部活BLOG

2018年09月19日 JOCジュニアオリンピックカップ 第37回全日本ジュニアバドミントン選手権大会出場

9/14~9/17に長野県で行われた上記の大会に本校2年生の梶田翔太が出場しました。先月行われました県予選に優勝し、本選への切符を手にして以来、この大会のために準備をしてきました。
20180916_153509

 結果は埼玉県の選手に敗れ初戦敗退となりました。広島県の代表として出場させてもらったので、結果が出せず大変申し訳なかったと思っています。ただ、初めての全国大会で緊張もありましたが、今出せる精いっぱいのプレーができたのではないかと思います。また、全国の舞台に帰って、次は今回のリベンジができるように、これからより一層努力していこうと思っています。
1537257475844

 本校バドミントン部にとっては、約20年ぶりの全国大会出場となり、出場できたことに喜びを感じるとともに、全国で戦う上での課題も感じることができた大会となりました。今週末には新人戦の地区予選会が始まります。県大会や中国大会につながる大会になりますので、気持ちを切り替えて、また頑張っていきます。応援のほどよろしくお願いします。
1537257492873

 今回の出場に関しまして、お祝いの言葉をいただいた方々、練習の相手をしていただいた方々、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。今後も温かいご支援をよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る

2015年06月15日 広島県総合体育大会兼広島県高等学校バドミントン選手権大会結果

今年度の県総体が6月6日・7日に学校対抗戦、13日・14日に個人対抗戦の日程で行われました。

まず団体戦では男子が準決勝まで勝ち進みましたが、準決勝ならびに3位決定戦で敗れ、3位以内に与えられる中国大会の切符にはあと一歩届きませんでした。第3シードだったこともあり、インターハイ・中国大会出場を目指して練習してきましたので、大変悔しい結果となりましたが、昨年の県総体2回戦負けのチームが一年で見違えるほど成長した姿を見せてくれました。

女子は昨年の秋に引き続き3回戦で敗れ、ベスト16という結果に終わりました。女子の方も昨年の県総体2回戦負けという事で、一つステップアップした結果となりました。

一方個人戦の方では男子ダブルスの松岡・松本組が第3シードとしてインターハイ目指して参加しましたが準々決勝で惜しくも敗れました。

1年間インターハイ出場を目標に選手一同頑張ってまいりましたが、今年はチャンスをつかむことができず、残念な結果となりました。この悔しさは来年必ず晴らせるように、部員・スタッフ一同より一層の努力をしていきたいと思っております。

最後に、応援して下さった保護者の皆様、OB・OGの皆様、地域の皆様、本当にありがとうございました。今後も引き続き応援していただきますようよろしくお願いいたします。

詳しい戦績は以下の通りです。

男子団体
1回戦
2回戦 対福山明王台 〇3-1
3回戦 対広島観音 〇3-1
準々決勝 対福山工業 〇3-1
準決勝 対城北 ×0-3
3位決定戦 対高陽 ×0-3

 

女子団体
1回戦 対三原 〇3-2
2回戦 対進徳女子 〇3-1
3回戦 対高陽東 ×1-3

 

男子ダブルス 男子シングルス
沖隼平(G3-5)
横山義樹(S2-2)
松本拓也(G2-1)
2回戦敗退 ベスト16
松岡駿治(G3-2)
松本拓也(G2-1)
松岡駿治(G3-2)
 ベスト8 ベスト16

 

女子ダブルス 女子シングルス
阿部奈月(G2-2)
山田さつき(G2-8)
阿部奈月(G2-2)
2回戦敗退 3回戦敗退

01

02 03

04

 

ページの先頭へ戻る

2014年11月19日 平成26年度広島県高等学校新人バドミントン大会結果

11月8日9日、15日16日の2週にわたり県大会の新人戦が行われました。

8日9日に行われた学校対抗戦では男子が準決勝で春の県総体王者の安芸府中に3-2で勝ち、ベスト4に進出しました。準決勝で高陽高校に惜しくも2-3で敗れてしまいましたが、続く3位決定戦で崇徳高校に3-2で勝利し、見事3位輝きました。新人戦の団体戦での3位以上という結果は2000年以来14年ぶりということで、嬉しい勝利となりました。ただ準決勝で敗れた高陽高校が優勝ということで、嬉しい反面、優勝できなかった悔しさも残った大会になりました。

また女子は1回戦・2回戦と勝ち上がり3回戦(ベスト16)で準優勝した大門高校に1-3で敗れました。近年で初めて2回戦を勝ち上がり、2日目に残ったということもあり、一定の成果が見えた反面、上位との差を痛感した大会となりました。

15日16日に行われた個人戦では男子ダブルス・シングルス、女子シングルスでそれぞれベスト8に進出し、5位入賞という結果でした。ベスト4以上が中国大会出場ということで、選手にとっては中国大会出場を逃すという悔しい結果だったのではないかと思います。

年内の大きな大会はこれで終わりですが、来年の6月に行われる県総体で勝ち抜き、インターハイや中国大会の出場権を勝ち取れるよう、チーム一丸となってより一層の努力をしていこうと思いますので、応援よろしくお願いいたします。

 

県新人結果

学校対抗戦

男子 女子
1回戦(対宮島工業) 〇3-0 1回戦(対廿日市西) 〇3-0
2回戦(対福山葦陽) 〇3-2 2回戦(対沼田) 〇3-1
3回戦(対祇園北) 〇3-1 3回戦(対大門) ×0-3
準々決勝(対安芸府中) 〇3-2
準決勝(対高陽) ×2-3
3位決定戦(対崇徳) 〇3-2

個人対抗戦

男子 女子
ダブルス 松岡・松本 第5位 シングルス 阿部奈月 第5位
シングルス 松岡駿治 第5位

DSC_0206

DSC_0205

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集