部活BLOG

2012年08月26日 中国大会

鳥取で行われた第53回全日本吹奏楽コンクール中国大会。広島よりも最高気温が連日2度高く、日なたにいると、暑いというよりも肌がチリチリと 痛い感じがしました。まるで、砂漠を歩いているようでした。本番前日の8月24日の最高気温は36.2度、本番当日は35.8度ととても残暑の厳しい中の大会でした。

 練習風景
本番前日の練習風景

会場となったとりぎん文化会館梨花ホールの正面は、植物園の大展示室のようで とても暑かったです。ホール内も満員で、 冷房が十分に効かず熱気にあふれていました。  保護者の方がたくさん応援に来てくださいました。 結果は、銀賞でした。たくさんの方に、ご支援いただきありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

2012年08月11日 第36回 全国高等学校総合文化祭に参加

富山県魚津市の新川文化ホールで全国高等学校総合文化祭の吹奏楽部門がありました。41団体が2日間にわたって演奏をしました。
~感謝~ 本番前日の8月8日(水)、黒部市民会館で練習をしました。女子生徒の一人が演奏で使う黒ズボンを持ってくるのを忘れ、市民会館前にある制服屋さんで購入しようと出かけていきました。すると、1度しか使わないのに購入されることはないと、ズボンをなんと無料で貸していただくことになりました。しかも、すそあげまでしてくださいました。本番当日、お店に行くと、なんとベルトまで貸していただきました。

黒部市民会館での練習風景1
黒部市民会館での練習風景2

おかげで生徒も安心して本番にも取り組むことができました。まちぐるみで大会を盛り上げ、支えてくださっていることを実感しました。 本番の8月9日(木)の午前のプログラムでは秋篠宮ご夫妻と次女佳子さまが2階席でお聴きになりました。本校の演奏は夕方でした。本学園の鶴理事長も駆けつけてくれました。

本番終了後

~ハプニング~ 富山から帰りに乗ったJRの列車(サンダーバード)が信号が赤だということで、5分以上停車しました。運転再開後も徐行運転をしばらく続けたため、予定していた新幹線に間に合わなくなる可能性が強くなりました。添乗員さんが1時間近く交渉してくれ、結局、京都発の新幹線の出発を3分遅らせてくれることになりました。京都駅で、大きな荷物を抱え、生徒と引率スタッフ81名が猛ダッシュ。何とか無事に乗り換えることができました。新幹線は1分遅れで出発し、広島には予定時間に到着しました。
この他にもいろんな事が起こりましたが、多くの人に支えられて開催された大会を通して、多くのことを学ぶことができました。この場を借りて、皆様にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

2012年08月06日 県大会の結果

第53回広島県吹奏楽コンクール結果
B部門 銀賞
A部門 金賞 広島県代表

ご支援ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集