部活BLOG

2019年02月14日 第41回全国高等学校柔道選手権大会広島県予選の結果報告

1月26日(土)・27日(日)に広島県立体育館にて第41回全国高等学校柔道選手権大会広島県予選が行われました。この大会は男女個人戦5階級と男子5人制の団体戦(勝ち抜き方式)、女子3人制の団体戦(点取り方式)が行われました。優勝チームと個人戦各階級の優勝者は3月に東京の日本武道館で開催される全国大会に出場できる試合でした。

チームの前期最大目標の試合と位置付けて臨みました。試合前に立てた目標は男子団体2年連続の決勝戦進出と女子個人戦での全国大会出場でした。結果は男子団体第2位で目標達成、女子個人戦の全国大会出場は達成することができませんでした。試合結果の詳細は下記を参照ください。女子の団体戦はけが人が出たため棄権しました。

今後はチームの後期最大目標であるインターハイ予選に向けて稽古に励みます。応援よろしくお願いいたします。

男子決勝トーナメント一回戦
広島国際学院 5人残し 武田
山口(S1-4) 一本勝(合技) × 鈴木
山口(S1-4) 一本勝(払腰) × 貫名
神田(S1-3)
島﨑(G1-7)
奥本(S2-2)
北村(S2-4)

 

男子決勝トーナメント準々決勝
広島国際学院 3人残し 観音
神田(S1-3) × 優勢勝(指導差2) 中本
島﨑(G1-7) 一本勝(合技) × 中本
島﨑(G1-7) × 優勢勝(指導差2) 大森
讃井(S2-4) 優勢勝(指導差2) × 大森
讃井(S2-4) 優勢勝(技有) × 髙崎
讃井(S2-4) 一本勝(合技) × 舛田
北村(S2-4)
山口(S1-4)

 

男子決勝トーナメント準決勝
広島国際学院 1人残し 工大高
奥本(S2-2) 引分 藤原
北村(S2-4) 優勢勝(技有) × 尾﨑
北村(S2-4) 優勢勝(技有) × 中村
北村(S2-4) × 一本勝(合技) 城鼻
山口(S1-4) 引分 城鼻
讃井(S2-4) 引分 澤岡
島﨑(G1-7)

 

男子決勝トーナメント準決勝
広島国際学院 1人残し 工大高
奥本(S2-2) 引分 藤原
北村(S2-4) 優勢勝(技有) × 尾﨑
北村(S2-4) 優勢勝(技有) × 中村
北村(S2-4) × 一本勝(合技) 城鼻
山口(S1-4) 引分 城鼻
讃井(S2-4) 引分 澤岡
島﨑(G1-7)

 

男子決勝トーナメント決勝
広島国際学院 5人残し 崇徳
島﨑(G1-7) × 一本勝(合技) 宮本
神田(S1-3) × 一本勝(合技) 宮本
山口(S1-4) × 一本勝(内股) 宮本
讃井(S2-4) × 一本勝(内股) 宮本
北村(S2-4) × 一本勝(指導3) 宮本
福本
徳持
飯田
福永
男子団体戦結果:第2  優秀選手賞:北村 起基(S2-4)

 

男女団体戦入賞校一覧
男子入賞校 女子入賞校
1位 崇徳高校 1位 皆実高校
2位 国際学院 2位 広陵高校
3位 近大福山 3位 清水ヶ丘
3位 工大高 3位 工大高

 

男子個人戦結果
60kg以下級 朝山(G2-8) 第5位
66kg以下級 奥本(S2-2) 第5位
73kg以下級 魚本(S2-4) 第5位
73kg以下級 山本(G1-7) 試合前棄権
81kg以下級 讃井(S2-4) 1回戦敗退
無差別級 北村(S2-4) 第5位
無差別級 魚本(G1-4) 第5位
無差別級 神田(S1-3) 試合前棄権
無差別級 島﨑(G1-7) 試合前棄権
無差別級 兵頭(S1-4) 1回戦敗退
無差別級 山口(S1-4) 試合前棄権

 

女子個人戦結果
48kg以下級 新澤(G1-7) 試合前棄権
52kg以下級 早瀬(G2-6) 第3位
57kg以下級 境田(G2-6) 第3位

 

男子個人戦各階級優勝者
60kg以下級 樽岡(近大福山)
66kg以下級 松森(広陵)
73kg以下級 栗山(崇徳)
81kg以下級 石井(近大福山)
無差別級 福永(崇徳)
女子個人戦各階級優勝者
48kg以下級 門出(皆実)
52kg以下級 山本(皆実)
57kg以下級 西川(皆実)
63kg以下級 本田(皆実)
無差別級 八巻(広陵)

 

2019選手権

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

2019年01月06日 柔道部年末年始の活動報告

年末は12月15日(土)~16日(日)に行われた吉岡杯を皮切りに、12月22日(土)~23日(日)にハーベスト杯、12月26日(水)~28日(金)天理での錬成大会と3つの県外遠征を行いました。稽古納めは12月29日(土)に行い、多数の卒業生が参加してくれました。

年始の活動は2019年1月3日(木)9時~希望者のみ参加のトレーニング。1月4日(金)9時~反復練習を中心とした練習。1月5日(土)14時から2019年の稽古始めを行いました。本校柔道部保護者会よりあたたかいぜんさいの差し入れをいただきました。朝早くからありがとうございました。

また、この日も卒業生が多数参加してくれました。一番遠いところからは5年前に卒業した手良向君が北海道からわざわざ稽古に参加してくれました。文武両道を実現し大学時代は個人戦で全国大会に出場しました。現在は北海道大学の大学院で研究活動に取り組んでいます。後輩たちも先輩の姿勢を見習ってほしいと思います。

このように多くの方の協力のもと部員一同精進していきますので、今年もご声援のほどよろしくお願いいたします。

天理集合写真_R

 

2018稽古納め_R

2019稽古始め_R

天理バスの中_R

天理男子①_R

天理男子②_R

天理男子③_R

天理女子①_R

天理女子②_R

天理女子③_R

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

2018年12月24日 ハーベスト杯争奪第11回しらさぎ高等学校柔道大会の結果報告

12月22日(土)に兵庫県姫路市ウインク武道館にて開催されたハーベスト杯争奪第11回しらさぎ高等学校柔道大会に出場しました。この試合は招待試合で関西圏を中心とした強豪校が出場する大会でした。本校柔道部からは男子団体戦に1チーム、女子団体戦に1チームが出場しました。試合方式はトーナメント方式で男子団体5人制の点取り試合、女子3人制の点取り試合が行われました。

結果は男子団体一回戦山﨑高校(兵庫県)の棄権により不戦勝で二回戦進出。二回戦報徳学園(兵庫県3位)と対戦し0対1で敗れました。女子団体一回戦京都共栄高校に2対1で勝利、二回戦神戸科学技術高校に0対2で敗れました。試合終了後は練習試合、翌日は錬成大会に参加しました。今大会も多数の保護者に応援いただきました。1月の全国高校選手権予選で男子団体2年連続の決勝進出と女子個人戦全国大会出場の目標を達成するために今回の経験を活かしていきたいと思います。

年内の遠征はあと一つ。12月25日(火)~28日(金)に奈良県の天理で行われる錬成大会に参加します。本校柔道部の年内稽古納めは12月29日(土)9時~。2019年稽古始めは1月5日(土)14時~となっております。卒業生のみなさま、ぜひ参加をお待ちしております。

2018ハーベスト

 

ページの先頭へ戻る

2018年12月17日 平成30年度吉岡杯争奪若鷲柔道大会の結果報告

12月15日(土)に山口県キリンビバレッジ周南総合スポーツセンターにて徳山大学柔道部主催で開催された吉岡杯争奪若鷲柔道大会に出場しました。この大会は徳山大学の招待試合で西日本を中心とした強豪校が集結します。試合は男子団体戦5人制の点取り方式、女子団体戦3人制の点取り方式で行われました。本校柔道部からは男子1チーム、女子1チームが出場しました。

結果は男子予選リーグ2敗1引き分けで予選リーグ敗退。女子予選リーグ2敗で予選リーグ敗退でした。レベルの高い相手との試合で実力を発揮することができませんでした。この経験を糧に1月の全国高校選手権に向けて精進していきたいと思います。多数の保護者の方に応援いただきました。ありがとうございました。

 

〇男子予選リーグ結果

1試合目新田高校(愛媛県)0対4で負け

2試合目久留米商業高校(福岡県)2対2で引き分け

3試合目秀岳館高校(熊本県)0対3で負け

 

〇女子予選リーグ結果

1試合目高松商業高校(香川県)1対2で負け

2試合目佐賀工業高校(佐賀県)0対3で負け

 

2018吉岡杯

ページの先頭へ戻る

2018年11月29日 第19回中国高等学校柔道新人大会の結果報告

11月17日(土)・18日(日)に島根県立武道館にて第19回中国高等学校柔道新人大会が開催されました。この試合は中国地方各県の男女団体戦で上位に入賞したチームが出場できる大会です。本校柔道部は男子団体戦に広島県第3位として出場しました。結果は予選リーグ2勝1敗で予選リーグ敗退でした。予選リーグを突破して決勝トーナメントに進出することが目標でしたが、達成することができませんでした。ご声援ありがとうございました。試合結果の詳細は下記を参照ください。

今後は、1月26日(土)・27日(日)に広島県立体育館にて行われる全国高等学校柔道選手権大会広島県予選で男子団体戦2年連続の決勝進出と女子個人戦全国大会出場の目標を達成するために精進していきたいと思います。

チームの前期最大目標となる大会です。応援よろしくお願いいたします。

 

男子予選リーグ第1試合
広島国際学院 4 0 出雲西(島根5位)
奥本(S2-1) 一本勝(合技) × 小林
山本(G1-7) 引分 船木
讃井(S2-4) 優勢勝(技有) ×
島﨑(G1-7) 一本勝(合技) × 高山
北村(S2-4) 優勢勝(技有) × 船木

 

男子予選リーグ第2試合
広島国際学院 5 0 小野田工業(山口6位)
山口(S1-4) 一本勝(払腰) × 佐古
兵頭(S1-4) 一本勝(合技) × 栗栖
讃井(S2-4) 一本勝(合技) × 高藤
北村(S2-4) 優勢勝(技有) × 下園
神田(S1-3) 一本勝(合技) ×

 

男子予選リーグ第3試合
広島国際学院 0 3 鳥取東(鳥取1位)
山口(S1-4) × 一本勝(内股) 小林(晴)
北村(S2-4) × 一本勝(合技) 南部
山本(G1-7) 引分 牧浦
讃井(S2-4) × 一本勝(合技) 小林(岳)
島﨑(G1-7) 引分 塩谷

 

中国新人2018_R

 

 

ページの先頭へ戻る

2018年11月26日 平成30年度広島県高等学校新人剣道大会の結果

11月10日(土)11日(日)17日(土)に開催された広島県高等学校新人剣道大会の結果は以下の通りです。

男子個人戦

中村 孝徳  第5位

後原 雅也  ベスト16

重髙 剣詞朗 2回戦進出

女子個人戦

三原 萌望  ベスト32

名越 美桜  ベスト32

山近 花純  2回戦進出

男子団体戦

ベスト8

女子団体戦

2回戦進出

男子剣道形

中村・今田組  3回戦進出

重髙・寺戸組  2回戦進出

後原・田中組  2回戦進出

女子剣道形

三原・寺脇組  2回戦進出

名越・水川組  初戦敗退

上田・山近組  初戦敗退

男子個人戦におきまして、7年ぶりに中村孝徳が入賞を果たしました。今回の結果を糧にして、来年の大会に向けてさらに精進していきたいと思います。応援よろしくお願いします。

IMG_1794

ページの先頭へ戻る

2018年11月05日 第67回広島県高等学校柔道新人大会兼第19回中国高等学校柔道新人大会広島県予選

10月28日(土)・29日(日)に広島県立体育館にて第67回広島県高等学校柔道新人大会兼第19回中国高等学校柔道新人大会広島県予選会が行われました。この大会は男女団体戦が行われ、男子は5人制の点取り試合、女子は3人制の点取り試合の方式でした。男子上位6校、女子上位4校は11月17日(土)・18日(日)に島根県松江市で開催される中国新人大会への出場権を得ることができる試合でした。本校からは男子2チーム、女子1チームが出場しました。結果は、男子Aチーム第4位、男子Bチーム第11位、女子6位でした。この結果、男子は広島県3位として中国新人大会への出場が決まりました。ご声援ありがとうございました。試合結果の詳細は以下をご参照ください。

1月に行われる全国大会の県予選では、男子団体2年連続の決勝進出と女子の個人戦で全国大会に出場できるよう稽古に励んでいきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

男子一部予選リーグ第1試合
広島国際学院A 5 0 県工
奥本(S2-2) 一本勝(合技) × 後藤
神田(S1-3) 一本勝(大外刈) × 木原
山本(G1-7) 一本勝(合技) × 久保田
山口(S1-4) 一本勝(合技) × 濱脇
讃井(S2-4) 一本勝(一本背負投) × 沖田

 

男子一部予選リーグ第2試合
広島国際学院A 4 0 工大高B
奥本(S2-2) 一本勝(合技) × 川上
島﨑(G1-7) 優勢勝(技有) × 坂本
山本(G1-7) 一本勝(抑え込み) × 濱本
讃井(S2-4) 一本勝(合技) × 沖田
北村(S2-4) 引分 髙尾

 

男子一部予選リーグ第3試合
広島国際学院A 1 0 近大福山B
山本(G1-7) 引分 益井
讃井(S2-4) 引分 楠野
島﨑(G1-7) 優勢勝(技有) × 福田
山口(S1-4) 引分 半田
北村(S2-4) 引分 岡本

 

男子一部予選リーグ第1試合
広島国際学院B 0 4 広陵
朝山(G2-8) 引分 貞末
魚本(S2-4) × 一本勝(隅落) 今井
× 一本勝(不戦勝) 松森
魚本(G1-4) × 優勢勝(技有) 西村
兵頭(S1-4) × 一本勝(合技) 佐藤

 

男子一部予選リーグ第2試合
広島国際学院B 0 5 崇徳B
朝山(G2-8) × 一本勝(大外刈) 清水
魚本(S2-4) × 一本勝(合技) 栗山
× 一本勝(不戦勝) 中原
魚本(G1-4) × 一本勝(合技) 荒滝
兵頭(S1-4) × 一本勝(大外刈) 神部

 

男子一部予選リーグ第3試合
広島国際学院B 2 1 広島学院
× 一本勝(不戦勝) 城山
朝山(G2-8) 引分 渡部
魚本(S2-4) 一本勝(反則負) × 多田
魚本(G1-4) 引分 玉本
兵頭(S1-4) 一本勝(合技) × 油目

 

男子一部決勝リーグ第1試合
広島国際学院A 1 4 崇徳B
神田(S1-3) × 一本勝(合技) 清水
北村(S2-4) × 一本勝(抑え込み) 栗山
山本(G1-7) × 一本勝(合技) 荒滝
讃井(S2-4) × 優勢勝(技有) 神部
島﨑(G1-7) 一本勝(合技) × 中原

 

男子一部決勝リーグ第2試合
広島国際学院A 1 3 工大高A
山本(G1-7) × 一本勝(小内刈) 尾﨑
讃井(S2-4) × 優勢勝(技有) 藤原
山口(S1-4) × 優勢勝(技有) 中村
島﨑(G1-7) 優勢勝(技有) × 澤岡
北村(S2-4) 引分 城鼻

 

男子一部決勝リーグ第3試合
広島国際学院A 0 5 崇徳A
奥本(S2-2) × 一本勝(抑え込み) 飯田
山口(S1-4) × 一本勝(内股) 徳持
讃井(S2-4) × 一本勝(合技) 毛利
神田(S1-3) × 一本勝(抑え込み) 宮本
北村(S2-4) × 一本勝(大内刈) 福永

 

男子一部決勝リーグ第1試合
広島国際学院B 2 3 如水館
兵頭(S1-4) 優勢勝(技有) × 子迫
朝山(G2-8) × 一本勝(払腰) 髙岡
魚本(G1-4) 一本勝(出足払) × 作田
魚本(S2-4) × 優勢勝(技有) 南郷
× 一本勝(不戦勝) 窪田

 

男子一部決勝リーグ第2試合
広島国際学院B 4 1 県工
× 一本勝(不戦勝) 後藤
魚本(G1-4) 一本勝(合技) × 荒谷
朝山(G2-8) 一本勝(内股) × 木原
魚本(S2-4) 一本勝(払腰) × 久保田
兵頭(S1-4) 一本勝(支釣込足) × 沖田

 

男子一部決勝リーグ第3試合
広島国際学院B 3 2 尾道
兵頭(S1-4) 優勢勝(技有) × 林原
朝山(G2-8) × 一本勝(合技) 木曽
魚本(G1-4) 一本勝(返し技) × 安部
魚本(S2-4) 一本勝(不戦勝) ×
× 一本勝(不戦勝) 島居

 

男子一部決勝リーグ第4試合
広島国際学院B 0 2 工大高B
朝山(G2-8) × 一本勝(内股すかし) 髙尾
魚本(S2-4) 引分 沖田
× 一本勝(不戦勝) 米田
魚本(G1-4) 引分 川上
兵頭(S1-4) 引分 坂本

 

女子予選リーグ第1試合
広島国際学院 2 1 武田
早瀬(G2-6) 一本勝(抑え込み) × 平岡
新澤(G1-7) × 優勢勝(技有) 若村
境田(G2-6) 一本勝(抑え込み) × 竹谷

 

女子予選リーグ第2試合
広島国際学院 0 3 皆実A
早瀬(G2-6) × 一本勝(合技) 本田
新澤(G1-7) × 一本勝(背負投) 西川
境田(G2-6) × 優勢勝(技有) 平岡

 

女子決勝リーグ第1試合
広島国際学院 2 1 盈進
早瀬(G2-6) 一本勝(抑え込み) × 阿部
新澤(G1-7) × 一本勝(合技) 高橋
境田(G2-6) 一本勝(不戦勝) ×

 

女子決勝リーグ第2試合
広島国際学院 1 清水ヶ丘
境田(G2-6) 引分 大中
× 一本勝(不戦勝) 白石
早瀬(G2-6) 優勢勝(指導差2) × 橋本

 

女子決勝リーグ第3試合
広島国際学院 0 3 皆実B
× 一本勝(不戦勝) 山本
早瀬(G2-6) × 一本勝(裏投) 門出
境田(G2-6) × 優勢勝(技有) 崎間

 

女子決勝リーグ第4試合
広島国際学院 2 1 沼田
× 一本勝(不戦勝) 水田
早瀬(G2-6) 一本勝(送襟絞) × 榎本
境田(G2-6) 一本勝(合技) × 富永

2018県新人

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

2018年10月23日 第6回中国高等学校新人水泳競技選手権大会に出場しました

10月20日(土)・21日(日)に山口きらら博記念公園水泳プールで開催された第6回中国高等学校新人水泳競技選手権大会に、水泳部の生徒13名が出場しました。

P1010421

この大会は昨年と同様、2年生が修学旅行から帰った日の翌日から開催されたたため、2年生選手とマネージャーにとって過酷な日程でした。
しかし選手たちは全力で泳ぎ切る意志の強さと、中国大会というハイレベルな試合にふさわしい安定した泳ぎを存分に見せてくれました。

P1010415

以下は今大会の結果です。
個人種目は最大30名、リレーは最大20チーム出場しています。

〈 個人 (プログラム順)〉
男子1500m自由形 第11位  細川 昌暉(G1-8)
男子1500m自由形 第18位  渡利 明良(G2-3)
女子400m個人メドレー 第5位  末原 真奈(G2-1)※入賞
男子200m平泳ぎ 第5位  天野 明斗(G2-9)※入賞
女子100m背泳ぎ 第4位  末原 真奈(G2-1)※入賞
男子100m平泳ぎ 第6位  天野 明斗(G2-9)※入賞

〈 リレー(プログラム順)〉
女子4×100mフリーリレー 第9位(平谷・松谷・末原・立平)
男子4×100mフリーリレー 第14位(天野・木村・渡利・住田)
男子4×200mフリーリレー 第14位(天野・渡辺・細川・木村)
女子4×100mメドレーリレー 第12位(末原・立平・栗栖・松谷)
男子4×100mメドレーリレー 第15位(吉田・天野・古賀・木村)

P1010433

直前に十分な練習ができないまま臨んだ大会でしたが、得るものも多く、来シーズンに向けての課題を克服する決意を新たにできました。

今大会をもちまして、今年度の高体連主催の試合はすべて終了しました。
これからもベストタイムを更新できるよう、切磋琢磨していきます。
選手・マネージャーを支え応援してくださいました保護者の皆様、先生方、地域の皆様、ありがとうございました。
P1010456

ページの先頭へ戻る

サイト内検索

教職員関連

  • facebookリンク集