人戦のトーナメントの勝ち上がりは本校柔道部のFacebookに掲載しております。そちらも参照ください。

男子団体予選トーナメント準決勝
広島国際学院 4 1 黒瀬
丹田(G2-7) 一本勝(合技) × 原田
有附(G2-11) 一本勝(合技) × 沖廣
堂々(G2-11) 引分 宮下航
宮川(G3-13) × 優勢勝(技有) 横島
本間(G3-10) 一本勝(合技) × 宮下剛

 

男子団体予選トーナメント決勝
広島国際学院 3 1 如水館
丹田(G2-7) 一本勝(不戦勝) ×
有附(G2-11) 引分 小澤
堂々(G2-11) 一本勝(合技) × 村上
宮川(G3-13) × 一本勝(合技) 井口
本間(G3-10) 一本勝(合技) × 峯松

 

男子団体決勝リーグ第1試合
広島国際学院 0 5 崇徳
丹田(G2-7) × 一本勝(合技) 阿河
有附(G2-11) × 一本勝(払巻込) 中濱
堂々(G2-11) × 一本勝(内股) 三好
宮川(G3-13) × 一本勝(支釣込足) 寺本
本間(G3-10) × 一本勝(大外刈) 中祖

 

男子団体決勝リーグ第2試合
広島国際学院 4 1 広陵
丹田(G2-7) 一本勝(合技) × 宮本
有附(G2-11) 優勢勝(技有) × 藤田
堂々(G2-11) × 一本勝(袖釣込腰) 大下
今村(G3-13) 一本勝(袖釣込腰) × 佐藤
本間(G3-10) 一本勝(不戦勝) ×

 

男子団体決勝リーグ第3試合
広島国際学院 1 4 近大福山
丹田(G2-7) × 優勢勝(技有) 宮本陽
有附(G2-11) × 僅差勝(指導2) 宮本侑
堀江(G3-3) × 一本勝(内股) 中田
今村(G3-13) × 一本勝(内股) 田中
本間(G3-10) 優勢勝(技有) ×

 

ページの先頭へ戻る

2022年04月01日 第35回ますらお旗争奪高校柔道大会の結果報告

2022年3月31日(木)大阪府堺市立大浜体育館にて上記大会が開催されました。この大会は国士館大学柔道部を卒業した指導者の先生方が中心で運営している大会で、全国から強豪校が集うレベルの高い大会です。今年度は昨年インターハイ優勝校の木更津総合高校(千葉県)、国士館高校(東京)、埼玉栄高校、作陽高校(岡山県)がベスト4に入賞しました。優勝は2年連続で埼玉栄高校でした。

本校柔道部は予選リーグで大阪府2位で全国高校選手権大会に出場した大阪商業大学高校と熊本県2位の鎮西高校と対戦しました。結果は0勝2敗で予選リーグ敗退となりました。大商大高とは大将戦まで勝敗が決まらない互角の戦いをすることができました。鎮西高校は優勝した埼玉栄高校とベスト8で対戦し、2-3と接戦で惜しくも敗れた力のあるチームでした。今大会での学びを6月のインターハイ予選に活かします。応援ありがとうございました。

男子団体予選リーグ一試合目
広島国際学院 1 3 大商大高(大阪)
堀江 × 一本勝(合技) 藤原
今村(G2-13) 引分 中條
堂々 一本勝(抑え込み) × 橋詰
丹田 × 優勢勝(技有) 山口
本間 × 優勢勝(技有) 佐々木

 

男子団体予選リーグ二試合目
広島国際学院 1 4 鎮西(熊本)
本間 × 一本勝(合技) 宮崎
今村 × 一本勝(合技) 伊藤
有附 一本勝(反則) × 冨丸
丹田 × 一本勝(合技) 東家
堂々 × 一本勝(小外刈) 香本

 

ページの先頭へ戻る

2022年03月24日 第44回全国高等学校柔道選手権大会の結果報告

2022年3月20日(日)東京と日本武道館で第44回全国高等学校柔道選手権大会が開催されました。本校柔道部からは広島県代表として男子個人60kg以下級に堀江峻平(G2-3)が出場しました。

結果は初戦で北海道代表の選手に敗退でした。今回、全国大会出場にあたり学校関係者をはじめとして、たくさんの方に応援いただきました。ありがとうございました。また、コロナ禍のなかで大会を開催するにあたり尽力してくださった大会関係者のみなさまとスタッフの方々に感謝いたします。ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

2022年01月25日 第44回全国高等学校柔道選手権大会広島県大会の結果報告

2022年1月22日(土)・23日(日)に広島県立体育館にて第44回全国高等学校柔道選手権大会広島県大会が開催されました。この大会は男女個人戦優勝者(男子個人戦無差別級は今年度には2名出場)と男女団体戦優勝チームが3月に行われる全国大会に出場できる大会です。本校柔道部は男子団体戦と男子個人戦に7名が出場しました。全国大会出場を目標としている本校柔道部にとっては前期最大目標と位置付けた大会でした。チームの目標は男子団体戦決勝進出と男子個人戦全国大会出場でした。結果は男子団体戦第3位、男子個人戦で60kg以下級の堀江俊平(G2-3)が優勝し、全国大会への出場権を獲得しました。また、男子個人戦73kg以下級で今村吏真(G2-13)が第3位入賞でした。応援ありがとうございました。団体戦については準決勝戦で近大福山に敗れ、目標を達成することはできませんでした。後期の最大目標となるインターハイ予選では、男子団体戦決勝進出と男子個人戦3階級優勝の目標を達成できるよう稽古に励んでいきたいと思います。コロナ禍のなか、大会を開催してくださった大会関係者のみなさまに感謝の気持ちを持って全国大会に向けて精進していきます。また、残念ながら出場を見送ったチームや選手も多数ありました。広島県代表として予選に出場できなかった選手の分も頑張ってきたいと思います。応援よろしくお願いします。男子団体戦で優勝した崇徳高校と女子団体戦で優勝した皆実高校の全国大会での健闘を祈ります。本校柔道部男子団体戦の結果の詳細は下記を参照ください。

男子団体準々決勝
広島国際学院 3 2 如水館
本間(G2-10) × 優勢勝(技有) 井口
有附(G1-8) × 一本勝(韓国背負投) 小澤
丹田(G1-10) 一本勝(不戦勝) ×
今村(G2-13) 一本勝(不戦勝) ×
堂々(G1-9) 一本勝(抑え込み) × 峯松

 

男子団体準決勝
広島国際学院 0 2 近大福山
今村(G2-13) × 一本勝(合技) 中田
本間(G2-10) × 優勢勝(技有) 宮本
丹田(G1-10) 引分
堂々(G1-9) 引分 田邊
有附(G1-8) 引分 益井

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集