H.K.G Press

2018年10月19日 修学旅行海外コース(台湾・ハワイコース)

修学旅行海外コース最後のレポートをお届けします。
(ただし、ハワイコースについては、最終日は長時間のフライトのため、主な写真はありません。あしからずご了承ください。全員長い移動となりましたが、21時ごろに無事広島空港に到着しました。本当にお疲れ様でした)
それでは、台湾コースからの報告です。
最終日は、忠烈詞→国立故宮博物院といった台湾の2大文化物を見学しました。
忠烈詞(ちゅうれつし)は、辛亥革命を始めとする中華民国建国および革命、中国大陸での日中戦争などにおいて戦没した人々の英霊を祀る祠です。
入口では2人の衛兵が迎えてくれました。あまりの整列された行進に驚きました。
44255944_1965661036802760_6900841821270704128_n
44324853_2109277949136327_3407793177686441984_n
44180478_1386975994773076_6223495933611474944_n
 次に国立故宮博物院に移動。
44431742_243374833200038_9149047327149785088_n
44442756_634506936944743_6881448824158552064_n
中国国内には故宮博物館がありますが、博物館の展示品をしのぐとも言われる歴史的な文化物が保存されています。
有名な肉石と白菜を見て、台湾の素晴らしい芸術を肌で実感する事が出来ました。
また台湾の歴史を詳しく知る事が出来、生徒もためになった様です。学校に帰った後、学業に活かせそうです。
 また、今回の旅行で5日間お世話になったバスガイドさんともお別れとなりました。お別れの挨拶を台湾語で行い、生徒達自身が作ったメッセージカードと記念品を渡して帰路につきました。
44327516_2214040455476870_1209771126255779840_n
44286311_314723409328615_4947069629341106176_n
44320797_354351575310162_3564914334188437504_n
44370450_490275784786224_1674191566379417600_n
また、社会人となって個人的に台湾に旅行に帰って来れるといいですね。 この修学旅行を通して、大きく成長できたようです。
旅は終わりますが、生徒達の高校生活という名の旅は続きます。まだまだ、学びを大切にして行きたいと思います。

ページの先頭へ戻る

2018年10月19日 修学旅行国内コース最終日(北海道・沖縄コース)

修学旅行国内コース最後のレポートとなりました。
4泊5日の長い旅行でしたが、一行にとってあっという間ともいえるひと時だったようです。
それぞれのコースの生徒達が笑顔で最終章を迎えている姿を是非ご覧ください。
まずは北海道コースから。
北海道コースの最終日朝食は日程の関係上、6時半ごろに摂りました。
さすがに少し眠かったと思いますが~時間を有効に使うため…みんな頑張って行動していました。
DSC_0280
朝食後は、札幌場外市場を散策。最終日ということもあり、この市場でお土産を買う子が多かったそうです。
生徒達の殆どが、自分のため…というよりも、家族、友達のために~と購入していた姿が印象的でした。
DSC_0285
札幌を後にした一行は、空港の途中にあるノーザンホースパークを訪問。
ここで、北海道の牧場を少しだけ見学しました。
DSC_0308
DSC_0297
DSC_0323
さて、いよいよ新千歳空港に到着…なんだか生徒たちの背はまだまだ滞在したいという雰囲気が出ていました。
DSC_0337
広島空港には、17時半頃到着。ここで解団式を行い、それぞれ帰宅の途につきました。
生徒の皆さん、そして引率の先生方みなさんお疲れ様でした!
DSC_0341
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
常夏の沖縄コースも最終日。
最期の行程は、那覇周辺の散策が中心となりました。
まずは、世界遺産群のひとつである首里城へ。
6249833616_IMG_6537
6249835248_IMG_6557
真っ赤な建物、また本州の建築とことなる独特な外観…私たちが住む文化と異なる琉球王朝や琉球文化について学びました。
日本において、いち早くグローバルな地域だったといえる琉球(沖縄)。独特な文化が織りなすものは、すべて様々な人々との交流から作り出された決勝であると学び取りました。
さて、国際的に活躍したいと考える人たちも多くなっている近年。人を知る、世界を知る…とはどのようなモノか、理解できましたか??
一方で、これまでの疲れが溜まって朝早く起きるのがつらかった人もいたようです。
無理もありません。非常に充実した5日間でしたから。
それでも頑張って起きたことで、見学前の首里城の門が開く瞬間を見ることができたそうです。
6249833856_IMG_6549
6184891024_IMG_6563
続いては待ちに待った国際通り自由散策。那覇のメインストリート国際通りを思う存分楽しみました。
みな思い思いにお店を見て回り、友達や家族にたくさんのお土産を買っていました。
北海道もそうですが、自分のことより大切な人へ何かを贈る…とてもいいことですね。
6249816960_IMG_6572
6184867552_IMG_6569
IMG_5231
IMG_5232
沖縄コースも17時半ごろに帰広しました。
本当にみなさんお疲れ様でした。
IMG_5235
5日間の修学旅行を通じて、学校での座学では学ぶことのできない様々なことを吸収できました。
ぜひ今後に活かしてもらいたいです。

ページの先頭へ戻る

2018年10月19日 修学旅行海外コース4日目(台湾・ハワイコース)

お待たせしました。海外コース修学旅行レポートです。

まず台湾コースからご紹介します。

4日目の台湾は、なんと新幹線に乗車しての移動を経験。

台北駅から台南駅へ2時間かけて移動の後→孔子廟→烏山頭ダム→ダム社員寮→嘉義駅から台北駅と行動します。おおよそ東京から京都までの距離を行き来しました。

44222061_2022435577823436_5014076054076129280_n

44243221_248202802706952_5784904073891282944_n

台北と比べて、台南は熱帯の帰国に属しますので、気温は29℃前後です。体感気温は33℃というかなりの暑さでした。
まず、孔子廟へ。
ここは孔子のお墓ではなく、「学問の神様」として孔子を祀り祭祀を行う場所です。
44247796_248508299167319_5137345626970783744_n
44237407_318601952284595_5798836604202123264_n
孔子にはこんな名言があります。
「己達せんと欲して 人を達せしむ」
その意味は、
「自分が目的を達成しようと思うときは、まず人を助けてその人の目的を遂げさせてあげる」ことだそうです。
孔子の金言は、研修旅行の意義でもあると思います。是非、一人ひとりが成長できればと思います。
44375431_285837435603030_7911632704750223360_n
44377787_541229009623062_7875043968549912576_n
一行は、学問の神様より力を借りて、黄色のお札にお願いをしました。学校に帰ってさらに学業に専念出来れば良いですね。
44263700_319910655229914_5334922828485492736_n
44193167_345512286202203_7035001249384628224_n
その後は鳥山頭ダムへ行きました。このダムは東京帝国大学出身である八田與一さんが設計に関わりました。自分自身の才能を日本では無く台湾で活かそうと考えたそうです。
もともと水が少ないこの地域でダムを作ることで農業の発展に大きく貢献しました。
3000m級の山が多くある台湾では各地に水力発電所があります。
今後10年の間に原子力発電を無くし、再生可能エネルギーを2割弱にしようと国を上げて目指されているそうです。
学ぶことに終わりは無く、むしろ進学の後に何が出来るかが人生の課題なのかも知れません。世界のスケールを肌で感じ取れた時間となりました。
明日いよいよ最終日となります。明日120名、無事で帰国できるように頑張ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~

ハワイの5日目は、天候は晴れ、過ごしやすい朝を迎えました。
朝食は フラグリルというお洒落なお店で食べました。パンケーキの大きさや甘さに女子は一苦労していました。みなさんもハワイに旅行した時はパンケーキを食べてみて下さいね。

image1

image2

image3

image4
今日は、いよいよ日本へ帰国する日です。
元気に帰ってきます!

ページの先頭へ戻る

2018年10月19日 修学旅行国内コース4日目の様子です(北海道・沖縄コース)

修学旅行もいよいよラストスパートに入ってまいりました。
最後の最後まで精一杯現地レポートをしていきます!
まずは北海道コースから。
4日目は午前中小樽で班別行動、午後は5時間札幌にて班別行動でした。
P1030869
小樽市は明治期以降、商業として栄えた港町です。
小樽運河と赤煉瓦倉庫に代表される町並みは、近代日本の発展に尽くした小樽の繁栄を物語っています。
もちろん、現在も観光地、商業の町として活気があります。函館と同じく魚介類は新鮮。そして「ルタオ」に代表されるお菓子、北一ガラスのガラス工芸など、小樽だけで盛りだくさんな旅行メニューとなります。
P1030879
P1030876
DSC_0257
DSC_0258
P1030872
DSC_0251
生徒達は自由に昼食をとったことから、色々な軽食を食べ歩き、ラーメン、寿司など各々楽しく昼食をしていました。
続いて、場所を移して札幌判別研修です。
札幌は150万人以上の人口を抱える北海道一の大都市。函館と同様、北海道開拓の歴史の中枢を担った場所です。今でも、北日本の経済、社会を牽引する場所といえます。
DSC_0270
広島を遥かに超える町並みに生徒達は何を思ったでしょうか。
札幌には旧帝大の北海道大学もあります。有名校である北大に入り、この街で満喫したいと思った人もいるのではないでしょうか。
最後は、夕食の風景です。
北海道に訪れたらジンギスカン!ということで、ここでさらなる英気を養うため、サッポロファクトリーでジンギスカン体験をしました。
DSC_0271
P1030907
P1030910
おかわりはは自由!いくらでもどうぞ!
クセのある味ですが、独特な風味にはまった生徒はこれでもか!と食していたのが印象的でした。
ジンギスカンパワーをつけていざ最終日へ!
お腹いっぱいな北海道4日目でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
沖縄コースも負けていません!
沖縄4日目の行程はとても内容が凝縮された1日となりました。
まず、午前中は美ら海水族館へ行きました。
大きな水槽の前で、その迫力に息を飲んでいる生徒がたくさんいたように思います。また美ら海水族館の目玉であるジンベイザメはサービス精神が旺盛なのか何度も目の前を泳いでくれました。
6184886896_IMG_6385
6247753072_IMG_6380
躍動感のあるイルカショーにも生徒達は感動していました。
6182708480_IMG_6426
続いてお昼ご飯です。この日のメニューはタコライスでした。
タコライスは、メキシコ風アメリカ料理の「タコス」を沖縄風にアレンジし、ご飯の上にタコスをのせた独特な料理です。国際的な繋がりがある沖縄ならではの料理ですね。
6184804432_IMG_6441
そんなタコライスですが、生徒達はというと…初めて食べる人も多かったようですが、とても美味しそうに食べていました。
お昼を食べたあとはひめゆりの塔、糸数壕へ行きました。
ひめゆりの塔は、沖縄戦で日本軍に看護隊として従軍した、沖縄県立第一高女「乙姫(おとひめ)」隊と沖縄師範学校の「白百合(しらゆり)」の女子生徒達を慰霊した場所です。
IMG_5211
まずはひめゆり学徒隊の慰霊碑へ参拝し、それから見学です。自分たちと同じくらいの年齢の学徒がどれほど悲惨な出来事に巻き込まれたのかを、みな真剣な顔つきで学んでいました。
続いて糸数壕へ行きました。現地のガイドさんの引率のもと実際にガマの中へ入り、当時の戦争の激しさを生徒自身の目でみて学びを深めました。
戦争が終わり70年も経っていますが、ガマの中には、今でも当時の焼け焦げた痕が残っています。
生徒達は、教科書での学びより一層戦争の悲惨さ、むごたらしさ、そして今の自分たちが置かれている環境の有り難さを感じたのではないでしょうか。
4日目最後のイベントはステーキハウスでの夕食です。
夕食と言っても、単なる食事ではなく…パフォーマンスをしながら目の前で調理してくれるというものです。料理も食べるだけでなく目で見て楽しむのもいいですよね。
6184786048_IMG_6447
また生徒たちにはサプライズで現地の高校生との交流会を行いました。
南風原高校の郷土芸能部の皆さんにエイサーを披露して頂いたあと、カチャーシーという踊りを全員で踊りました。
6184814320_IMG_6485
6249860880_IMG_6500
6184804768_IMG_6512
6251984288_IMG_6526
1時間足らずの交流会でしたが、とても盛り上がり、同じ高校生が堂々と演舞をする姿を見て良い刺激をもらえたようです。
沖縄は多くの人の温かい心遣いに触れながら、最終日を迎えます。

ページの先頭へ戻る

2018年10月18日 修学旅行海外コース3日目(台湾・ハワイコース)

お待たせいたしました。3日目の海外コースレポートをお送りします。

まずは台湾コースから。

3日目の行程は十份→九份→昼食→台湾の高校生との交流会でした。
十份(シーフェン)は、台北から約1時間程度の場所にある小さな町。願いごとを書いた天燈(ランタン)を上げる行事(旧正月におこなわれる「平渓天燈祭」)で有名な場所です。
44214727_492590847885708_8007507704920670208_n 44169191_165725431031004_3902018496116031488_n
もちろん、生徒達の体験活動はこのテント揚げをしました。4人で4面のランタンに願いごとを書いて、空高く打ち上げました。
中には、来年には高校三年生になるため、受験に向けた学業成就を願う生徒もいました。
44126018_484658448685403_2466971726685143040_n 44094743_246658622869388_5153713085910876160_n
その後、一行は山奥へ進み、九份(ジュウフェン)へ。
この町は、みなさんがご存じな『千と千尋の神隠し』のモデルになった古き良き街並みです。生徒たちはノスタルジックで独特な雰囲気をもつこの町を堪能しました。
 最後は、台湾の高校生との交流会でした。交流をしてくださったのは、国立宜蘭高級商業職業学校です。
校門前から驚くような歓迎で案内をしてくださいました。 その後は部活動体験ということで授業体験をした後、体育館で歓迎会を盛大に開いてくださいました。 台湾の学生のパワーに圧倒されましたが、生徒達も負けじと練習してきた盆踊りを披露しました。
44293510_2099392313648156_6640401210669006848_n 44178835_706162123069070_7924489740890406912_n
44132138_257731038261001_8512432267920932864_n 44249894_2048356655207817_1575662285009977344_n
44240060_263401831183862_829135791451013120_n 44250880_1769948789769051_2928078822878216192_n
44199722_334656810631014_3483071709433561088_n 43880219_1861158553980072_7594390752226967552_n
44249880_2313336255348755_1799404998522568704_n 44311462_490245781476251_247379503385411584_n
最後は全体での写真撮影をし、名残惜しみながらお別れとなりました。 また、会えるその日まで。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ハワイコースは、天候は改正で暑く感じますが、風が吹いているので体にこたえる暑さではありません。日本では味わえない独特な気候だと思います。
生徒達は昨日のアクティビティの疲れがまだとれていないのか、とても眠そうでした。
さて、修学旅行3日目は平和学習を中心として、アリゾナ記念館と潜水艦ボーフィンの見学に行きました。
アリゾナ記念館では太平洋戦争が始まった場所(真珠湾)にあります。ここにはアメリカと日本が戦争を行った出来事について展示や映画で学ぶことができました。
潜水艦ボーフィンは日本の対馬丸という船を沈めたと言われている潜水艦です。
1944年8月22日、対馬丸には当時、沖縄から本州への疎開を目的として乗り込んでいた国民学校(現在の小学生)の児童が乗船していました。
時は日本の戦局が悪化し、各地で日本軍がアメリカを中心とした連合軍敗退していた時期…そのような中、対馬丸は軍の輸送船と判断され、潜水艦ボーフィンに撃沈されたといわれています。乗員乗客含め1484名の犠牲だったそうです。
image1 image2
image3
戦争は兵器をもつ軍隊同士が戦うだけでなく、非戦闘員である民間人も巻き込まれる可能性があるものです。だからこそ、戦争の先は悲しみがないと言われるゆえんです。
滅多に経験できないことを体験した生徒たちは、当時の惨状を真摯に考えながら学んでいたと思います。

ページの先頭へ戻る

2018年10月17日 修学旅行国内コース3日目(北海道・沖縄コース)

修学旅行もいよいよ後半に入ってまいりました。
国内コースの3日目をお届けします。
6186871296_IMG_6346
沖縄コースは昨日に引き続き、マリンスポーツ体験を実施。
今日はムーンビーチでシュノーケリングとドラゴンボートの体験をしました。
ただ、昨日の晴天からうってかわり朝から大雨!
マリンスポーツが始まってからも小雨が降り続けとても寒い中での体験となりました。
ですが、その寒さにも負けず、
生徒達は元気にそして楽しくマリンスポーツを楽しんでいました。
若いって素敵ですね!…と引率する先生方はかつての自分たちに置き換えながら微笑ましく見られていました。
IMG_5169  IMG_5172
6186931920_IMG_6286  6186907584_IMG_6295
お昼ご飯は沖縄料理のソーキそばを食べました。
沖縄独特の中華そばに似た食べ物で、うどんとそばの中間程度の麺に、グザイとして豚の角煮が入っています。
とても濃厚で美味しい!
温かいソーキそばを食べて冷えた体に染みたようです。
6186936672_IMG_6344
6186946800_IMG_6309 6186954000_IMG_6311
IMG_5159
まだまだ夏の雰囲気が残る沖縄からでした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続いて、夏から冬に差し掛かっている北海道からレポートです。
北海道は、本当の!寒さに負けず、自然体験やラフティングに挑戦しました!
今回の旅のメインイベントも言えるラフティング。7名程度の乗員で大型のゴムボートを漕いで川下りをするというもの。
2時間弱、生徒達はウェットスーツに着替えて、北海道の紅葉を楽しみました。
1539771174852
1539771146788
1539771128364
1539771057439
次の写真は本修学旅行初となる「アドベンチャーパーク」での体験。
北海道の自然を活かした、アスレチックが満載。まるで、体力自慢達が競い合うSASUKEのような遊具に生徒たちは挑戦しました。
P1030836
P1030810 P1030842
P1030850
実はここで、素晴らしい出来事が!
アドベンチャーパークはできてから1年とのことですが、ここで難関と言われるエキスパートコースをクリアした生徒が1名出ました!
なんとこれまでクリアした人は60名しかいないとのこと。すごいですね!(下の写真です。)
P1030861
北海道の自然体験はインドアでもできます。
室内では、ジャムやキャラメル、北海道産のジャガイモをつかったもち作りなど北海道ならではの体験授業も受けました。
新鮮な食べ物を前にして、生徒達はとっても真剣。それぞれの腕で味も形も大きく変わります。
美味しい作品はできましたか??
P1030721 P1030734 P1030735 P1030744 P1030756 P1030757
明日から修学旅行は後半となります。どんどん現地の情報を掲載していきます。お楽しみに!

ページの先頭へ戻る

2018年10月17日 修学旅行海外コース2日目(ハワイ・台湾コース)

海外修学旅行コース2日目のレポートが届きました。
まずは台湾コースから報告します。
この日の台湾コースは、中国料理に挑戦!勿論、調理に挑戦しました!
挑戦するメニューは、小籠包!中国南部で食されている点心の一つで、日本では中華まんで知られている食べ物の小型のものとなります。
44081529_545787325871067_1963420548197253120_n
午前中の小籠包作りでは小籠包のプロに作り方を教えていただきました。1チームに1人ずつコーチが付いてくださり、丁寧に指導していただきました。
みんな美味しい小籠包が出来たそうですよ。
午後からは現地の大学生との市内研修を実施。単に台湾の町並みを見学するだけでなく、交流しながらの散策。勿論、話せる言語は、限られます。
44243221_248202802706952_5784904073891282944_n
始めは緊張した生徒達でしたが、研修を通して絆が強まりました。何事も体験して成長するものですね。
44079868_1744375029021300_3647316923894464512_n
44178822_316215385830110_8654944449647869952_n
44216966_731944857145373_1751113507232808960_n
44222659_2362932967267226_934219794209570816_n
最後に、大学生の方へ各自準備した日本からのお土産を渡し、お別れをしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方ハワイの2日目はとても天候が良く 朝からサーフィンをしている人など 日本とは違う時間の流れを感じる1日でスタートしました。

3

さて、今日のスタートは、ワイキキのビーチが見えるオシャレなカフェで朝食。本日の行程は、有名なダイヤモンドヘッドへの登山、そして午後からはシーウォーカーです。

2

写真はダイヤモンドヘッドの頂上です。ダイヤモンドヘッドはオアフ島(生徒達が滞在している島)にある、なんと火山口です。戦争中は、砲台が設置されるといった軍事要塞でしたが、現在はオアフ島が一望できる観光スポットとなっています。ちなみに、ダイヤモンドヘッドの名前の由来は、ここでとれた石をダイヤモンドと間違えたことが始まりだとか…

IMG_0484

さて、ダイヤモンドヘッドを上った生徒達はというと~最初はなだらかでしたが、最後は99段の急な階段を全員 頑張って登り切りました!しんどい思いをした後の絶景は最高だったみたいです

IMG_0490

ダイヤモンドヘッドの頂上からの景色です!

IMG_0489 (1)

午後は生徒が待ち望んでいた待ち望んでいたシーウォーカーです。

シーウォーカーとは、潜水用のヘルメットをかぶって、海底散策をするイベントです。男子グループと女子グループに分かれて挑戦しました。

IMG_0513

image3

IMG_0510

シーウォーカーの他にもシュノーケリングに挑戦!ハワイの海の綺麗さに感動!たくさんの魚や珊瑚礁も見ることが出来ました。

さて、シーウォーカーの様子です。

4

5

IMG_0572

ウエットスーツを着て、頭からカプセルを被り、3〜5メートルのところまで沈んでいきます。その後、全員でガイドの指示に従って海面を歩いていくのです。あいにく視界が少し悪かったのですが、生徒達は楽しそうに魚と触れ合っていました。陸に上がった瞬間、寒くてみんな震えていました。

ちなみに頭から被るカプセルの重さはなんと35キロ!とても重いのですが、海に入ると浮力で6キロ程度の重さになるそうです。力がある男子もカプセルを持ち上げようとすると、重い!と言いながら笑っていました。

以上海外の独特な文化や風景を満喫した海外コースの一行でした。

ページの先頭へ戻る

2018年10月16日 修学旅行2日目国内コース(北海道・沖縄コース)

国内修学旅行2日目の様子をお届けします。
北海道修学旅行の一行は、1日目湯の川温泉で一泊。北国の温泉にゆっくり浸かりながら、旅の疲れを癒したそうです。
DSC_0188
2日目の早朝は、函館名物「函館朝市」を経験しました。
DSC_0191
獲れたて新鮮な魚介類を口にすることは、生徒達にとって滅多にないことだと思います。
魚介類独特の臭みもなく、モノによっては大変甘みを感じる食材もあります。
早起きは三文の得といいますが、まさに早起きしてよかったと思える朝食でした。
P1030684  P1030686
写真は本校教員がお店でつったイカ…そして~
DSC_0197
下のように綺麗に調理してもらいました。絶品だったそうです!
DSC_0200
函館朝市を終え、一行は大沼国定公園にて2時間の滞在。
雄大な駒ケ岳がひかえている大沼国定公園は、広島では味わうことのできない広大な湖沼と牧草地が広がっています。
DSC_0224
生徒達は北海道の自然を満喫。もちろん食べ物も満喫!
P1030699  DSC_0218
2日目の自然散策はまだまだ続きます。続いて一行は昭和新山へ
DSC_0232
昭和新山は、戦中から戦後にかけて、何気ない田畑が火山活動で隆起してできた火山です。
温度が低く粘性の高い溶岩が隆起した釣鐘火山とよばれる山です。
今でも山からは噴煙と硫黄のにおいが…
ここも広島では経験することのできない場所でした。
昭和新山では、思わぬ人・・・じゃなくて動物も出迎えてくれました!
P1030705
「コンニチハ~!コクサイガクイン ノ オトモダチ! エサ ヲ チョウダイ!」
肌寒いものの、良い天気が続く北海道からでした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
沖縄2日目は、ちょっと残念な報告…
昨日の大雨の関係があり、スキューバーダイビングを行う予定でした水納島への渡航が中止に。
急遽、本部港(渡久地港)でダイビングを行うこととなりました。
6182795744_IMG_6197  6184802752_IMG_6201
しかし場所は変われど、沖縄の青い海はどこも一緒!
天気予報では雨となっていましたが、
途中からとてもよい天気になり、陽射しが痛い程の気温となりました。
6249896736_IMG_6257  6182786672_IMG_6212
6182740496_IMG_6226
IMG_5133
IMG_5132
ダイビングは初めて…という生徒も多くおり、生徒達はみんなインストラクターの方々の話をしっかりと聞き、楽しんでいました。
明日もマリンスポーツを中心とした体験活動を実施する沖縄コース。明日こそ、1日いい天気になりますように!

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集