中学校

2018年08月21日 夏休みプログラミングセミナーを開催しました

8月19日(日)、小学生を対象に「夏休みプログラミングセミナー」を開催しました。

本校が主催するプログラミングセミナーは、これで4回目となります。

今回も講師として越塚教授(東京大学大学院情報学環)と小林先生(タイムレスエデュケーション代表取締役)

をお迎えし、マイクロビットを使ってプログラミングを体験しました。

 

 

DSC_0073

この小さなマイクロビットというコンピュータを使うと、

内臓の様々なセンサやボタンを使いながら、ブロック型言語でのプログラミングをおこなえます。

DSC_0105

マイクロビットに文字やマークを表示させてみたり、

温度や明るさを測定してみたり、

方位コンパスやタイマーを作ってみたり、

天井の電球のON/OFFや色を変えてみたり。

 

みなさん、熱心に取り組んでいました。

DSC_0095

DSC_0112

DSC_0120

DSC_0100

DSC_0158

 

セミナーと同時に、付添の保護者の方を対象として

越塚教授との座談会を開催しました。

DSC_0079

DSC_0084

毎度大人気の越塚先生の講演会ですが、

今回もIT分野や教育について興味惹かれる素敵な講演をしてくださったようです。

 

今回のセミナーでも、「楽しかった!またやりたい!」という声をたくさんいただきました。

9月には、小学生を対象として広島国際学院中学校第2回オープンスクールも開催します。

詳細は追って掲載いたしますので、本校のHP等をチェックしていただければと思います。

 

最後になりましたが、「夏休みプログラミングセミナー」受講の皆様、

暑い中ご参加くださり誠にありがとうございました。

またぜひ、よろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る